ピッコマ|勇者の元カノです【第7話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「勇者の元カノです」は、 Ji Hyun先生、SETE先生、Song Seorim先生の作品です。

小説、「勇者の彼女」の小説の中に入りこんでしまった、橘梨亜はヒロインのメイズに転生。

ヒロインとしての華々しい人生を想像していたのですが、そう甘くはなく・・。

そして原作を無視して、主人公であり彼氏のシュクールに別れを告げました。

それから出会ったのは、ハイスペック男子のイスだったのですが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

スポンサードリンク

勇者の元カノです【第7話】のあらすじ・ネタバレ

イスはメイズにシェフに求婚するつもりかと問います。

メイズ「まさか本当にはしないけど、でもこんな料理を作る人なら好きになっちゃうかも・・・」

イスが切ってくれたステーキをほおばりながら話すと、彼は悲し気な表情をするのです。

メイズは必死に自分はそんな女ではないと伝えます

メイズ「じ、冗談に決まってるじゃない~。私そんな軽い女じゃないんだから」

まだ恋愛する気もないし、皇室公務員に合格して余裕ができればの別だと言い訳をしますが・・・。

イスは、余裕を作る方法は必ずしも皇室公務員になることだけじゃないというのです。

メイズも最近はできる仕事も多様だから、彼の意見に納得しました。

イス「いや、僕が言いたいことはそういうことじゃなくて、もう少し・・・いつも君が言っている寂しさも解消できて、安心感を感じられるそんな・・・」

メイズ「結婚とか?」

するとメイズは残りのお肉をまとめてフォークに差し、口に運ぶのです。

メイズ「もしそういうことなら言わないで」

最近そのような話にはとても悩まれされているのです。

イス「何をそんなに悩んでるの?」

メイズ「ううん、もう帰ろうイス」

あまり食欲がないと言いながら、席を立ちました。野菜だけを残して・・・。

 

店の外に出て、イスはメイズに言えの近くまで送っても良いか確認しました。

メイズ「私がいいって言ったって送ってくれるくせに」

イス「バレたか」

そしてメイズは、さっきレストランで話していたことの続きを話すのです。

メイズ「あなたと会って友達になれたのは、本当に運がよかったと思うんだけど。不本意ながら私、恋人募集中のレッテルを貼られちゃったみたい」

無理やりとはいえ、お見合い歴あり。

無理やりではありますが、二つの合コン参加予定。

この二点で、独身男と仲人たちの餌食になっているのです。

メイズ「これは本当に誓って自慢じゃないんだけど・・・」

するとイスは僕たちの仲だから気にしないで言ってみてと、優しくしてくれるのです。

メイズ「・・・他の人たちが言うにはね。私が花嫁候補ナンバーワンらしいの。この辺の村ひっくるめて一番気立てがいいって・・・」

道で会うたびに、合コンやらお見合いやらの話が舞い込んできていることを伝えます。

それはまるで、ポ〇モンのトレーナーバトルみたいだと例えますが、イスには理解できない様です。

いっそ初めから断っておけばここまでではなかったのですが、一度受け入れてしまったためみんな頑ななのです。

メイズ「ちょうど結婚適齢期だし最近村の人たちと親しくなったからか、前よりも私の事を身近に関しているみたいね」

イス「・・・どうしてあげればいい?」

メイズ「イスが何かしてくれる必要なんてないわ。聞いてくれるだけで充分よ」

鼻で笑われるのではないかと心配していたのが恥ずかしいくらい、イスの言葉には少しの嘲弄も感じませんでした。

ただ恐ろしいほど落ちつた声で、自分に何ができるかを尋ねるだけだったのです。

スポンサードリンク

イスは何でも言ってほしいようで、メイズの事を心配しています

イス「何でも言って?僕はメイズの為ならなんでもできるよ」

メイズ「本当に大丈夫なのに・・・」

そう言いながら彼の方を向くと、イスは「本当?」と言いながらメイズの髪の毛を撫でました。

イス「・・・本当に大丈夫なの?」

メイズ「本当に平気よ。こんなのすぐおさまるでしょ」

満面の笑みで答えると・・・

イス「いつも思っていたけど、君は楽観的すぎるところがある。自分のことなのに全然深刻に考えないだろ」

メイズ「うん、それは認める」

別世界に来てしまったと認めるのは簡単ではなかったのです。

いくら実感の湧く話とはいえ、全部知っている内容だと思うと興味がふっと失われて・・・・小説の中の人物として生きているのに、当事者じゃなく傍観者の視点で見るようになっていったのです。

いつも、まぁ小説だし・・・とあまり深く考えることがなかったメイズ。

そんなことを思いだしていると、イスはメイズの顔に触れてこちらをのぞき込みました。

イス「また他の事考えているじゃないか。・・・これだから放っておけないんだ」

メイズ「放っておけないならどうするの?」

イスは真剣な表情に変わりました。

イス「メイズ・ヘーゼルナッツ。・・・僕と恋をしよう」

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

勇者の元カノです【第7話】の感想

イスはメイズのことを真剣に考えてくれているようです。

ですが本当に気持ちがあるのか・・・別の意味が込められているのか・・・?

その点はまだ謎です。

メイズもイスを大切に思っているのでしょうが、それは友達として。

「恋」に発展することができるのかはまだわかりませんよね!

そんなときのイスからの告白!?

メイズは受け入れてくれるのでしょうか!?

まとめ

以上、ピッコマで配信中の勇者の元カノです【第7話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク