ピッコマ|勇者の元カノです【第48話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「勇者の元カノです」は、 Ji Hyun先生、SETE先生、Song Seorim先生の作品です。

小説、「勇者の彼女」の小説の中に入りこんでしまった、橘梨亜はヒロインのメイズに転生。

ヒロインとしての華々しい人生を想像していたのですが、そう甘くはなく・・。

そして原作を無視して、主人公であり彼氏のシュクールに別れを告げました。

それから出会ったのは、ハイスペック男子のイスだったのですが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

スポンサードリンク

勇者の元カノです【第48話】のあらすじ・ネタバレ

本当にごめんと謝りながら、イスはメイズを抱きしめました。

メイズは二度と嘘をつかないでほしいと約束をお願いし、二人は仲直りをします。

イス「欲のせいで君を失いたくな・・・」

ペルン「・・・陛下の前だとそんな顔をするんだな」

いい感じの二人を割って入ってきたのはペルンです。

彼は自分と一緒にいるときはそんな顔を見せてくれなかったと、少し嫉妬しているようです。

イスは「消えろ」とペルンに言いますが、今は陛下の言うことなんて聞きたくないと抵抗します。

するとメイズは一応ペルンは命の恩人なのだから、あまりいじめないようにイスにお願いしました。

ちょっと大変なことがあったんだと、メイズは今までの説明を始めました・・・。

 

魔界に引っ越す

つまり、皇室騎士団が二人の家を襲撃したということなのか?と、イスはメイズに聞きました。

騎士たちは今、地下室に拘禁しているのです。

騎士団はイスが魔族だと言うことも知っており、旅行に行った時の騎士と関係しているかもしれないとメイズは話しました。

家の中は荒れ果てれおり、ここではもう暮らせないわねとメイズが言うと、イスは魔法で何とかしようかと聞きましたがそこまではしたくないそうです。

部屋のガラスも割れており、メイズがケガをしたらどうするんだとイスは苛立っています。

 

戦争を防ぎイスを守るためには、人間と魔族同士の敵対感を取り除くか、メイズがイスと隠れて暮らすことしかないと考えられます。

難しい道よりも楽な道を選びたいメイズは、魔界に引っ越さなければならないとイスに言いました。

驚いた様子のイスですが、メイズは騒ぎが大きくなる前に動こうと彼に言います。

メイズ「騎士たちを拘束し続ければ、皇室も私たちを疑うはずよ」

人間でなく魔族で埋め尽くされた世界に行くこと・・・本当は考えただけで怖いのです。

今までに会った魔族たちは比較的好意的に接してくれましたが、それはきっと一部の魔族だけでしょう。

人間が魔族を嫌うように、魔族の大半は人間を見下しているのです。

心配ではありますが、今までだって二人で乗り越えることができた。

だから今回も大丈夫だと、メイズは信じています。

スポンサードリンク

シュクールの動き

シモンがまだ戻ってこないことを、シュクールは報告を受けました。

そのために追って対策チームを編成中なのだそうですが、現在兵力の一部が沼に集中しているので、遅延が生じているのです。

その説明を受けたシュクールは、人命がかかっている一刻を争う事態なのだと声を荒げました。

ですが今は沼で負傷した兵が多く、その状況で追加人員を当てるには慎重に決めなければならず、時間がかかってしまうのです。

以前山脈にはすぐに応援を送ったことがありましたが、状況に応じて例外もあると言われてしまいます。

そもそもその騎士の派遣は、シュクールの私的な感情のせいだったのでは?とまでも言われてしまったのです・・・。

不満なら一人で行くなりどうぞご自由にと言われたシュクールは、一人で行くことに決めました。

その代わり、沼には応援を送るようにお願いしたのです。

「・・・ところであなた、まだ個人出征権はないのでは?」

シュクールは黙ってしまいましたが、無力な平民らしく何もできないと言われてしまい、怒りがこみあげてくるのです。

シュクール「・・・私的な行動についての処罰は、帰ってから受けます」

 

死は終わりじゃない

魔王城にやってきたメイズは、あまりの綺麗さに驚いています。

それはイスがメイズのために準備したもので、廊下も窓もキラキラと光る空気で包まれているのです。

イス「人間界では目立つから自重してたけど、ここではなんでもできるよ」

そして指を鳴らすと、室内なのに辺り一面にお花が咲き乱れたのです。

メイズは驚き、もしかして自分にもできるのかとイスに聞きました。

ですがメイズが使うのは魔法ではなく聖力なので、できないんじゃないかなと申し訳なさそうに答えたのです。

イス「でも、強力な力だから色々試してみるといい」

メイズ「魔族と相対する力なのにそんなこと言っていいの?もし怪我したらどうするのよ」

メイズは自分には魔族を浄化させる力があると告白しました。

拒絶されるかもと思いましたが、彼はいつものように受け入れてくれたのです。

イスは、君になら殺されてもいいと、とても爽やかな笑顔で言います。

イス「本当にいいんだ。死は終わりじゃないから」

「むしろ新たな始まりさ・・・」

それってどういうことなのか聞こうとしましたが、急に大きな声が聞こえてきて止めてしまいました。

「妃殿下!!!」

そこに現れたのは、かなりやつれたクルシオです。

メイズはどうしてそんなにやつれたのかと彼に聞きましたが、すぐにイスの仕業だとわかりました。

この間に一体どれほど部下たちを虐めたのか・・・!

それはメイズにはわかりません・・・。

 

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

勇者の元カノです【第48話】の感想

クルシオ・・・とてもやつれていました(笑)

まぁ、イスだけでなくペルンもいたので大変だったのでしょう・・・。

仕方がないですが、ちょっと可愛そうな気もします。

イスとメイズはひとまず魔界に行って大丈夫そうですが、シュクールの動きが気になります。

シモンたちを探しに行くそうですが、きっとメイズを探しに行くということでも間違いないでしょう。

平民出身なのでバカにされているシュクールですが、やるときはやると言った感じ。

でも、なかなか難しいかもしれないですね・・・。

いくら頑張っても、メイズは戻ってこないでしょう。

さて、イスが言う「死は終わりではなく始まり」だとう言う意味は??

 

まとめ

以上、ピッコマで配信中の勇者の元カノです【第48話】のネタバレをご紹介しました。

勇者の元カノですはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク