ピッコマ|勇者の元カノです【第35話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「勇者の元カノです」は、 Ji Hyun先生、SETE先生、Song Seorim先生の作品です。

小説、「勇者の彼女」の小説の中に入りこんでしまった、橘梨亜はヒロインのメイズに転生。

ヒロインとしての華々しい人生を想像していたのですが、そう甘くはなく・・。

そして原作を無視して、主人公であり彼氏のシュクールに別れを告げました。

それから出会ったのは、ハイスペック男子のイスだったのですが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

スポンサードリンク

勇者の元カノです【第35話】のあらすじ・ネタバレ

イス「・・・メイズ?どうして君がここに・・・」

いつもと違うイスに恐怖を感じたメイズは、目に涙を浮かべています。

 

イス(いつからいたんだ?気配を感じないはずないのに・・・)

驚いている様子のイス。

そして赤い髪の女性は消えていきました。

イスはメイズに怪我はないかと駆け寄ります。

イス「メイズ?こっち見て」

メイズ「大丈夫・・・大丈夫だから・・・」

一体イスは何者なのだろうか・・・?とメイズには疑問が浮かびます。

今まで信じてきたものが崩れ落ちるのを、本能的に感じ取りました。

自分が異邦人だと認める前や、シュクールは変わらないと受け入れる前もこんな気分になったからです。

この不安は錯覚だと、自分に言い聞かせています。

 

メイズ「・・・もう平気。心配させてごめんね・・・帰ろう」

今までの幸せはイスがくれたものだから、これは錯覚でなけらばならないのです。

イスの苦悩

自宅に帰り、眠っているメイズの横にイスはいました。

イス(幸い気づいていないみたいだけど・・・)

そして、メイズの髪の毛をなでます。

イスは、メイズの聖力がだんだん大きくなってきていると感じているのです。

故意でなくとも変身魔法をかけたイスを見破り、さらには気配を感じられないくらいになっているのです。

メイズが聖力を持っているとわかれば、人間側が黙っているはずはありません。

神殿に連れて行き聖女として崇め、宿敵であるイスを討とうとするでしょう。

人間との戦争が怖いのではありません。

ですが、今は話の糸がもつれたとはいえ、勇者とメイズが再び繋がってしまう可能性もあります。

イス(メイズ・・・心変わりせず、どうかこのままでいてくれ)

いっそ、自分が人間だったらよかったのに・・・とさえ、思ってしまうのです。

スポンサードリンク

急な訪問者

朝になり、大きなあくびをしているメイズ。

イス「あんなに寝たのにまだ眠いの?」

メイズ「起きれないのはあなたのせいでもあるのよ?」

いつも通り美味しそうに食事を頬張っています。

イスはメイズが食べているのを見ているだけで、満腹だそうです。

イス「それに食べたいものは別にあるんだ」

そう言いながらメイズに近づきます。

 

ドンッ!!

ドンドンッ!!

大きな音がして驚ているメイズ。

メイズ「もうっ!誰なの!?」

イス「ほっとこう」

何度もドアをたたく音がするので、気になってしまいます。

怒りに狂った表情で、「どちらさま!?」とドアを開くメイズ。

するとそこにはヘイリーがいて、急に抱き着いてきました。

メイズ「ヘイリー?どうし・・・」

ヘイリー「もうイヤ!別れてやる!!」

そう言って泣き続けているヘイリー。

メイズはイスにジェスチャーで、お茶を一杯お願いしました。

イスの優しさを疑ってしまう

どうやら平和な新婚夫婦の週末は送れそうにないと、メイズは思いました。

 

ヘイリー「・・・カメルと別れたの」

メイズ「え?結婚の話も出てたじゃない」

すると、結婚なんてとんでもないと机を叩きます。

ヘイリー「彼、なんて言ったと思う?他の子より着飾るのが好きだから、軽い女だと思ったって!」

思ったよりも保守的でがっかしりた、いっときの遊び相手だったと言われたのだそうです。

ヘイリーは涙を流しながら、本気だったのに・・・と言いました。

メイズ「じゃあ彼がくれた指輪はなんだったの?」

ヘイリー「あたしを落とすためだったんでしょ!まさかと思って鑑定してみたらニセモノだったわ」

本当は新婚のメイズのところに来るなんていけないとは思っていたのですが、一人で辛かったのだそうです。

いいのよ、何も言わないで・・・と、メイズは優しい声をかけました。

 

イス「話は終わったの?」

ヘイリーは泣きつかれて眠ってしまいました。

メイズは、ヘイリーを部屋に運んでくれないかとイスにお願いしました。

二日も眠れてなかったそうだと言いましたが、イスは家に送り届ける方がいいんじゃないかと言います。

メイズ「うちで落ち着かせてからがいいと思うわ。それでなんだけどイス・・・」

イス「・・僕を置いて他の人と寝るなんて言わないでくれ」

一日だけだからとメイズはお願いしました。

友達が辛いときはできるだけ助けてあげたい、イスもそうじゃないかと聞きます。

ですがイスには、大切なのはメイズだけなのでわからないそうです。

イス「・・・君の世界が僕中心に回ればいいのに、僕と同じ様に」

メイズ「もう十分そうなってるわよ」

 

時々イスが優しくしてくれる度、あの時のイスを思い出してしまいます。

イスがあそこまで欲しがるものが単なる物ではなかったら?

メイズがよく知るある人のことを意味していたとしたら?

だからイスが「私に」優しくしてくれているとしたら・・・?

 

するとイスは、自分はリビングで寝るからメイズはヘイリーと一緒に寝ていいと言ってくれました。

メイズはありがとうと言いましたが、イスがいつもよくしていくれているのに疑ってしまったと、自分を責めてしまうのです。

 

イスはご機嫌斜めでお城にいました。

クルシオ「殿下、本日はどうしてこちらに?」

イス「お前にプライベートまで教える必要が?目障りだぞ、さがれクルシオ」

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

勇者の元カノです【第35話】の感想

イスはなんとかごまかしましたね・・・。

ですがメイズの本心はよくわかりません。

この幸せはイスのおかげだとわかってはいるのですが、どこか疑ってしまうのでしょう。

ですがそう疑うのも嫌だ・・・。

なんとも悪循環ですよね。

ヘイリーが来たことで、少しイスとの間に距離を保つことができました。

これをきっかけに、メイズの気持ちがすっきりするといいのですが・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の勇者の元カノです【第35話】のネタバレをご紹介しました。

勇者の元カノですはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク