ピッコマ|勇者の元カノです【第33話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「勇者の元カノです」は、 Ji Hyun先生、SETE先生、Song Seorim先生の作品です。

小説、「勇者の彼女」の小説の中に入りこんでしまった、橘梨亜はヒロインのメイズに転生。

ヒロインとしての華々しい人生を想像していたのですが、そう甘くはなく・・。

そして原作を無視して、主人公であり彼氏のシュクールに別れを告げました。

それから出会ったのは、ハイスペック男子のイスだったのですが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

スポンサードリンク

勇者の元カノです【第33話】のあらすじ・ネタバレ

今すぐ食べたいのを我慢していると、イスは言いました。

 

髪の毛についていたピンは全てイスが取ってくれました。

イス「言っただろ?結婚したら全部やってあげるって」

メイズ「言葉だけじゃなかったの?」

これは誓ったんだとイスは言いました。

イス「僕の手で飾れなかったのは残念だけど、その後は僕の仕事だ」

そう言いながら、メイズのドレスのホックを外します。

見つめ合いキスをしそうなところでイスは急に立ち上がり、ちょっと待っててと言いながらどこかへ行ってしまいました。

メイズ「えっ、ええっ?」

いなくなってしまったイスに驚くメイズ。

メイズ「新婚初夜に下着姿の妻を放置するなんてー!!」

と叫びました。

メイク落としの練習をした相手は?

イスはメイクを取ってあげようと思ったらしく、準備をしてくれました。

メイズ「やり方わかるの?」

イス「うん、習った。これも結婚したらしてあげるって約束だからね」

手慣れていると話すメイズに、イスは練習したんだと答えました。

そしてアイメイクを落とそうと目を瞑ります。

メイズ(あぁ本当にできることなら、世界中の人に自慢したい。こんなに優しい男が私のものだって!)

ですがそういえば、クレンジングの練習にはメイクをした人が必要です。

そしてこの世界でメイクをするのは・・・女だけです!

 

急に眼を開き、イスの頬を掴むメイズ。

イスは驚いて名前を呼びます。

練習を口実に他の女の顔を触ったのは許せない!!とメイズは詰め寄ります。

メイズ「どこの女よ」

イス「危ないじゃないか、大事な顔にキズでもついたら・・・」

メイズ「そんなのどーでもいいから、正直に言いなさい」

言うって何を?と、状況がよくわかっていない様子のイス。

メイズ「どこの女のメイクをそんなに大事に落としてあげたの?」

イス「嫉妬してるの?」

今正直に言うのであれば怒りは半減されるとメイズは言います。

ですが正直に言えば新婦さんが驚くかも・・・と、イスは意味あり気に答えるのです。

メイズ「・・・そんなに触ったの?」

イス「触ってないよ、君以外に触りたい顔なんてないからね」

メイズ「嘘!じゃあ練習はどうやって?」

イス「まあ方法なら色々・・・」

メイズ「さっきまで意味あり気に言ってたじゃない!」

メイズは必死ですが、イスは笑ってあまり気にしていない様子です。

嫉妬するメイズが珍しいからとイスが答えると、後でばれたらタダじゃおかないとメイズが脅します。

イス「本当だよ、触るわけないじゃないか、汚い」

イスの言葉に驚いてしまうメイズ。

メイズ「え?」

どうしたの?とイスが聞くと、メイズは今汚いって言わなかったかと聞きました。

イス「僕が?空耳だよ、疲れたんだね。残りは浴室で落とそうか」

メイズ「空耳なんかじゃないわ。確かに今あなたが・・・」

イスの目は、笑っていません。

すると急にメイズにキスをしてきました。

 

話の途中で、こんな展開を望んでいたわけではないメイズ。

ですが幸せそうに見えます。

イス「・・・頭の先からつま先まで僕が洗ってあげる」

対話は言葉でするのも大切ですが、時には言わなくてもわかるとメイズは気にしていません。

新婚初夜らしく、今日は体で濃い対話をしようと気持ちが前向きになるのです。

スポンサードリンク

新しい仕事

クルシオ「ご機嫌ですね。ヘーゼルナッツさん」

メイズ「そりゃ、新婚ですから」

嬉しそうな表情で、最近はとっても気分がいいとメイズは言いました。

クルシオ「では・・・その気持ちでさらにハート作りに精を出してください」

折り紙でハートを作るなんて・・、一体どこで覚えてくるのだろうとメイズは疑問に思います。

メイズ「こんなふうに遊んでてもお給料は頂けるんですか?」

クルシオ「遊びだなんてとんでもない。これは世界で何より大事な仕事です!」

折り紙で作ったハートは、沢山積まれています。

前回の昇進では失敗したのですが、今回こそは必ず成功するはずだとクルシオは言いました。

でしょうねと思っているメイズは、あまりクルシオの話を聞いていません。

クルシオ「ヘーゼルナッツさん、ここが歪んでいますよ」

上手く出来たと思っていたハートにダメ出しをされてしまい、不機嫌そうな表情のメイズ。

メイズ「そうですか?それとヘーゼルナッツじゃなくて、ランセルです」

クルシオ「できません、むやみにその名を呼ぶなんて!」

じゃあメイズでと言いますが、それはもっと言えないし死にたくないとクルシオは必死です。

みだりな発言は控えて、守ってもらわないととまで言いました。

メイズ「どうして私がクルシオさんを?大人なら自分のことは自分でしないと!」

クルシオ「でしたら、セクワイアと呼んでください!」

これだけは譲れないクルシオに、メイズと呼んでくれてもいいのでは?と真剣に話します。

ですが話しは流されてしまい、次は花を折ることになりました。

 

メイズ「はい!折りましたよ」

出来上がった折り紙の花は少しいびつで・・・、クルシオにはボールと言われてしまいました。

メイズ「花ですけど」

クルシオ「こんなのが?」

ですがめげずに花だと言い張るメイズは、クルシオに話しかけます。

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

勇者の元カノです【第33話】の感想

汚いって言いましたよね・・・?

あれ?どういうことでしょうか?

メイズが汚いってわけではないでしょうし、じゃあ何?

ここが気になって仕方がありません。

勝手に、他の人を触るなんて汚いってことにしておきます(笑)

 

にしてもまだ、変な仕事は続いていたんですね・・・。

次はハートを折る仕事って・・・。

明らかにおかしいのですが、小説の中だから仕方がないのだろうと、メイズは納得せざるをえないのでしょう。

いつメイズは気づくのか、そしてイスの正体がいつバレるのか・・・。

そわそわします!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の勇者の元カノです【第33話】のネタバレをご紹介しました。

勇者の元カノですはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク