ピッコマ|勇者の元カノです【第23話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「勇者の元カノです」は、 Ji Hyun先生、SETE先生、Song Seorim先生の作品です。

小説、「勇者の彼女」の小説の中に入りこんでしまった、橘梨亜はヒロインのメイズに転生。

ヒロインとしての華々しい人生を想像していたのですが、そう甘くはなく・・。

そして原作を無視して、主人公であり彼氏のシュクールに別れを告げました。

それから出会ったのは、ハイスペック男子のイスだったのですが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

スポンサードリンク

勇者の元カノです【第23話】のあらすじ・ネタバレ

ケルベロスは訓練されているので、敵以外は噛まない・・・。

そうイスに言われたことを思いだしたメイズは、手が止まります。

メイズ(まさかね・・・イスは普通の人間だし!)

さすがにケロ(ケルベロスのこと)を、ヘンリーを襲った獣に結び付けるのは無理があると考えるのです。

メイズの頭の中でのケロは、とても可愛い白い犬。

三つの頭の巨大な犬は、魔物に区分されてしまうので・・・ふつう人間か買うペットとはかけ離れています。

メイズはあることに気づきます。

メイズ(でも変ね。本来ならシュクールが王国に行ってすぐ、魔王が現れたという噂が回り始めるはずなのに)

どうして何の知らせもないのだろう・・・。

まだ早いのか?それとも記憶違いなのか・・・。

考えていますが、食べる手は止まりません。

すると後ろから声をかけてきたのはイスでした。

イス「何楽しそうに話してるんだ?」

メイズはイスが来てくれたこと二喜びました。

桶は飲み過ぎてないかと心配するイスに、大丈夫だと答えるメイズは抱き合っています。

ジョン「お前ら、寂しい独り身の前で見せつけやがって~」

メイズ「そんなこと言ってないで、早くセラに告白しなさいよ」

セラはモテるし、勇気のない男は魅力がない、あとで後悔しないように・・・とジョンに忠告するメイズ。

実はセラもジョンを好きな様で、二人を見ているともどかしく感じてしまうのです。

ジョンに冷たくなったと言われますが、それでもイスは好きだと言ってくれるからいいんだと笑顔のメイズ。

二人のラブラブっぷりを見ていられないと、ジョンは冷たい視線を送りました。

 

イス「あっ、僕がメイズの合格記念に、ヴィランウィスキーを追加注文しておいたんだけど」

それを聞いたジョンは満面の笑みで、楽しい時間を過ごしてくれ・・・と去っていきました。

彼はウィスキーを楽しむようで、とても速い切り替えにメイズは呆れています。

 

イスにその、ヴィランウイスキーはいくらしたのだと問い詰めるメイズ。

イス「別に高くないよ?恋人の為の祝酒より高い酒なんて、この世に存在しないからね」

前よりふてぶてしくなったと感じたメイズは、そのままはっきり伝えます。

ジョンと話していた内容が気になるイス

イス「ところでジョンとはどんな話を?」

ヘンリーが襲撃されたときの話だと説明しますが、イスにはヘンリーがよくわからない様です。

メイズ「ドアの方に立っている人見える?彼がヘンリーよ」

イス「・・・君を、攻撃した男だね?」

攻撃?と疑問に思うメイズは、攻撃というよりも過度なプレゼントをもらっただけだと戸惑いました。

メイズ「あれ?でも・・・どうしてイスがそれを?」

イス「以前、君から聞いたんだよ」

物を投げつけた、殺すにも値しない男だと聞いたとイスは言いました。

メイズ「私がそんなひどいことを?」

イス「うん・・・確かにそういったよ」

後ろから抱きしめられている為、メイズにはイスの表情が見えませんが、何とも冷めた目で話しているのです。

そんなことを言った記憶のないメイズですが、感情が高ぶって言い過ぎてしまったのだろうか・・・?

ですがイスはヘンリーのことをよく知らないので、深く考えないようにしました。

 

イス「ところで、ヘンリーがどうかした?」

メイズ「前にヘンリーが巨大な犬に襲われたって言ったでしょ?」

ですが今日ジョンと話してみると、その犬の頭が三つもあったそうだと聞いたことを伝えます。

イス「・・・頭を三つ持つ犬なんているわけが」

やっぱりでたらめだと思うよねとメイズも言います。

イス「ああ、そうだね・・・。まさかそんな話を信じているわけじゃないだろう?」

メイズは考えて、信じがたいけれどもしかしたら・・・と思ってしまうと正直に言いました。

メイズ「私も、そんな犬について聞いたことがあるの。ケルベロスっていう」

その話を黙って聞いているイス。

メイズ「どう?イスの犬と同じ名前でしょ?」

そしてメイズは、知っているケルベロスは本当に頭が三つあり、とても恐ろしくて残忍な地獄の番犬だと、怖い雰囲気を出しながら話しました。

怖がらせたつもりだったのに、何も感じてない様子のイス。

それは神話のケルベロスを知らないからだろうか?と、メイズは仕切り直します。

 

メイズは思いだしたかのように、ケロはいつ見せてくれるのかとイスに聞きました。

イス「・・・近いうちに見せてあげるよ。その時は一緒に散歩しよう」

メイズ」ほんと?じゃあケロのリード持たせてくれる?」

嬉しそうなメイズですが、イスはケロには厳重に注意しておくと答えました。

厳重注意が気になりますが・・・、イスがケロに急に走りだなさないように、メイズの言うことをちゃんと聞くようにしつけているのが想像できました。

動物に話しかける純粋さがまだ残ってるんだ・・・と、イスが可愛く感じます。

メイズ「いつにする?私は明日でも大丈夫よ」

イスは明日ではなく三日後だと指定し、早くケロに会いたいメイズはなぜ明日だとダメなのかと聞きました。

いず「ケロは普通の犬とは違って、別途準備が必要なんだ」

メイズ「じゃあ仕方ない・・・」

ですが一緒に散歩する約束だけは忘れないでほしいと、しっかり約束させました。

もちろんだと言うイスの返事を聞き、ケロは可愛いだろうな~と楽しそうなメイズ。

もさもさのサモエドだったらいいなぁ、抱っこして寝そべって最高だと、イメージを沸かせます。

スポンサードリンク

イスの本性

「妃殿下とのご面会はいかがでしたか?魔王陛下」

「当然のことを聞くな、ロンジー」

ジャケットを受け取り、ロンジ―と呼ばれた赤い髪の男性は少し引きました。

「僕の忍耐心が足りなければ、そのまま拉致していたかもな」

魔王陛下と呼ばれていたのは、イスだったのです。

 

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

勇者の元カノです【第23話】の感想

ヘンリーの話も嘘ではなさそうだと感じているメイズですが、イスの犬の事を不審には思ってなさそうです!

気づいて欲しい!とは思いますが、ここで気づいてしまうよりも、まだ先のほうがいいのかなと・・・。

どのみち嫌がっても、イスに連れて行かれそうですよね・・・。

 

ここでわかったイスの正体。

物語の中で現れるはずだった魔王が、もう来ていたとは・・・。

メイズはそんなこと、気付いてないでしょうね。

イスとメイズの関係は、どうなっていくのでしょうか・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の勇者の元カノです【第23話】のネタバレをご紹介しました。

勇者の元カノですはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

 

スポンサードリンク