ピッコマ|THE LIVE〜未来からの日記〜【第41話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「THE LIVE〜未来からの日記〜」は、B.Ain先生、Antstudio先生の作品です。

    連続殺人犯に妻と娘を殺されてしまった主人公の由比拓未は、絶望的な日々を送りながらも毎日日記をつけていた。

    ある日突然、日記が未来の自分が書いたものに変わり、そこには妻と娘にもう一度会えると書かれていたのだ。

    日記に書かれた通り、仮想世界に引き込まれた拓未は、家族に会うことを目標にチュートリアルをクリアしていく。

     

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    THE LIVE〜未来からの日記〜のネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    THE LIVE〜未来からの日記〜【第41話】のあらすじ・ネタバレ

    ウォーカーは、本当にこんな報酬でいいのかと拓未と俊悟に聞きました。

    その報酬とは、稽古をつけてほしいというものです。

    俊悟は微妙そうですが、拓未はそっちの方がいいとやる気満々なのです。

    ウォーカー「いいだろう!つまらない会議はロイスに任せて、稽古をつけてやる」

    そしてじっと座りながらしゃべっているだけでは退屈だからと、ただひたすら稽古をつけるだけでなく条件をつけることにしました。

    ウォーカー「今から俺は右手だけを使う」

    「お前は手段と方法を問わず、俺に打撃を与えれば成功。それが一段階だ。合格すれば次の段階に移る」

    拓未「わかりました。すぐに成功しても驚かないでくださいよ」

    そして拓未とウォーカーは剣を構えました。

    拓未は一気に攻め込みます。

    作戦

    一方会議中のロイスは・・・。

    悪魔の種を飲んだプレイヤーたちは、都市のいたるところに潜んでいるはず。

    そんな中で悪魔に変化すれば、歯止めの聞かない大混乱が起こるだろうと、奴らが市街に紛れ込む前に撃退するべきだと主張しました。

    種を飲んだプレイヤーたちを区別できる方法があるのかと問われたロイスは、現段階ではないとはっきりと答えます。

    ではどう撃退するのかというと、マーダラークランの団員全員を処理するしか方法はないのです。

    よってダークミュームをはじめ、マーダラーたちが布陣している大都市を優先的に攻撃するべきだとロイスは主張しました。

    ロイス「奴らが別の都市に散らばる前に、予め手を打っておくのです」

    マーダラーを全員撃退なんて、そんなことが可能なのかと不安そうな声が出てきました。

    逃げた奴らを食い止めることができるのかと考えいている人もいるのです。

    それは単純な攻撃では無理で、内密に作戦を練り逃げる隙を与えないことが重要だという案も出されます。

    攻撃時に周辺を包囲し、逃げる奴らを捕らえなくてはならない。

    攻撃隊と守備隊に分けて編成することになりました。

    ロイス「同意します。他に意見がないようであればこの作戦で進めてもよろしいですか?」

    全員一致で、この作戦に決まりました・・・。

    ロイス「わかりました。ではこの作戦は極秘に進めます。決行日は一週間後」

    「各クランごと万全の体制で挑んでください!」

     

    スポンサードリンク

    ついにウォーカーを・・・!

    稽古をつけてもらっている拓未たちは、一週間が経ちました。

    拓未は何度もウォーカーに攻撃しますが、まったく当たりません。

    簡単にはじかれて、そのまま木の方に飛ばされてしまいました。

    ウォーカー「二人ともどうした?」

    「もう一週間も過ぎたぞ。二段階に移ることもできなかったな」

    スキル活用と魔力の細部をコントロールすることにもう少し気を配るようにウォーカーは言いますが、二人はばてて横になっています。

    ウォーカー「とにかく今日はここまでにしておこう。明日は決戦の日だからゆっくり休んでおくといい」

    拓未「もう一回だけ・・・・お願いします」

    立ち上がった拓未はかなり疲れている様子です。

    拓未(稽古しながらステータスもスキルの熟練度もかなり上がった。特に魔兵甲・・・。この熟練度ならそこそこ疲えるかもしれない)

    ウォーカーは今度こそこれが最後だと言い、殺す覚悟でかかってくるようにと拓未に剣を向けました。

    俊悟はそんな二人を見て、「もはや怪物・・・」とつぶやきます。

     

    ウォーカー「今までと何も変わらないじゃないか!もっと考えながら動け!」

    何度も攻撃をする拓未ですが、まったく当たりません。

    すると拓未は急に大きくジャンプをして、空中からウォーカーを狙いました。

    空中では防御力が低くなってしまうので、魔兵甲で防御しながら攻め込むのだろうかと俊悟は推測します。

    その通り、拓未は魔兵甲を使用してウォーカーに向かいます。

    ですが魔兵甲で作った壁を踏み込むために使い、さらに上に飛び上がったのです。

    また空中で魔兵甲の壁を作ってウォーカーに向かっていく拓未。

    ウォーカーはその攻撃方法を見て、驚いています。

    ですがギリギリのところでウォーカーは防御してしまい、拓未の攻撃は当たらないまま跳ね返されてしまいます。

     

    拓未(ここまでしてもダメか。それでも魔兵甲を別方法で使うことに成功し・・・)

    するとウォーカーが声を出して笑い始めます。

    ウォーカー「はっはっは!よくやった。成功だ!」

    ウォーカーの首元の服が裂けており、拓未の攻撃が当たったことがわかりました。

    拓未「やった・・・!」

    後ろにいた俊悟も驚いて開いた口が塞がらないようです。

    ウォーカー「川瀬!今度はお前の番だ!最後にもう一度かかってこい!」

    俊悟「えっ!?」

    逃げ回っている俊悟を見て、拓未は微笑みました・・・。

    戦い

    夕方になり、今度こそ休んでおけよとウォーカーは拓未たちに言いました。

    ウォーカー「だが、あえて戦いに参加する理由はなんだ?」

    「殺人鬼に対する怒りのせいか?」

    拓未「・・・それもないとは言い切れません」

    確かなことではありませんが、日記に登場する最悪の状況をすべて回避することで、もう一度会えるかもしれないと感じているのです。

    考え込む拓未を横に、気まずくなってしまうウォーカーと俊悟。

    ウォーカー「・・・ガラアンへ行くと言っていたな?よりによってなぜガアランなんだ?」

    討伐に乗り出す都市の中では小さいほうなので、大都市よりは負担が軽い気がすると拓未は答えました。

    そんな様子を、俊悟は何も言わず見つめています。

    ウォーカー「そうか・・・わかった」

    そしてまた沈黙です・・・。

    俊悟「と・・・ところで、マーダラーをこうして追い詰めることができたなら、どうして今まで何もしなかったんですか?」

    話題を変え、ウォーカーが説明を始めます。

    ウォーカー「マーダラーは思いのほか大きなクランだ。規模や勢力では5大クランに属してもおかしくはない」

    「よっていくつかのクランが連合して攻撃すれば、勝算はあるんだが・・・」

    各クランの勢力争いと利害関係によって、現実的に不可能だったそうです。

    ですが悪魔の介入で大義名分が立ち、人間ならば当然参加しなければならないことになりました。

    ウォーカー「悪魔たちが直接介入しない以上、勢力面では難しくない戦いだが、あくまでも戦いは戦い・・・」

    「絶対に死ぬなよ。生きてまた会おう」

    ウォーカーは立ち上がります。

    拓未・俊悟「はい!」

     

    そしてガラアン。

    目標はマーダラーの完全壊滅!

    一人残さず刺殺するように命令が入ります。

    その中の選抜体には、拓未と俊悟もいました。

     

    \ 全話更新中! /

    THE LIVE〜未来からの日記〜のネタバレ一覧

    THE LIVE〜未来からの日記〜【第41話】の感想

    ついにマーダラークランとの戦いになりました。

    拓未はウォーカーよりもかなり強いと思っていたのですが、違うんですね。

    個々の強さがよくわからなくなってしまいましたが、ウォーカーがかなり強いのであれば、ここは裏切るわけにはいきません(笑)

    そんなことはしないでしょうが・・・。

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のTHE LIVE〜未来からの日記〜【第41話】のネタバレをご紹介しました。

    THE LIVE〜未来からの日記〜はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク