ピッコマ|THE LIVE〜未来からの日記〜【第34話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「THE LIVE〜未来からの日記〜」は、B.Ain先生、Antstudio先生の作品です。

    連続殺人犯に妻と娘を殺されてしまった主人公の由比拓未は、絶望的な日々を送りながらも毎日日記をつけていた。

    ある日突然、日記が未来の自分が書いたものに変わり、そこには妻と娘にもう一度会えると書かれていたのだ。

    日記に書かれた通り、仮想世界に引き込まれた拓未は、家族に会うことを目標にチュートリアルをクリアしていく。

     

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    THE LIVE〜未来からの日記〜のネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    THE LIVE〜未来からの日記〜【第34話】のあらすじ・ネタバレ

    拓未が仕事をしていると、妻の美千留から着信が入ります。

    拓未「もしもし~、帰りが遅くなって悪いな・・・もう少しで・・・」

    美千留「た・・・拓未・・・」

    声ですぐに異変に気づきます。

    すると電話越しで、彼女は助けてと言うのです。

    拓未「美千留!どうし・・・」

    電話はそこで切れてしまいました。

    拓未はすぐにジャケットを羽織り、走って美千留の元へ向かいます。

     

    拓未「・・・・?夢・・・か。最悪な気分だ・・・」

    夢だったようで目を覚まして起き上がります。

    拓未「美千留~、千春~、まだ寝てるのか?」

    週末だからどこか行こうと言いながらリビングのドアを開けると、そこには二人が血まみれで倒れていました。

    一気に青ざめてしまう拓未。

    すると場面は、血まみれで道端に倒れている美千留と千春が目の前にいる状況に変化しました。

    拓未「あ・・・ああ・・」

    その場に座り込んでしまい、涙を流します。

    拓未「そ・・・そんな・・・。嘘だろ、美千留・・・千春・・・?」

    すると目の前から声が聞こえてきます。

    「助けて~だってさ。おかげで殺しがいがあったよ」

    その黒い影のような人物は、拓未を見て笑っています。

    拓未「うああああああ!!!」

     

    そこで拓未はベッドから起き上がりました。

    夢・・・。

    俊悟「由比さん大丈夫ですか?また悪夢でも見ました・・?」

    拓未の声で目が覚めた俊悟は、心配そうに声をかけてきました。

    拓未「・・・大丈夫だ。起こして悪いな」

    不安そうにしている俊悟ですが、部屋のドアの隙間から、一枚の紙が入ってきたのに気づきます。

    俊悟「マーダラークランに志願するプレイヤーは、正午12時、村の中央広場に集合」

    「追伸、自分の命は自分で守れ・・・」

    書いてあることを読み、拓未に伝えました。

    拓未「思ったより早かったな・・・行こう」

    俊悟「えっ?これに参加するつもりですか?」

    拓未はこのトライアルを受けて、殺人鬼をとっ捕まえると決めていたのです。

    トライアル

    村の中央広場には沢山の人が集まっています。

    俊悟「わぁ・・・。この人達全員、マーダラークランに志願するんですかね?」

    拓未「だろうな、愚劣な奴らめ・・・」

    すると上の方から、「そろそろ集まったみたいだな」と声が聞こえてきました。

    シフモン「ようこそ、俺はマーダラークラン所属のヘラルド・シフモンだ」

    あの乱心者のシフモンか?と皆驚いて彼を見ています。

    シフモンともう一人は、宙に浮いて上から全員に呼び掛けているのです。

    シフモン「今年もマーダラークランに志願するバカどもがこんなに大勢いるとは。嬉しい限りだ」

    皆ガヤガヤしだし、なかなか静かになりません。

    シフモン「今から静かになるまで・・・」

    すると大きな爆発音が響きます。

    シフモン「一人ずつぶっ殺す」

    それを聞いて、皆一気に黙ってしまったのです。

    シフモン「やっと静かになったか、そう怯えることはない。クランメンバー同士殺さないというルールはしっかり守る」

    そのルールを目当てにきた人達も中にはいるそうですが、言うことを聞いて人を殺せばいいだけだと、人の命を何とも思ってないようです。

    シフモンは今からトライアルを始めると、横にいる人に合図を送りました。

    その瞬間、沢山の紙が一気にばらまかれたのです。

    シフモン「内容はいたって簡単だ」

    「それぞれの紙に描かれた奴の首を持ってこい。その紙と一緒に首を持ってきた奴が合格だ」

     

    こんな広い場所で人一人を捜せというのか・・・と拓未は驚いています。

    しかも自分が誰に狙われているのかもわからず、単純のようで難しいトライアルです。

    シフモン「参加者以外にもダークミュームに住む者たちも含まれている。よく捜してみるといい」

    せいぜい頑張るんだなと言って、シフモンは消えていきました。

    拓未はひとまずここを離れようと、俊悟に言いました。

    誰に狙われているかもわからないこんな状態で、こんなところにいるわけにはいきません。

    「こんな大勢いる中からどうやって一人を捜せってんだ!?死にたくねぇなら紙を全部こっちによこしな!」

    沢山集めれば誰が一人くらいは引っかかるだろうと考えた男が、隣にいた男を剣で切り言いました。

    俊悟「あいつ・・・!」

    拓未「行こう」

    スポンサードリンク

    犯人がここにいる理由

    その場を離れた拓未と俊悟。

    俊悟「まさか他の人を紙を横取りして確率を高めようとするなんて・・・。みんな本当にどうかしてます」

    拓未「マーダラークランらしいじゃないか。そのために作ったトライアルでもあるだろうしな」

    拓未が捜しているその殺人鬼も、このトライアルに参加しているのか?と俊悟は聞きました。

    拓未はたぶん・・と答えましたが、どうしてそう思うのか気になります。

    拓未「おかしいと思わないか?こんなに大勢の人がこっちの世界に来ているというのに、現実にいる人達は気づいていないなんて」

    俊悟「たしかにそうですけど・・・。何で急にそんなことを・・・?」

    拓未は忘れてるんだと言います。

    どんな手を使ったのかは知りませんが、こっちの世界にいることで現実では存在自体が忘れられているということ。

    そう話しながら歩いている二人を、横道から何人かの男が狙っています。

    拓未「妻と娘が殺害されてから・・・会社もほったらかしにして鬼のように犯人を捜し回った」

    「でもある瞬間から・・・全てを諦めて会社に通っていた。捕えられない存在だということを無意識的に認めたのかのように・・・」

    「命を懸けてでも必ず捕まえようと思っていたんだ。なのに自ら諦めるなんてあり得ない」

    犯人を捜せなかったのは、奴が仮想世界に来ていたからではないのか?

    そしてその殺人鬼はクランに入ろうとしているんじゃないかと思ったのです。

    拓未が犯人を捜し始めたのは半年くらい前で、ということはその時に奴が来ていたとも考えられます。

    どれにマーダラークランのトライアルは、毎年この時期に行われるそうです。

    つまりトライアルに参加する可能性が高いということ・・・。

    俊悟「確かにその可能性はありそうですね・・・。でも手掛かりはあるんですか?こんなに広いところでどうやって探せばいいのか・・・」

    拓未「奴は自分が殺した人の背中にXの文字を印していた。それが手がかりだ」

    それは自分が殺したという証。

    俊悟は、本当に最低野郎だ・・・とつぶやきます。

    俊悟「けど奴を捜すだけなら何もテストに合格する必要まではないんじゃないですか?」

    「誰かを殺さないと合格できないわけで、ターゲットが何の罪もない人だってこともありますし・・・」

    俊悟のターゲットは少し怖めの男性、拓未のターゲットは凄く優しそうな女性に見えます。

    拓未「・・・罪のない人なら別の人を捜す。とにかくトライアル合格と俺の問題とは個別だ。合格しなければならない理由は・・・」

    すると一瞬で何人もの男たちに囲まれてしまいました。

    「・・・新規プレイヤーなんだろ?理由はともかくさっさと死にな」

    男が剣を構えると、拓未も構えます。

    拓未「ちょうどよかった。俺の質問に答えれば命だけは助けてやる。よく聞け」

    男は不思議そうに拓未を見つめます。

    \ 全話更新中! /

    THE LIVE〜未来からの日記〜のネタバレ一覧

    THE LIVE〜未来からの日記〜【第34話】の感想

    拓未はマーダラークランに入って何をするつもりなのでしょうか?

    俊悟の言う通り、犯人を捜すだけなら合格する必要はなさそうです。

    詳しい説明がはやく欲しい・・・(笑)

    本当に犯人はここにいるのでしょうか?

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のTHE LIVE〜未来からの日記〜【第34話】のネタバレをご紹介しました。

    THE LIVE〜未来からの日記〜はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク