LINEマンガ|主人公の女友達です【第11話】のネタバレ・感想!

LINEマンガで配信中の「主人公の女友達です」は、RYU HEON先生とKAKON先生の作品です。

突然、気気に入りのファンタジー小説の登場人物として生まれ変わってしまった主人公。

よりによって生まれ変わったのは、ヒロインをいじめ婚約者の主人公からも振られてしまう悪女だったのです!

憧れのヒロインではなく、悪女の「ルイス・スウィーニー」だったことに悲しみながらも、悲惨な結末を回避する方法を思いつきます。

果たして運命を変えることができるのか・・・!?

\ 全話更新中! /

主人公の女友達ですのネタバレ一覧

スポンサードリンク

主人公の女友達です【第11話】のあらすじ・ネタバレ

紙とインクが全部切れたと、報告しに生徒会に行ったルイス。

アカデミーには、生徒会で買った紙とインクで勉強すると、テストでいい点を取れるという言い伝えがあります。

そして買い出しに行く人を決めようとなりますが、ルイスが立候補しました。

まさかの一緒に行くことになったのはイアン。

ルイス(しばらく距離をおきたかったのに・・・)

イアンもまさか自分がハズレをひくと思っていなかったようです。

イアン「まぁでも、一人で行くよりはましだろ?俺と行けば護衛もついてくるし」

ルイス「えっ、護衛ですか?」

アカデミーには護衛が入れないと聞いていたのです。

護衛はいつも陰から見てくれているようで、ルイスにはあまり会わせたくないとイアンはため息をつきました。

ルイス「どうしてですか?」

イアン「あいつは女たらしだからな、君も気を付けるんだぞ」

すると、それはひどすぎるとの声が聞こえてきました。

二人の前に現れたのは騎士の格好をした男性。

「お久しぶりです、温室のルイス」

護衛の男性はヘシェと言う名前で、ルイスの前に跪きました。

温室のルイスとは、ヘシェがつけてくれたあだ名です。

ルイス「立ってください、ヘシェ」

未来の伯爵が跪くなんて・・・とルイスは止めます。

イアン「君はこのような待遇を受けて同然の人だ」

ヘシェ「もちろんです。あなたの行いは称賛に値しますから」

入学式の日に殿下を振ったんだと笑うヘシェ。

ヘシェ「演歌が女性に振られる日が来るとは思いもしませんでした!」

その言葉にキレてしまったイアン。

二人の様子を見ているルイスは困ってしまいました。

インクと紙、今日買うことができるのかな・・・と。

変装をする二人

商店街に行くと、姿が見えなくなったイアン。

すると黒いフードを被って現れました。

ルイス「いつの間に変装を・・・?」

イアン「オレの正体がバレたら面倒だからな。もちろん君の分も用意してある」

私の分?とルイスが聞くと、魔法使いと平凡な生徒では不自然だから、魔法使いには性悪なお嬢様がお似合いだと言われてしまいます。

そして渡されたのは黒い綺麗な服です。

ルイス「こんな高い服受け取れません!」

イアン「気にしなくていい、入学祝に贈り物をするつもりだったから」

どう見ても悪役の色のワンピース。

ルイスはわざと黒い服を避けてきました。

イアン「そういえば君は黒い服をあまり着なかったな」

他の服もあるから遠慮なく言ってくれとイアンは言いますが、これがいいとルイスは断ります。

服の色なんてどうでもいい、早く買って戻らなければ・・・と考えているのです。

 

着替えていると、まさかの背中にボタンがあるタイプの服でした。

ルイス(そうか・・・ふつうは一人でドレスを着たりしないもんね)

落ち込んでしまったルイスですが、仕切り越しにイアンが声をかけてきました。

イアン「ルイス、着替えたか?靴もあるから選んでくれ」

なんか楽しんでないか?と疑うルイス。

そして仕切りから顔をのぞかせたルイスは、ボタンの事を口に出します。

ルイス「あの・・・ボタンが・・・」

イアン「?ボタンがどうしたんだ?」

背中なので一人でできなんだと恥ずかしそうに伝えると、焦った表情を見せます。

イアン「・・悪い、困らせるつもりはなかったんだ」

頭を下げてくれたイアン。

そして中に入れないから少し下がってくれとお願いしました。

驚くルイスですが、他に頼める人がいないので、イアンがボタンをかけるしかないのです。

イアン「気にするな、服に着いた汚れを取るとでも思えばいい」

なんかめちゃくちゃだけど仕方がない・・・、ルイスは納得しました。

 

ルイス(変に緊張しちゃって気まずい)

イアンがボタンをつけてくれ、着替えが終わりました。

綺麗に着ているルイスを見て、イアンは見とれてしまうのです。

ルイス「会長?どうかしましたか?」

イアン「・・いや、なんでもない」

恥ずかしそうに、良く似合っていると言ってくれました。

イアン「礼はいらない。それとあまり君に惹かれている男にそんな顔をするな」

ルイス「私がいつどんな顔を・・・?」

たった今だと言われて、驚いてしまうルイス。

イアンはフードを被り、そろそろ商店街に向かおうと話を逸らしました。

スポンサードリンク

買い物で・・・

あるお店で、軍手をお願いするイアン。

ルイス「軍手を何に使うんですか?」

イアン「君・・・お嬢様が畑仕事をされるときに必要かと思いまして」

軍手を買う魔法使いなんて初めてだと、店主に言われてしまいます。

イアン「私は魔力が足りないので、力仕事でもしないとお嬢様に捨てられてしまいます。

デタラメなことを言うなとルイスは突っ込みたくなりますが、ここは演技をしろと言った視線を感じ、我慢します。

そして意を決し・・・。

ルイス「無駄口叩いてないでさっさとしなさいよ!!」

睨みつけるような目で、イアンに怒鳴ります。

その様子に店主は怯えだし、イアンもルイスに頭を下げます。

ルイス「もっとテキパキ動けないのこの間抜けが!!」

 

口任せにしゃべってしまったら、「原作通り」のルイスになってしまったと落ち込んでいるルイス。

ルイス(恐るべし、ルイスの本能・・・)

イアン「なかなかの演技だったぞ」

ルイス「褒めないでください・・・」

私は悪女じゃないのに・・・と悔しくなります。

 

その後も文具店と食料品店で買い物をしましたが・・・。

イアンの悪女召喚は止まりませんでした。

ルイスはまた、「うるさい!!あっちいきなさい!!!」と怒鳴ってしまうのです。

 

 

カフェで休憩中に遭遇したのは・・・

ルイス「はあ~やっと終わりましたね。もうすぐテストなのに、寮に戻ったら寝ちゃいそうです」

カフェで休憩しており、イアンがそろそろ帰ろうと席を立ちました。

ルイス「そういえばヘシェが見えないですね」

イアン「あいつのことは気にするな。陰から俺たちを守ることが仕事だから」

ですがせっかくなのでヘシェも一緒にお茶を・・・とルイスが言いかけますが、驚いて身を隠してしまいます。

二人は元居た席にくっついて座り直すのです。

イアン「ルイス、隠れろ!」

現れたのはラッセン先生。

店員に案内された席はルイスたちの後ろ。

ラッセン先生「あとからもう一人来る予定です」

バレないように掌に筆談してイアンにどうするのか聞くルイス。

先生の前を通らないと外に出られないから、少し待機しようとイアンは答えました。

誰と会うのだろうか・・・?とルイスが聞いてみると、ラッセン家の人では?とイアン。

遭遇したのがよりによってラッセン先生だなんて・・・、ルイスは頭を抱えます。

 

くっついて座っている二人ですが、急に近づいてくるイアン。

ルイス「き・・・聞こえます」

小声で言うと、イアンはこのくらいの距離ならラッセン先生には聞こえないだろうと言いました。

そういう問題ではない・・・!

恥ずかしくなるルイス。

ラッセン先生が席を立ち、帰る見たいだと安心したところ・・・

ラッセン先生「5分遅刻ですよ。ウェーン・ヒール先生」

慌てて現れたのは、温室のヒール先生でした。

\ 全話更新中! /

主人公の女友達ですのネタバレ一覧

主人公の女友達です【第11話】の感想

変装までして買い物しに行きますか?(笑)

それならわざわざ、怪しい服装にしなくてもいいのに・・・。

とか突っ込みたくなりました。

まぁ、漫画なのでしかたないですね(笑)

無事買い物も終わりましたが、まさかのラッセン先生と遭遇。

できることならバレたくないですよね・・・。

必死に隠れましたが、連れが来てしまいます。

まさかのヒール先生だなんて・・・、予想できなかったでしょう。

先生同士なのでつながりはあるのでしょうが、なんだか怪しい・・・。

もともとラッセン先生はなんだか怪しい雰囲気があるので、この二人のつながりも気になってしまいます!

 

ルイスとイアンの距離感よりも、二人の関係の方が注目ですね!(笑)

 

まとめ

以上、LINEマンガで配信中の主人公の女友達です【第11話】のネタバレをご紹介しました。

主人公の女友達ですはLINEマンガ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク