ピッコマ|末っ子皇女殿下【第41話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画末っ子皇女殿下は、Stonehead (AKEO STUDIO)・SAHA先生の作品です。

魔導王国を束ねていた大魔導師がある日 帝国の末っ子皇女殿下に生まれ変わってしまったぁ⁉

適当に赤ちゃんのふりをしとこー…って私のこと好きすぎじゃない?

好きどころか大好きすぎて、ひと時もじっとさせてくれない。

末っ子皇女殿下の一日は今日も大変だ!

\ 全話更新中! /

末っ子皇女殿下のネタバレ一覧

スポンサードリンク

末っ子皇女殿下【第41話】のあらすじ・ネタバレ

バーネットの招待を受けてイリオサ家へやって来たエニシャ。

エニシャの登場後、あまりのオーラにバーネットは言葉を失っています。

そこでイリオサ侯爵がエニシャに挨拶すると、バーネットも思い出したかのように遊びに来てくれたお礼を伝えるのです。

するとエニシャは何も言わず持って来た籠を差し出します。

もしかするとカバンを持てと言われているのかと戸惑うバーネット。

しかしそれはエニシャからのプレゼントで、オレンジピールの入ったケーキだったのです。

心遣いに感謝する姿を見て安心したエニシャは、紅茶と一緒に食べようとにっこり微笑みます。

その笑顔で、もう完全に心奪われたバーネット。

心の中で1人、エニシャの可愛さを認めるのです。

エニシャの想像とは全然違う!

会場に着くと、可愛らしいスイーツがたくさん用意されていました。

しかし参加者はエニシャ1人のようです。

バーネットは招待状を送りはしたものの全員が急用により参加できないとの返事をしたそうなのですが、正直エニシャは前回のヘラードの大暴れ事件があるため来ないのは当然だと解釈しています。

それからお茶会をスタートさせた2人ですが、特にこれといった会話はありません。

すごくしつこく招待状を送って来たので、勝気な子かなと想像していたエニシャは、正直今日のお茶会も殺伐とした雰囲気を想像していました。

エニシャだけテーブルの端の席に座らされ、余りもののようなデザートらしきものを食べさされた上に、ビンタまで食らうことを想定していたので、なんだか平和すぎて信じられないほど…

むしろ食べたいクッキーまで手が届かないで困っていると、バーネットはエニシャの方にスッとお皿を動かしてくれたのです。

バーネット「私の前がごちゃごちゃしてただけで…べ…別に殿下のために動かしたわけではありませんから!」

エニシャ「……」

エニシャ(いや、完全に私のだめだったよね…?)

バーネット「あの…」

「リンゴジャム入りの方が私の口には合いましたわ…」

エニシャ「そう?」

「わぁ本当だ!これすっごく美味しい!」

エニシャの喜ぶ顔に、バーネットは再び心を奪われます。

それからはひたすら、幸せそうに食べるエニシャの顔を見つめているのでした。

バーネット「もしお望みでしたら厨房に用意するよう言っておきますわ」

「お帰りの際にお持ち帰りできますように…」

エニシャ「私が持って来たケーキも食べてみて!美味しいよ」

バーネット「はい…」

 

盛り上がる2人の姿を、デルとイリオサ侯爵がドアのところからそっと見ていました。

2人は、楽しそうにしているエニシャたちを見て、少しほっとしたようです。

イリオサ侯爵「やっと安心しました。賢い子ですがまだ子供なので…」

「実は公女殿下に失礼なことをするんじゃないかと心配してたんです」

「それでは…私たちは私たちでワインはいかがですか?ちょうどいい物が入って来ましたので」

デル「ハハッ…皇女殿下をお連れして帰らないといけないので…一杯だけいただきます」

スポンサードリンク

新たなる計画が動き出す

バーネットとのお茶会を済ませたエニシャは、街へとやって来ました。

黒いマントを被り、髪の毛も黒髪に、瞳の色も青に変装しています。

エニシャ「よし、じゃあ行くよ!」

「あっ、バーネットがくれたクッキー無くしちゃダメだからね」

デル「もちろんです。殿下が絶賛したクッキーですから」

 

帰り際、今度は皇宮に遊びに来て欲しいと招待したエニシャに、バーネットは手をとって待っていると言いました。

その姿があまりに可愛かったので、エニシャはなんだか思い出しては、自然と広角が上がっていきます。

 

そうして2人で街の中を歩いていると、デルがやはりこの計画が心配でならないと話しかけてきました。

デル「指示通りにしましたが…」

「情報屋探しは殿下が直接動かずに私にご指示されてもよろしかったではありませんか?殿下をお連れするような危険な冒険をするにはこの老いぼれの心臓が持たないのです」

エニシャ「だって面白いから!」

デル「……」

「面白いって…」

エニシャ「それに危険なのはあっちの方だよ?私たちは歩く凶器なんだし…」

デル「ですがもしものことが…もし運が悪ければ…」

エニシャ「私は今まで皇宮に閉じ込められて暮らして来たんだよ?デルは私が可哀想だと思わない!?」

デル「し…しかし殿下と私のこの組み合わせは誰が見ても怪しいではありませんか!」

エニシャ「孫娘ってことにすればいいよ。年齢差もちょうどそれくらいだし」

デル「そ…そそ…そんなご無礼を…!」

エニシャ「大丈夫、大丈夫!」

「ねっ?おじいちゃん?」

勝手に手を取って歩くエニシャに、もうデルは敵わないと完全敗北を認めるのでした。

\ 全話更新中! /

末っ子皇女殿下のネタバレ一覧

末っ子皇女殿下【第41話】の感想

バーネットとのお茶会成功してよかったです!

最初はぎこちない2人でしたが、やはり美味しい物を一緒に食べると、一気に距離感が縮まりますよね。笑

素直になれないバーネットがまた可愛かったです。

前回のお茶会のようにいじめられると思っていたエニシャにとって想定外の高待遇でしたが、結果的に楽しい時間が過ごせてよかったです。

これでバーネットは完全にエニシャの虜になったので、今回断って来た友達たちも巻き込んで、エニシャの人脈がさらに広がると、もっと面白くなるかもしれないですね。

お茶会後、エニシャはいよいよ今回の本当の目的とも言える街へ繰り出します。

心配するデルをよそに1人突っ走っている感がありますが、トラブルに巻き込まれそうな気がするのは私だけでしょうか!?

2人が無事に戻れますように!!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の末っ子皇女殿下【第41話】のネタバレをご紹介しました。

末っ子皇女殿下はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク