ピッコマ|末っ子皇女殿下【第28話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画末っ子皇女殿下は、Stonehead (AKEO STUDIO)・SAHA先生の作品です。

魔導王国を束ねていた大魔導師がある日 帝国の末っ子皇女殿下に生まれ変わってしまったぁ⁉

適当に赤ちゃんのふりをしとこー…って私のこと好きすぎじゃない?

好きどころか大好きすぎて、ひと時もじっとさせてくれない。

末っ子皇女殿下の一日は今日も大変だ!

\ 全話更新中! /

末っ子皇女殿下のネタバレ一覧

スポンサードリンク

末っ子皇女殿下【第28話】のあらすじ・ネタバレ

エニシャが馬車にまだ揺られていた頃、アルカスではノクシタとベルアンが到着を待っていました。

心配症なのかノクシタはエニシャがどこまで来ているかだけでなく、怪我をしていないか、泣き続けて脱水になったら、心臓麻痺になっていたらと、最悪の事態ばかり考えています。

縁起でもない事を言い続けるノクシタに、ベルアンは思わず手が出てしまいます。

そのお陰で、やっと静かになったと小さなため息をついたベルアンは、窓の方へと移動しカーテンを開けて外の様子を伺っています。

ベルアン(ただの憶測に過ぎないということはわかっている)

(しかしそれでもいつにも増して慎重かつ抜け目なくこの計画を立てた)

(歴史上初めてアルカスを開国しヒペリオンに使節団を派遣させ、ヒペリオンの皇宮を隅々まで探り)

(失敗した時のために使い捨てられるコマを用意してまで…)

(憶測から成り立つ無謀な計画だが今の全てが無駄だとは到底思えない)

(何事にも無関心だったノクシタが見せる皇女への執着と、映像の中の皇女を見て不思議と惹かれた自分…)

(どうかこの憶測が当たっていてほしい…)

その時、ついに部屋の扉をノックする音が聞こえ、エニシャの到着の知らせが入ったのです。

エニシャと2人の魔法使い再会の時

目隠しを外されたものの、周りの様子を伺って泣きもしないエニシャに、ノクシタは少し驚いています。

ベルアンはヒペリオンの血を受け継いでいるから普通の人間とは違うんだと解釈しているようです。

エニシャ「はあぁぁ…あきれた」

ノクシタ「えへへっ…皇女さまは…僕たちが情けないみたい」

エニシャ「はぁぁ…」

「これはやく外ちて」

ノクシタ・ベルアン(!)

2人は目を合わせて、首につけられていた拘束具を外してくれました。

あまりに苦しかったので、少しむせ込んでしまったエニシャを、ベルアンは優しく側について介抱して、ノクシタは手に何か魔力を注いでくれます。

これで息がしやすくなったと安堵したエニシャ。

少し深呼吸してから、2人を見て微笑むのです。

エニシャ「久しぶり」

スポンサードリンク

その頃、ヒペリオンは大騒ぎに

一方その頃ヒペリオンーー

陛下の部屋にはロシエルとデルが状況説明を行っています。

ロシエルは帝国全域に最高レベルの非常事態宣言を出して、総動員で捜索を行わせているようです。

もちろんこれからロシエル本人も捜索に加わる予定です。

デルによれば、皇女宮の結界は内側から破壊されており、犯人は皇城の結界についての知識がある者か、上流魔法使いの可能性が高いと自身の考えを述べています。

そして都にいるすべての魔法使いたちの直近の動きを調査し、その中でもここ数日のうちに一度でも皇城に出入りした者は全員拘束するつもりでいます。

しかしながらまだエニシャを誘拐した犯人については調査中と報告していたところ、ヘラードが剣を持ち部屋へと入ってきたのです。

ヘラード「皇女宮で仕えていた者をすべて地下牢に閉じ込めました」

「内部協力者をあぶり出すための尋問を始めるべきです」

「陛下、この事件は連合軍残党の仕業である可能性が高いと思います」

「自分が直接調べますので許可をお願いします」

陛下「ダメだ」

ヘラード「陛下!」

陛下「お前の言う通り皇女を誘拐しそうな勢力としては彼らが一番有力だ」

「先の戦いでほとんど勢力を失い、帝国に危害を加えるためなら手段と方法を選ばないはずだからな」

ロシエル「しかしヤツらに皇城の結界を破れる力はーー」

陛下「奴らに協力する者がいるはずだ」

「協力者探しは首席魔法使いーーそして2人の皇子に任せよう」

「連合軍残党の所在地の把握及び皇女誘拐有無の確認は俺が直接やるとする」

「今すぐクテルン騎士団を召集しろ」

陛下は騎士団と暗闇の中を進む

騎士団が集まり、時間がないと急いで城をでた陛下。

月明かりの照らす中を、馬に乗り全速力で進みます。

剣を手にした男が歩み寄り、エニシャが怯えている様子が目に浮かび強く目を瞑ります。

 

その時、目の前にザドカル王子が現れ、慌てて馬を引き留めるのです。

もちろん彼に結び付けられたエニシャのパジャマの布にすぐに気付きます。

陛下「これは…」

ザドカル王子「僕が皇女殿下の居場所を知っています」

\ 全話更新中! /

末っ子皇女殿下のネタバレ一覧

末っ子皇女殿下【第28話】の感想

アルカスの作戦が、あまりに念入り過ぎて…

しかしそれほどしてまで、ベルアンもノクシタも大魔導師様に会いたいんだろうなと思うと、なんとも言えない気持ちになります。

帝国と戦いになってしまう可能性もある以上、まだ知られるわけにもいかないのだろうと思ったのですが、エニシャは全てを告白する覚悟を決めているようにも見えましたね。

あの”久しぶり”と言うのが、ノクシタへの久しぶりの意味なのか、全てを打ち明けると覚悟の上での言葉なのか、次回の更新が楽しみです。

そして予想通り、帝国は大荒れとなっていました。

冷静かつ的確に動くロシエルと、すぐに拷問のようなことをして人々を怯えさせる方法で解決しようとするヘラード、2人の性格がここでも出ていました。

しかしデルも含めて、全員が願うのはエニシャが無事に戻ること。

ザドカル王子とも出会えたので、このまま戻れると思いますが、戦いを避けるためにエニシャはどんな作戦を取るのでしょうか?

居場所を知っていると言うザドカル王子が、疑われて処刑されないかという心配も少しありますが、陛下を信じて…

そして王子が幸せになれるような褒美が与えられますように。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の末っ子皇女殿下【第28話】のネタバレをご紹介しました。

末っ子皇女殿下はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク