ピッコマ|末っ子皇女殿下【第13話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画末っ子皇女殿下は、Stonehead (AKEO STUDIO)・SAHA先生の作品です。

魔導王国を束ねていた大魔導師がある日 帝国の末っ子皇女殿下に生まれ変わってしまったぁ⁉

適当に赤ちゃんのふりをしとこー…って私のこと好きすぎじゃない?

好きどころか大好きすぎて、ひと時もじっとさせてくれない。

末っ子皇女殿下の一日は今日も大変だ!

\ 全話更新中! /

末っ子皇女殿下のネタバレ一覧

スポンサードリンク

末っ子皇女殿下【第13話】のあらすじ・ネタバレ

翌朝、ロシエルがもう一度ゆっくり説明してくれました。

陛下とヘラードは戦争のために出向いたのです。

誕生日以来暗殺者の足は嘘のようにばったり途絶えたが、それでもロドゴは自分の宣戦布告を実行に移した形となりました。

彼らが向かったのは、クアンテア群島のアーキラ連邦。

そこが選ばれた理由は単純で、大陸中に知れ渡る美しい海岸線と良質な真珠がエニシャへのプレゼントにぴったりだというそれだけのことでした。

 

陛下とヘラードが戦場で大陸の人々を震え上がらせている間、皇宮ではロシエルが摂政を務めました。

大臣たちはヒペリオン皇族の並外れた能力を誰よりも熟知しており、幼い皇子だからとロシエルに不満をいう者はいませんでした。

むしろ陛下より協力的で、業務の処理能力が異常に速かったため、貴族にも皇宮の行政担当者たちにも喜ばれていたのです。

そして時は流れ、エニシャはもうすぐ2歳を迎えようとしていました。

2歳目前のエニシャの日常

歩くことにも慣れ、割と上手に会話もできるようになったエニシャ。

ラッツフェルト伯爵夫人の教育も日に日に熱を増していました。

スケジュールに余裕のある日には、ピクニックをして楽しんでおり、今日もお肉のお弁当を持って出かけるつもりです。

準備してもらったお弁当片手に、颯爽と歩き出したエニシャの可愛さにメイドたちは心を奪われているのでした。

 

エニシャがやってきたのは、広い草原のような場所。

絶好のお散歩日和だと風を感じていたエニシャですが、メイド長の大きな声が聞こえてきました。

メイド長「ここがどこだと思って…!下がりなさい!」

「皇女殿下のお散歩の邪魔だわ。いますぐ追い出してちょうだい」

他のメイドに腕を掴まれているのは、ザドカル王子です。

それに気づいたエニシャは「やめっのだ!」と叫び、王子の元へとてくてく歩いて行くのです。

エニシャを前にして、ザドカル王子はその場に座り込み頭を下げます。

エニシャ「オーカミのけがあ」

メイド長(……!そういえば以前誕生会で…)

スポンサードリンク

エニシャはザドカル王子を散歩に誘う

メイド長「公国の王子様でございましたか。ご無礼をお許しくださいませ」

ザドカル王子「ダ…大丈夫ます」

相変わらず下手な帝国語に、メイドたちは誕生会の時のようにヒソヒソと話しているのが聞こえてきます。

メイド長も改めて、エニシャの散歩中なので立ち去るようにお願いするのですが、エニシャは手を差し出し皆を驚かせるのです。

エニシャ「ちゅいて来て」

弁当箱を王子に持たせると、手を引っ張り進んでいくエニシャ。

殿下と皇子たちに知られたら大変なことになると分かっているメイドたちはなんとか止めようとするのですが、エニシャは聞く耳を持ちません。

 

王子を連れて来たのは黄金の森です。

森の真ん中には金葉樹がそびえ立っていて、様々な珍しい動物が住んでいる美しい場所です。

歩き慣れてからエニシャはしょっちゅうこの場所を訪れていました。

なぜならこの老樹には相当な魔力が宿っていて、近くにいると魔力の運用にかなり役立ったのです。

 

木の下にシートを敷いて、老樹にもたれかかるようにして座ったエニシャたち。

エニシャ(てかこの子前会った時と同じ服…体も痩せ細って…雑用とかさせられてるのかな)

(大人しそうなのに目つきは物怖じしない…なんだか…この子を見てると左魔と右魔が思い浮かんで気になるんだよね)

(なにか食べ物でもあげようかな ちゃんと食事もとってなさそうだし…)

カバンを開き、お弁当を準備しているエニシャ。

ザドカル王子「皇女殿下」

「僕がやりますので大丈夫です」

エニシャ(…えっ!?)

(あれっ?コヤツ…)

(ちゃんと喋れるじゃん!)

\ 全話更新中! /

末っ子皇女殿下のネタバレ一覧

末っ子皇女殿下【第13話】の感想

陛下とヘラードが戦いへと出て行ったのは、予想通りエニシャのためでもありましたね。

相変わらずの親バカ!とツッコミたくなりました。

もうすぐ二人も帰ってくるかもしれないエニシャの2歳直前の日常が描かれていた今回のストーリーでしたが、だいぶ言葉も増えて来てなんだか私まで成長に感動してしまいました。

私も陛下や皇子たちと同じく虜にされているかもしれません。

散歩へやって来たエニシャは、久しぶりにザドカル王子と再会することになりました。

誕生会の時よりも痩せ細った体とを心配して食事を用意するエニシャは、普通に喋れる王子に驚きを隠せない様子でしたが、もしかすると老樹の魔力のおかげだったり!?とも思えて、今後の展開からますます目が離せません。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の末っ子皇女殿下【第13話】のネタバレをご紹介しました。

末っ子皇女殿下はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク