ピッコマ|その結婚、私がします【第7話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その結婚、私がします」は、 Carumok先生、サバ焼き先生の作品です。

バッドエンドを避けるために、不眠症で暴君の皇帝のところに行くことにした「リリアン・メッケリオン」

彼女は相手の体に唇が触れることで、眠らせることができる力を持っているのです。

好きな人がいる姉の代わりに、魔女の呪いによって眠ることができなくなった皇帝へ、安眠を約束する責務を負うことになりました。

リリアンは、皇帝「カレル・ル・カルドロプ」から生還することができるのでしょうか・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

その結婚、私がしますのネタバレ一覧

スポンサードリンク

その結婚、私がします【第7話】のあらすじ・ネタバレ

皇帝陛下にリリアンへの接し方を教えていた侍女「ヘナ」は慌てて駆けつけます。

ヘナ「陛下!ご令嬢に一体何をされたのですか!!」

もちろん、皇帝陛下である「カレル」も一気にへこんでしまっています。

カレル「ヘナ、その態度は無礼極まりないが認める」

ヘナ「ふぅ・・・それになぜあのような・・・。いやもうすでに起こってしまったことは仕方ございません」

彼女は過ぎたことを悔やまないことにしました。

重要なのはその後の対応で、彼女がどんな反応でいたのかを聞きました。

カレル「マイナス百点と申しておった」

頭を抱えているカレルを目の前に、ヘナは試練が訪れたことを直感しました。

ヘナ「陛下、幸いにもチャンスはまだ残っております。ご令嬢は昨晩もお越しになられましたよね」

嫌いなのであれば皇宮には来ないだろうとヘナは考えており、カレルはその後消えたことを気にしています。

そしてリリアンに率直な謝罪をした方が良いと、ヘナが言うのです。

ヘナ「よろしいですね」

リリアンを説得するバスティアン

バスティアン「そら見ろリリアン、そんな奴と結婚しないといけないのか?」

一部始終を聞いたのでしょう、彼は怒っています。

リリアン「お兄様、あれは陛下が慣れないことをなされたからよ。わかるでしょ」

バスティアン「そのせいでお前の名誉が傷ついたじゃないか!」

すると使用人が、皇宮から使いが来たと報告しに来ました。

バスティアン「ダメだ!帰るように伝えろ!」

「陛下がお前のことを思っておられるなら、ここまで厚かましくお前を訪ねたりしない!!」

ですが陛下が何の目的で呼んでいるかわからないからと、リリアンは冷静です。

バスティアンは睡眠の為だと言いますが、今はまだ昼間・・・。

バスティアン「では共に行こう。どうしてもお前を一人で送るのは不安だ」

リリアン「お兄様が?何故?」

バスティアンはため息をついて、お前を守るのは仕事の一つだと言うのです。

スポンサードリンク

皇宮でも必死に結婚を止めるバスティアン

皇宮に到着すると、頭を下げて謝ってくるカレル。

カレル「そんな言葉でそなたの心が収まるとは思わぬが、時間が過ぎる程わだかまりができるとヘナが申しておった」

リリアン「ヘナ?誰ですか?」

侍女長だと言われ、やっと名前が一致しました。

本の中とは言え、名前が侍女長なはずはありません。

リリアン「私は大丈夫です、多少驚きましたけど。陛下の意図を理解できないわけではありません」

すこし安心した表情を見せるカレル。

彼の設定に、ロマンがないのは仕方がないとリリアンは感じているのです。

カレル「では式はいつ挙げたらいいと思う?」

すると微笑んでいるリリアンの横で、バスティアンが何のことだと声を荒げました。

カレル「知らなかったのか?朕とそなたの妹は結婚を約束した仲だ」

バスティアン「全く存じておりませんが!」

リリアンは前にも話した通り、いつかは結婚するときがくるんだと兄をなだめています。

その時が近づいているんだと言いますが、それでもバスティアンはこんなに早くくるとは思ってもいなかったと涙を流しているのです。

バスティアン「陛下、しばらく私どもで話す時間をお許しいただければ幸いでございます」

カレルは仕方なしに納得しました・・・。

 

部屋を出たリリアンとバスティアンは、通路で話しています。

バスティアン「リリー、頼むからもう一度考え直してくれ。花道ではなく棘の道になるのは分かり切っている!!」

皇宮は全く防音されていなかったので、通路の二人の話声がカレルにも聞こえてきました。

まさか妹を殴ったりしないだろうか・・・と、バスティアンの怒鳴り声を聞いて少し心配しているカレル。

リリアン「陛下は良い人よ。表現はイマイチだけど謝って来られたじゃない」

そうでなかったら自分の考えを無視してすぐに式を挙げただろうと、リリアンは考えているのです。

バスティアン「リリー、正直に言ってごらん。もしかしてもう陛下を好きになったのか?」

リリアン「嫌いじゃないわ」

バスティアン「へっ!何と・・陛下のどんなところが?」

かなりショックを受けています。

そして別室にいるカレルも耳を澄ませているのです。

リリアン「そうねぇ・・・。”顔”?イケメンじゃない!」

彼女は笑顔でそう答えたのです。

何も気づいてくれない・・・

カレル「今日は顔にキュウリをのせてくれるか?」

ヘナ「いかがなさしました?急に肌の管理などなされて・・・」

寝室で横になっているカレルは、ヘナに急なお願いをしました。

カレル「良く見せたい人がいるのだ」

ヘナ「そうですか」

管理しなくても十分にお美しいと言いながら、ヘナは余ったキュウリは和え物にでもしょうと考えているのです。

カレル「宮の者たちは皆そう申すがな。しかしリリアンは感情に正直なのだ。朕が努力せねばならぬ」

 

キュウリをのせたパックが終わり、ベッドに横になったカレルの顔はピカピカに輝いています。

するとリリアンが部屋にやってきました。

リリアン「さぁでは、目をお瞑り下さい」

カレル「待った」

「朕の顔、いつもとは違っておらぬか?」

リリアン「何か?」

変なところもないし、何もついているものはないと、リリアンは真剣に答えるのです。

カレル「いや、そうではなくて・・・」

気づいてくれないので、「もういい」と言いながら背中を向けてくるカレル。

リリアン「では何ですか?お話しください」

カレル「良いのだ」

おっしゃってくださいとリリアンが言っても、彼はもう何も言いません。

急に何なんだ!?顔がどうだって言うんだ!?とリリアンの疑問は収まらないのですが・・・。

リリアン「お話してくださらないのですか?」

もう一度お願いしても、カレルは何も言いません。

そして嫌なら仕方がないから、もうお休みくださいとそのまま寝かせることにしました。

果樹園でのこと

後日。

リリアンが馬車に乗って連れてこられたのは果樹園です。

バスティアン「こちらからはいったらいい」

リリアン「面白そうだけど、私は農業もできないし関心もないわ」

バスティアン「まさかお前に直接しろっていうと思ったのか?所有だけをお前の名義にしておくから心配するな」

そしてバスティアンは真剣に、陛下を好きな理由が顔だと言った話を出しました。

本当はイケメンの皇帝が執着が強くて優れているから好きなのですが、それは隠しています。

バスティアン「この土地の主人がここのリンゴは形も良くて綺麗だと言ってたぞ」

「色合いもいいし大きさも適当だと」

それで言いたいことはなんなんだ?とリリアンはバスティアンに聞くのです。

バスティアン「イケメン皇帝との結婚をもう一度考えてみろということだ」

リンゴの花を掌に乗せてもらったリリアンは笑顔で「ありがとう」とお礼を言いました。

リリアン「でももう私は心を決めたの」

バスティアン「リリアン頼むから!!!」

兄は必死です・・・。

 

カレルの元に行くと、今日は土とフルーツの香りがすると言われました。

昨日は聞いても答えなかったくせに何なんだ?とリリアンは少し不機嫌です。

カレル「どこに行って来たんだ?ピクニックか?」

そなたは私の妻になる人だと、彼は目を閉じて真面目に言うのです。

リリアン「今日私、素敵なものに目いっぱい会ってきました」

カレル「何だと!?」

思わず起き上がってしまいます。

リリアンは私の貞淑を疑われているのだろうかと思いながらも、とっても瑞々しくて若いものだけを厳選して会って来たんだと嬉しそうに話を続けるのです。

リリアン「どれも皆可愛くて~」

その言葉にカレルは、かなりショックを受けています・・・。

\ 全話更新中! /

その結婚、私がしますのネタバレ一覧

その結婚、私がします【第7話】の感想

ちょっとお笑い要素が入ってきました。

「その悪女に気をつけてください」みたいな感じですね・・・。

そして皇帝の名前を「カレル」にしました・・・。

ちゃんと登場人物の説明がなかったので。

ですがリリアンはちゃんと皇帝陛下との結婚を考えており、兄の制止も振り切りました。

確かにプロポーズは微妙でしたが、悪い人ではなさそうですよね。

 

そして侍女長のヘナは、二人をちゃんとくっつけようと必死です!

きっと他の侍女たちも必死に繋ぎとめようとしてくるでしょう。

リリアンはこれからどう彼の前で行動するのでしょうか?

まとめ

以上、ピッコマで配信中のその結婚、私がします【第7話】のネタバレをご紹介しました。

その結婚、私がしますはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク