ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第7話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第7話】のあらすじ・ネタバレ

    中世ファンタジーの小説は、男尊女卑の思想が強い。

    ゲームの世界で女はヒーラーを、男はアタッカーを選ぶのが当然だという偏見みたいなものです。

    それは、この小説でも同じなのですが。

    中でもメリッサの父である公爵は、ずば抜けて差別意識が強い人なのです。

     

    子供がひねくれるのには理由があります。

    長女メリッサに対して、愛情どころか関心さえ見せなかった公爵ですが、長男ジェイクに対しては、留学に行かせたり惜しみない愛情を注いで育てました。

    メリッサは自然とそんな父親を恨むようになり、二人はろくに話したこともない親子関係になりました。

    応接間の準備をする公爵

    公爵の部屋の前で睨み合う二人。

    公爵は何も言わず、その場を去ろうとします。

    メリッサ(ん?)

    自分の声が聞こえなかったのだろうか?独り言だとでも思われたのだろうか?

    メリッサ(わざと無視してるならムカつくけど)

    怒りを出さないように抑えながら、公爵様!と呼びました。

    メリッサ「私も長話する気はさらさらないです。ただ大事な話なので、少しだけでも聞いてくれません?」

    すると公爵は足を止め、メリッサの方を向きました。

    公爵「何?」

    メリッサ「もうパパッと本題に入ります」

    そして話をしようとしたところで、公爵が止めました。

    公爵「大事な話を今ここで?」

    こんなところで大事な話など持ってのほか、用意させるから応接間まで来るようにと表情を変えずに言いました。

    メリッサ「そこまでしなくても・・・」

    ですが一瞬の隙に、公爵は見えなくなってしまいます。

    どうした?まあ言っていることはわかりますが、わざわざ用意なんてする必要はないとメリッサは思うのです。

    破談にしただけなのにと苛立ってきます。

    あっ!さては・・・、目もあわえたくない娘の顔にぶっかける水の用意でもするのだろうか・・・?

    そんな想像をしていると、公爵の姿が少し見えました。

    公爵「・・・5分。いや、10分後に来ること!!」

    まるで睨みつけているかのような目でメリッサに言い、頷くとまたすぐにいなくなってしまいました。

     

    謎過ぎる・・・。

    これでは皇太子を暗殺する前に、公爵に殺されてしまうかもしれない!!

    思わず、ゾクッとしてしまうメリッサ。

    それにまた応接間です。

    場所を考えるだけで、また一波乱おきそうだと身構えます。

    スポンサードリンク

    ラブリーな装飾で待ち構える公爵に・・・

    10分経ち、応接間のドアをノックします。

    公爵「入りなさい」

    そして部屋のドアを開き入ろうとすると・・・

    メリッサ「公爵さ・・・まっ・・・!?」

    部屋の中はピンクや白の風船、可愛い飾りで装飾されているのです。

    メリッサ「あの・・・隠し子のお誕生日会でも開きました?」

    公爵「ふざけたことを。ポジェブラドは3人家族じゃないか」

    それならこのラブリーな装飾はなんなんだ!?というか公爵が冷静過ぎて気になります。

    まず座るように言われますが、目の前にいる公爵はピンクの礼服に着替えているのです。

    ですが怖い顔とのギャップで怖さは500%アップ・・・。

     

    メリッサ「公爵様!頭でも打ちました?何その格好、超ウケる」

    変です~、怖いです~と言いたいところですが、ここは我慢できました。

    ソファーに座りメリッサは口を開きます。

    メリッサ「えーっと、要点だけお伝えして、さっさと失礼しますね」

    公爵「紅茶とスイーツもあるのだぞ」

    沢山準備されたケーキやお菓子がありますが、お気遣いなくとメリッサは苦笑いをしました。

    メリッサ「早速お話させていただくと・・・」

    公爵「この紅茶は若者たちの間で人気だそうだ」

    これは、話を一つも聞いてないと苛立ってきたメリッサ。

    いきなり紅茶の話をするのもおかしく感じます。

    まさか毒入りなのでは・・・?

    そして侯爵を見てみると、彼はブラックコーヒーを飲んでいるのです。

    この紅茶は飲んでもいいのだろうか・・?

    メリッサは恐怖で手が震えています。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第7話】の感想

    面白いシーンが多すぎて、どこから説明したらいいのか・・・(笑)

    ギャグ満載ですし、あの睨みつけるような目でひっそり準備していると思うと・・・。

    なんだか公爵可愛くないですか?

    娘に大事な話があるからと呼び出されただけなのに、応接間に可愛い風船や装飾、ましてや自分もピンクの礼服に着替えるなんて・・・。

    実はメリッサのこと、大切に思っているとか??

    急に態度を変えられて、どうしたらいいのかわからないメリッサは、紅茶を飲むのでしょうか!?

    はたからみると、娘とのティータイムを楽しもうとしている父にしか見えないので、毒なんか入ってなさそうですが・・・。

    ここで上手く婚約破棄に向けて進めることができたら、メリッサにとって良いことづくしですね!

    あの、発情期の犬のような皇太子とはおさらばです~!

     

    もともと関係の悪かった二人。

    この時間で、少しでも距離が縮まるといいですね・・・。

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第7話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク