ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第62話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第62話】のあらすじ・ネタバレ

    ピーコックに金で抱き込まれたか元から味方だったのかは謎ですが、この家に奴の回し者がいることは予想していました。

    そう確信したのは、今まで奴があまりにも静かだったから。

    ピーコックが黙っているはずがないと、メリッサは確信していたのです。

    いくら猫かぶりなアイツでも、さすがに静かすぎると感じていました。

    前に対決した時、奴のプライドに全治三週間の傷を負わせたメリッサ。

    普通の人でも激怒するくらいの出来事だったのに、アイツがなにもしてこないのはおかしい!

    一応は男主人公のうちの一人ですし、何もしなくてもメリッサたちの状況は把握しているでしょう。

    一度のチャンスを虎視眈々と狙い確実に仕留めることこそが、彼が富豪になれた秘訣なのですから。

    メリッサ「でも証拠がなかったから、確信を得るために罠を仕掛けたの」

    三人に、金鉱というのは実は嘘でそこはナインが何日もかけて捜した場所だと言うことを伝えました。

    傭兵と戦うノクス

    その金鉱は、メリッサとナインしか知りませんでした。

    なのにピーコックはすぐにそこを占領し始めたのですから、金鉱の話を始めてした食事の時間に回し者がいたということ。

    ヨナ「あの場にいた使用人はたしか・・」

    するとヘイニーが思い出します。

    その場にいたもう一人の使用人は、メリッサが走るのを止めていたメイドのベリンダです。

    ヘイニーはあんなにやさしい人がそんなことをするはずがないと言いますが、回し者は性格で選ぶものではないんだとメリッサは落ち着いて話します。

    ヨナ「では、この前の話も回し者をあぶりだすためのものですか?」

    メリッサ「いや、あれは今後のために言っただけよ」

    二人の会話を聞きながら、ナインが不思議そうにしています。

    そしてメリッサに、この前の話とはなんなのかと聞いたのです。

    ナイン「僕は金鉱を探せという話しか聞いてません」

    落ち込んでいる様子のナインの言葉と視線で、メリッサは思い出しました。

    ヨナとヘイニーには先に話しましたが、ナインに話すのを忘れていたのです。

    それはまるで、いつメンが自分抜きで旅行に行っていたことを知った時の眼差し・・・。

    ちゃんと言おうと思っていたと言い訳をしましたが、三人は完全に忘れていたのだろうなと気づいているのです。

    メリッサの機嫌取りは失敗に終わりました・・・。

    スポンサードリンク

    明らかに拗ねているナイン

    ナインと二人になったメリッサは、彼に拗ねたのかと聞きました。

    すぐに「いいえ」と即答するナイン。

    即答の具合から見て拗ねてそうだと聞きましたが、拗ねてないと彼は言うのです。

    だって、その代わりメリッサに目も合わせてくれないのです。

    メリッサ「ナイン・・・ごめんね。わざと黙っていたわけじゃなくて、あの二人には元から別で話すつもりだったの」

    そしたらついうっかりしてしまったんだと言うと、大丈夫だから心配しないでとナインが言いました。

    彼は理解しようと頑張ってくれているようですが、もじもじしている手の動きからしてまだいじけているようです。

    こういう時は、食べ物で機嫌を取るのが一番!

    メリッサ「美味しいもの奢ってあげる。だから機嫌直して?」

    するとナインの耳が少し立ちました。

    そういえばナインの好きな食べ物はなんだっけと聞いてみますが、彼はメリッサが買ってくれるものならなんでも好きだと答えたのです。

    「何でも」という食べ物はないとメリッサがもう一度好きな食べ物を聞きました。

    正直に言わないと奢ってあげないと言うと、ナインは驚いた表情で本当だと訴えかけます。

    ナイン「僕は本当にメリッサ様が買って下さるものなら・・・」

    涙目になっていくナインを見て、メリッサは微笑みました。

    メリッサは信じるから大丈夫だと言いながら、彼の頭を撫でたのです。

    そして話が終わったら食べに行こうと言うと、ナインは顔を真っ赤にして俯いています。

    メリッサ(子ども扱いしすぎたかな。気づいたら撫でてる・・・控えなきゃ)

    そう思いながら手を引き、本題に入ります。

    メリッサの計画

    メリッサはナインにお願いしたいことがあると話し始めました。

    ここ最近、闇市で毒薬を買った人の中に「クジャク」か「ピーコック」と関わりのある人物がいないかを探して、その毒薬が何なのか調べてほしいとお願いしました。

    ナイン「え・・・?」

    メリッサは微笑みながら不思議そうにしているナインに、鉱山を奴に占領させて回し者を追い出さないのはどうしてなんだと思うかと聞きました。

    メリッサ「ピーコックが私を殺すように仕向けるためよ」

     

    小説にも出てくるピーコックの「メリッサ殺害計画」。

    金銭面だけでもユーリに勝とうとメリッサは無理に事業を起こしますが、大富豪である奴のせいですべて失敗してしまうのです。

    家名を汚すと非難を浴びたメリッサは、ピーコックとユーリを恨みどうにかして邪魔しようとします。

    ユーリに嫌がらせをしているメリッサが癪に障ったピーコックは、愛情がなければ殺しもしないという自分のルールを破ってまで殺そうとしたのです。

    ですがピーコックは、「キミは私に二度もルールを破らせたよ」と言いながら微笑み、メリッサ毒殺を諦めたのです。

     

    ため口で話す姿がかっこいいとネットで読者が騒いでいましたが、今考えればただの生意気野郎だと思い出してため息をつきました。

    メリッサ「もちろん本当に死にはしないわ。だからって未然に防止するだけってのもつまんないし」

    ナイン「メリッサ様」

    ですが呼ばれていることに気づかず、いい機会だと言いながらメリッサは微笑んでいるのです。

    物語の影響力が大きいこの世界では、大人しくしていれば死ぬことはないでしょう。

    ですが、それだけではダメなのです。

    この機会にピーコックをユーリから引き離し、お金もちょっと貯めておこうと考えています。

    公爵令嬢の毒殺未遂なんて、かなりの重罪なのですから・・・。

    数々の不法行為を金で解決してきたピーコックも、今回ばかりは逃げられないでしょう。

    そしてメリッサは多額の賠償金を手にするのですから、そのためにも奴を極限までイライラさせなければなりません。

    メリッサ「ユーリさんに解毒魔法をお願いしたけど、何の毒を盛るのかわかんなくてさ」

    「さからそれを調べてちょうだい。現行犯で逮捕するには私が毒を」

    ナイン「メリッサ様」

    よく見ると、ナインの表情は怒っているようにも見えます・・・。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第62話】の感想

    そりゃあナインは怒りますよ!!

    ヨナはよくOKしましたよね・・・。

    一番怒りそうな感じがしましたが。

    この計画でピーコックを痛い目に遭わせることはできるかもしれませんが、メリッサは危険な状況になります。

    ユーリの魔法でいいのか?突っ込みたくなりますが・・・。

    あれだけ心配しているナインですから、メリッサをこんな危険な目に遭わせたくはないでしょうね。

    にしても、回し者があのメイドだったなんて。

    まだ確定ではないですが、怪しい。

    もしこれがヘイニーの嘘を暴くとかだったら、また驚きだなぁなんて考えてしまいました。

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第62話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク