ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第6話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第6話】のあらすじ・ネタバレ

    帰りの馬車の中で、暗殺しようと考えているメリッサの表情は狂気に満ちています。

    暗殺は、考えに考えた末に出した結論です。

    決して私情を挟んで出した結論ではありません。

    確かにさっきは婚約者にバカにされて、皇宮から半強制的に引きずり出された挙句、御者に「またか・・・」っていう目で見られていたのです。

    極めて理性的だ。

    あんな奴が即位すれば・・・、帝国なんて簡単に滅びてしまいます。

    政治はめちゃくちゃにしといて国民の前では・・・

    イアン「私の事を愛してるだろう?」

    なんて輝いた表情で言い出しそうです。

    後にユーリと出会い改心するにしても・・・。

    メリッサ(いや待てよ。今の皇太子は、ユーリでさえも拒むレベルだわ)

    メリッサの脳内では、全力で拒否するユーリの姿が浮かんでいます。

    イアンをどうしようか・・・

    イアンはたまにメリッサに優しくすることもありました。

    主に人が多くて互いに避けられない場所でそうしてきたのです。

    目が合うと輝くような表情でメリッサを見つめるイアン。

    その微笑みでずっと勘違いをしていましたが、奴は紳士なフリをして彼女を避けていました。

    そんな詐欺師と天使のユーリが・・・?

     

    また怒りが込み上げてくるメリッサ。

    メリッサ「やっぱり暗殺よ、暗殺しかない」

    悪女の手にかかれば暗殺なんて朝飯前!

    さてどこに依頼しよう・・・

    相手が皇太子なだけにここは慎重に考えようとします。

     

    すると馬車が止まりました。

    御者はドアを開け、笑顔でつきましたとメリッサに案内します。

    メリッサ「やっぱ切るしかねぇ」

    御者「はい?」

    メリッサ「頭をぶった切って・・・いやいや、手足を処理して死体を・・・」

    親指の爪を噛みながら計画を立てているメリッサは、もう怖い以外の何物でもありません。

    御者「ヒィッ」

    ブツブツと一人でつぶやいていましたが、途中でドアが開いていることに気づきました。

    メリッサ(あれっ、いつ着いた)

    あらやだ、ついてたのね~と言いながら冷静を装い馬車を降りますが、支えてくれている御者の手が震えていることに気づきました。

    メリッサ(なんで震えてるの?)

    すると彼はソワソワしながらメリッサに声をかけ・・・

    「そ、その・・・!人にしても何にしても、切るのはどうかと!」

    言っちゃったー!!と思いながらはっきりとメリッサに言います。

    彼が心配しているのかもしれないと感じ取ったメリッサは、微笑みます。

    そしてあなたじゃないから安心してということで笑顔を見せるのですが、その表情が何かを企んでいるかのように怖くてたまらないのです。

    「ぼ、僕には愛する妻と娘がいるんです!!どうか命だけは!!」

    笑ってあげただけなのに怯えている彼を見て、メリッサは呆然と立ちすくんでしまいました。

    スポンサードリンク

    父をナンパするかのように呼び出すメリッサ

    父の書斎をノックして、ちょっとお時間いいですか?と声をかけるメリッサ。

    父は「うむ」とだけ言い、こちらに来てくれました。

     

    ポジェブラド公爵は身長が高く、168センチあるメリッサでも見上げて首が痛くなるほどの高さです。

    メリッサ(私も背は高いけど、この人を見上げると首が痛くてしょーがないわ)

    そして彼の険しい顔つきは、メリッサそのものです。

    数ある特徴のなかでも最もそっくりなのが・・・、偉そうなこの態度。

    父「・・・お前が、何の用だ」

    明らかに気に食わなそうな表情をしています。

     

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第6話】の感想

    暗殺!?まさか暗殺の計画までになるとは・・・(笑)

    それだけ腹が立ったのでしょう・・・。

    本当に暗殺までは行かないとおもいますが、この独り言を聞いてしまった御者からしてみれば、恐怖しかないですね。

    私でも怖くて仕方がないです。

     

    父を呼び出し、何かお願いをするのでしょう。

    それは婚約破棄のことなのか、暗殺のことなのか・・・。

    どちらにしても冷たい親ですから、協力してくれるのかはわかりません。

    もしかして、スナイパーである兄の行方をさがしているとか!?

     

    いろんな漫画を読んでいますが、これからの展開に期待です!!

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第6話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク