ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第58話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第58話】のあらすじ・ネタバレ

    そう思われても仕方がないくらいに、身勝手な振る舞いをしてきたんだなと、イアンはメリッサに言いました。

    彼はようやくわかったそうで、自分の愚かさに気づいたからには変わった姿を見せられるように努力すると、真剣です。

    自分勝手なビビりのことだから、メリッサの言うことなんて聞き流すと思っていました。

    感情的になって吐いた言葉ですし、彼が変わるとも期待していませんでした。

    狩り大会の時から変だとは、メリッサも感じてましたが・・・。

    イアンはメリッサに感謝していると本気で言っているのです。

    イアン「あのティアラも大事にしてるぞ」

    そう言われたメリッサは、思わず吹き出してしまいます。

    なんで大事に持っているんですか?と聞くと、道義に反しそうになったときにはそのティアラをみて心を改めようとしているのだそうです。

    イアン「そして確かに、なかなか似合っている気もしてね」

    その言葉にメリッサは、「は?!」と驚いた表情を見せます。

    もうすべてが怪し過ぎる・・・、そう思って頭を抱えました。

    「狂いそう・・・」とジェイクがつぶやいたような気がしましたが、メリッサは嬉しそうに微笑んでいるイアンを見て、思わず笑ってしまいます。

    二人が仲良さそうに微笑んでいると、凄い勢いで銃を突き付けてきた人がいます。

    ジェイクは手に取った銃を、皇太子であるイアンに向けたのです。

    ジェイク「選んだぞ」

    弟は給料泥棒

    急に銃を突き付けてきたので、イアンとメリッサは驚いています。

    イアン「あ・・・あぁ、この銃にするのか」

    するとジェイクは、この銃以外全部だと言い出したのです。

    メリッサ(アタマダイジョウブ!?)

    さすがにそれには、イアンも冷や汗をたらしています。

    イアン「ジェイク・・・冗談だろう?」

    ジェイク「本気だけ・・・」

    そしてメリッサは、もちろん冗談だと言いながらジェイクの口をふさぎます。

    メリッサ「これ一つで十分ですから!!」

     

    こいつ・・・、冗談でも言っていいことと悪いことがあるのに、なにを言っているんだとメリッサは焦ります。

    パッと見ただけでも貴重そうな銃しか置いておらず、家門ごと皇室の奴隷にでもなろうというのだろうか!?と感じたのです。

    イアン「ジェイクは冗談を言うような男ではないが・・・姉さんの前だと変わるのだな」

    苦笑いをしているイアンですが、メリッサは思いっきり怒りに任せてジェイクを振り回します。

    メリッサ「とにかく助かりました。これで弟も皇宮に出勤できますね」

    ジェイクは明らかにふてくされているのです。

    するとイアンは、ジェイクは今まで一度も出勤してきたことはないと答えました。

    まさかの言葉に固まってしまったメリッサですが・・・、イアンは好きな時に来ては好きな任務だけこなして去るんだと話すので、本当のことのようです。

    自分の弟は給料泥棒だったんだと、ここで気づきました。

    メリッサ「あ・・・、なんか・・・すみません・・・」

    イアン「慣れているから気にしないでくれ。若くして暗殺という仕事に就いていること自体大変だろうに」

    ジェイク「うざっ」

    彼のその一言で、メリッサの怒りは爆発。

    思いっきり殴り、皇宮から出ることにしました。

    スポンサードリンク

    ジェイクが「姉さん」と・・・?

    街に出て、メリッサはどうしたのかとジェイクに聞きました。

    ですが彼はしらばっくれて、何も言わないのです。

    二人の友情が壊れてしまう前に、メリッサは弟が持っていた銃だけを貰い皇宮から出ました。

    メリッサ「皇太子はあんたの友達でしょ?喧嘩でもしたの?」

    それでもジェイクは何も答えません。

    もう知るか!どうにでもなれ!と思ったメリッサは、思いっきりため息をつきました。

     

    街を歩いていると、ふとお店に置いてあるリンゴに目が留まります。

    この世界でもリンゴは真っ赤で綺麗だと感じ、連想ゲームを頭の中でしていると・・・。

    目の前にその真っ赤なリンゴが現れたのです。

    メリッサ「え・・・」

    ジェイクがリンゴを持っていたので、まさか盗んだのでは?と聞きますが、彼はちゃんと買ったんだと答えます。

    ですがどうしていきなりなのか、彼にリンゴが食べたかったのかと聞きました。

    ジェイク「お前が・・・」

    小さな声で呟いたのでメリッサにはよく聞こえず、なんて言ったのか聞き返します。

    ジェイク「姉さん・・・が・・・」

    姉さんと言われて背筋がゾクゾクとしてしまったメリッサ。

    メリッサ「ね・・・姉さん?」

    ジェイク「黙れ」

    そして彼は、黙って食え!と強制的にリンゴを渡すのです。

    それはなんでなのかというと、メリッサがリンゴをずっと見ていたから・・・。

    ジェイクがなんでイライラしながらそう話すのかわかりませんし、まともに会話が成立しません。

    メリッサ「毒入りとか?白雪姫なの?」

    そして食べたくて見ていたわけではないとメリッサが言うと、不機嫌そうに睨みつけてリンゴを投げつけます。

    メリッサ「あら、食べ物を投げるなんて」

    ジェイク「・・・ごめん」

    素直に謝ったジェイクを目の前に、衝撃が走ります。

    いきなりお利口になられると、何か恐怖を感じてしまうのです。

    銃を壊したお詫びに買ってあげようとしたのも失敗しましたし、今日は大人しく付き合ってあげようと思い、彼に提案をしました。

    メリッサ「ジェイク、食べたいものある?」

    一瞬驚いた様子のジェイクでしたが、すぐに恥ずかしそうにしながら「焼き鳥」だと答えます。

     

    そして二人は街を歩きながら食べ物を食べ、なんだかんだ楽しんだ様子です・・・。

     

    自分らしく生きる

    家に帰りつき、メリッサはドアに「休憩中」と張り紙をしました。

    疲れたと言いながら思いっきりベッドにダイブします。

    遊んでいたら空は真っ暗になり、あっという間に時間が過ぎてしまったのです・・・。

    そう言えばジェイクが、「破談、いいと思う」と言っていたことを思い出しました。

    何かが変わってきており、いい方向に向かっているのかな?とメリッサは感じています。

    ただ勝手にやっているだけなのですが、物語を変えたことで何かのしわ寄せがきているのかもしれないと考えてしまうのです

    メリッサ「あぁ!もう知らん!!」

    どうなろうと知ったこっちゃない、男が絡むとろくなことがない!!と大声を上げたのです。

    メリッサ自身は、自分らしく生きると決めたのですから・・・。

     

    夜中、メリッサの部屋の窓に小さな光が舞っています。

    空に浮かぶ人の足(?)が見えているのです・・・。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第58話】の感想

    メリッサとジェイクの関係が!!!

    かなりの変化でイアン以上に驚きです!!

    姉さんと呼んだこともですが、何より優しくなっている・・・。

    彼なりに変化があったのでしょうが、理由は?

    なんだか気持ち悪いだけで、はっきりしませんでしたね(笑)

     

    メリッサの部屋に誰かがやってきました。

    人間でないことは確かです!

    これってユーリに話しかけていた・・・?

    メリッサが自分らしく生きていけない可能性が出てきましたが、なんとか頑張ってほしいです!!

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第58話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク