ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第47話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第47話】のあらすじ・ネタバレ

    物語を知っているメリッサでも、発生する物事をすべて未然に防ぐのは不可能です。

    つまり何かしらの物事は”必然的に”起こるという事・・・。

    男主人公がユーリに恋したり、お祭りや大会が開催されることだったり様々です。

    そしてそんな物事には、悪役がつきものなのです・・・。

     

    早口で説明したメリッサ

    バタバタとしているポジェブラド家。

    ジャックも急いで屋敷の中に運ばれていきます。

    父「何の騒ぎだ」

    そう言われたメリッサは、疲れているからパパっと説明しようとため息をつきました。

    メリッサ「前に我が家を襲った狼人間を私が倒してしまったのですが、ポジェブラド家の一員たるもの放っておくわけにもいかず連れてきたんです」

    いつもよりも2倍速で説明をしました。

    父は狼人間と聞いて、不思議そうにしています。

    メリッサ「それと抜け殻状態で部屋にこもってる息子さんのことですが、大切なものを失いガックリしているので、そっとしておいてください」

    父は大切なものと聞いて、更に訳が分からず表情が曇ります。

    メリッサ「狩り大会は無事に終わったのでご心配なく。こちらはお客様のエリザベス男爵家のユーリさんです」

    もちろんここも2倍速で、隣にいるユーリを父に紹介しました。

    狼人間が問題を起こした場合は、メリッサが責任をとるとのことです。

    メリッサ「報告は以上です、では失礼します。みんな行くわよ」

    ヨナ・ナイン「はい、お嬢様」

    後ろで待っていたヨナとナインに声をかけ、そそくさと部屋に戻っていきます。

    父「なっ・・・待て!その執事って喋れたのか?メ・・・メリッサ?」

    ですがその質問に返事をすることなく、メリッサはいなくなってしまうのです。

    イヤな予感

    ナインが喋れるようになった説明は分身がいればしてもらいたいほどに、メリッサは凄く疲れています。

    メリッサ「お風呂!」

    乱暴にドアを開け、さっさと服を脱くので、ナインが恥ずかしそうにしています。

    メリッサ「風呂が私を呼んでるわ!」

     

    お風呂につかりながら、いい湯だと思わず口からこぼれてしまいました。

    ヨナ「いい湯だなんて・・・レディに相応しくない言葉遣いですね」

    メリッサ「だっていい湯なんだも~ん、気取ってるよりマシじゃない?」

    とても気持ちよさそうに、メリッサはお風呂に入っています。

    急がなくても何か起きるわけでもないですし、やることがまだまだ山積みなのでしっかり休んでおこうと、ゆっくりお風呂に入ります。

    ですがもっとちゃんと考えるべきでした。

    「私」が憑依してから、物語の展開が変化していることを・・・。

    そして、幸運の女神は笑顔で人を裏切るということを。

     

    お風呂から上がったメリッサは、ユーリがいないとの報告を受けました。

    メリッサ「トイレじゃなくて?」

    ヘイニー「そう思ってお手洗いも探したんですけど、いらっしゃらなくて・・・」

    なんだか嫌な予感がしてきました。

    いつからいないのかと聞くと、それがわからないそうです。

    メリッサと別々になった後からは見かけていないとヘイニーは言いました。

    そうなると正門の時点でいなくなったも同然・・・。

    庭で蝶々なんか追いかけているはずなんでないでしょう。

    メリッサ「ナイン、私と一緒にユーリさんを捜しに行くわよ」

    「ヨナとヘイニーは他の使用人に聞いて回ってちょうだい」

    そしてみんなでユーリを捜しに行きました。

    スポンサードリンク

    悪役の登場

    ナイン「メリッサ様おかしいです。お姿どころか痕跡すら見つかりません。まるで神隠しです」

    メリッサ「そうね・・・」

    あの展開ではないと祈っていたのですが・・・、もう一度庭に言ってみようとナインに言いました。

    今は狩り大会のシーズンなのに、この展開は早すぎると何かに気づいてはいるのです。

    自分のせいで物語の内容だけでなく、時間までもがブレてしまっているのだろうか・・・?

    メリッサは不安になります。

    メリッサ(それにしても、庭、静かすぎない?)

    するとナインが何かに気づきました。

    ナイン「メ・・・メリッサ様。何ですかあれ・・・」

    メリッサ「え?なんのこと?」

    そこにいたのは、メリッサの愛しのマイエンジェル!愛犬のリエーフです。

    ジェイクの100倍お利口なメリッサの息子は、奴がいなかったら家の中で飼いたいくらいなのです。

    メリッサ「何って私の愛犬リエーフじゃない」

    ナイン「リエーフ・・・ですか?」

    そう言いながら彼は後ずさりをしています。

    ここで半年も働いているのにリエーフを知らないわけはないですし、もしかするといつもと何かが違うのかな?とメリッサはリエーフを見つめました。

    メリッサ(確かに、何か足りないような・・・)

    見つめていると、首輪がないことに気づきます。

    使用人たちが怖がるのでつけていましたが、誰かが外したのでしょうか?だとしても一体誰が?

    「あ~あ、あと少しだったのに。手を伸ばしてきたら噛みついてやるつもりだったんだが」

    急にリエーフが喋り出し、メリッサは驚きます。

    「どうした、コイツの飼い主だろ?そんな露骨に嫌がられると悲しむだろうに」

    喋っているリエーフを目の前に、どういうことなのか全く理解ができません。

    メリッサ「あんた誰」

    どうかあいつじゃありませんように・・・と祈りながら、聞きました。

    「教えたところでわからないだろ?」

    喋りながら笑っているリエーフを目の前に、メリッサは構えようとしましたが、剣を持ってくるのを忘れていました。

    そっとナインの腕を掴みますが、彼は少し震えています。

    メリッサ(・・・しっかりしなきゃ)

    偽物のリエーフなのか乗り移られているのかはさっぱりわかりません。

    前者ならすぐにやっつけるのですが、後者ならマイエンジェルを失ってしまうかもしれないのです。

    そして私の愛犬に何をしたのかと、メリッサは聞きました。

    「心配するな。ここに侵入するために少し体を借りただけだ」

    「運よくこの犬に尊い狼人間の血が少し混じっててな」

    それを聞いたメリッサは、唇を噛みました。

     

    魔法にそっくりな彼らの「呪術」、そんな中でも奴は最も優れた呪術の使い手でした。

    好奇心が非常に強く、自分より下のジャックに好きな女ができたと聞き、面白そうという理由だけでユーリを誘拐した人物。

    「魔術師の屋敷からあの女をここまで連れてきてくれて感謝してるぞ、メリッサ・ポジェブラド」

    おかげで助かった、エリザベス男爵の加護がなければあの女はどうってこのもないと言うのです。

    メリッサは黙るように言いますが、リエーフの体を借りている奴は「よく聞け」とメリッサたちを睨みつけてくるのです。

    「お前の姫はさらった、ジャック・フォトン。メリッサ・ポジェブラド・・・そして、ナイン・フォトン」

    「姫を助けに来い」

    さあ、悪役の登場です・・・。

     

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第47話】の感想

    父とのシーンがとても面白かったのですが、とりあえず置いといて・・・(笑)

    まさかのユーリがいなくなってしまいました。

    誘拐した犯人は、狼人間の仲間なのですね。

    ですがジャックやナインをよく思っていない相手・・・。

    このまま戦いたいところですが、そんなことをするとメリッサのマイエンジェルが怪我をしてしまいます!

    そしてナインも震えているので、きっと恐怖を感じる相手なのでしょう。

    メリッサは何か対抗することができるのでしょうか・・・。

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第47話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク