ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第46話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第46話】のあらすじ・ネタバレ

    山のように積まれた獲物の上にいたのは、ジャック・フォトンでした。

    そういえば彼にも参加資格はあり、帝国はフォトン家も貴族家と同等であると認めているのです。

    ですが小説では狩り大会に参加していませんでした。

    ジャック「それにいいにおいの女の子と、その隣にいるヘンテコ茶狼はナインだろ?」

    「久々に会えて嬉しいぜ。俺をほっぽって今までどこに行ってたんだよ」

    彼は上から降りてきて、この前のクソみたいなお茶会の文句も言いました。

    ジェイクのモニカが・・・

    誰も動こうとしない状況。

    狼人間の機嫌を損ねればタダでは済まないので、そりゃそうです。

    長い歳月の間、領地を守り続け生き抜いてきた異種族ですから・・・。

    メリッサ「そっちこそ姿が見えないからくたばったのかと」

    ジャック「くたばりかけたさ。暇すぎて」

    魔術師の家は屋敷にはちっとも近寄らせてくれず、ポテトラテ家(ポジェブラド家のこと)もいきなり警備を強化しやがってと文句を言いだしました。

    すると狩り大会があると聞き、首長の許しを得てここに来たのだそうです。

    メリッサ(それって、私たちのこと探ってたってことじゃん・・・)

    そしてジャックに、大人しく森に入ればいいのにどうして何度もやられに来るのかと聞きました。

    ジャック「なっ・・・やられるかどうかは、すぐにわかるさ!」

    そう言って、メリッサ目がけて向かってきます。

    ギリギリのところで避けたメリッサは、手に持っていた物で思いっきりジャックを殴りました。

    メリッサ(く・・・砕けた!?)

    剣だと思って彼に振り下ろしたものは砕け、ジャックは地面に叩きつけられています。

    一撃で気絶しているジャック・・・。

    メリッサ(剣を犠牲にしてあいつをやっつけ・・・えっ?なんで剣あるの!?)

    腰にはちゃんと剣が刺さっています。

    では、木っ端みじんになったものは一体・・・!?

    ジェイク「銃・・・」

    メリッサは手に持っていた物が、ジェイクの銃だったことを思い出しました。

    ジェイク「俺の銃ぅぅぅ・・・」

    「モニカがバラバラに・・・」

    名前まで付けてたんかい!と突っ込みたくなりましたが、彼はバラバラになった銃を目の前に涙を流しています。

    男主人公のアイテムだから、狼人間を倒せたのだとここで気づきました。

    メリッサ「えっ・・・と」

    ジェイク「あぁっ・・・」

    メリッサ「ホンットごめん!わざとじゃないの、新しいの買ってあげるから・・・」

    ジェイクは涙を流しながら震え、モニカの代わりなんていないんだとメリッサに怒りを表しました。

    メリッサはユーリにどうにかならないかと聞きましたが、すぐに謝られてしまいます。

    ユーリ「その銃は神の加護を受けたものなので、見た目は元に戻せても性能までは・・・」

    「正直、狼人間の頭と衝突して壊れたので、見た目を戻すのも・・・」

    メリッサは納得はしていますが、悔しそうな顔をしています。

     

    スポンサードリンク

    まともなイアン

    この世界の神は心が狭く、信仰心のない狼人間を嫌っているのです。

    目の前には気絶した狼人間。

    隣には銃が壊れてガチ泣きしている弟・・・。

    後ろには人に変わるタイミングを逃した犬のフリをするナイン。

    そして、驚いた顔で見てくる貴族たち!!

    お願いだから誰が、全部夢だと言って欲しいのです。

     

    すると口を開いたのはイアンでした。

    イアン「レディ・ポジェブラド」

    メリッサ(げっイアン・・・。今日はどんな呆れ話を披露するつもり・・・)

    ですがイアンはいつもと様子が違います。

    イアン「疲れただろう。皆も疲れているだろうし、今回はこれにておしまいだ」

    優勝者は後日知らせるとし、不在の陛下に変わって大会終了の宣言をしたのです。

    本来であれば授賞式と披露宴があるのですが、皇太子はそれらを全て中止するという意味の発言をしました。

    メリッサ(まさか・・・。私への気遣い?”あの”イアンが?)

    イアン「そして今日起こったことは口外しないで欲しい」

    「フォトン家には私の方で連絡するから、レディが望むならジャック卿は皇宮へ送るとしよう」

    公爵家の令嬢を攻撃しようとしたからと彼は言いますが、メリッサにはいきなりどういう風の吹き回しなのか見当もつきません。

    メリッサ「あ・・・ありがとうございます。ですがジャック卿は私が制圧できますので、私が連れて帰ります。どうか馬車を貸していただけませんか?」

    馬車であれば自分の家に頼んで呼べばいい話ですが、大勢の前で皇太子の顔に泥は塗れません。

    イアンの怪しい配慮も、イヤには感じないのです。

    イアン「もちろんだ、できることは手伝おう」

    メリッサ「ありがとうございます、陛下」

    悩みが尽きないメリッサ

    帰りの馬車には、倒れたままのジャックと落ち込んだままのジェイクが一緒です。

    ヨナを呼び、知り合いに武器商人とかいたりするのかと聞いてみました。

    ヨナ「いますけど何か?」

    メリッサ「?」

    頭を整理したくて適当に言ってみたのですが、もっとごちゃごちゃになってしまいます。

    ユーリ「あのメリッサ様」

    「万が一、あの狼人間が目を覚まさなければフォトン家が襲ってくるかもしれません。主治医として私もご一緒していいですか?」

    メリッサ「もちろんです!」

    本当に助かると、メリッサは涙を流しました。

     

    ひとまず安心しましたが、まだ問題は山積みです。

    神の加護を受けた銃をどう入手して、ジャックはどう片付けようか、メリッサは考えています。

    ですが彼女はこのときはまだ知りませんでした。

    こんな悩みなど後の出来事に比べれば、可愛いものだったことを・・・。

     

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第46話】の感想

    ええ!?何が起きるのでしょうか?

    今でも結構めんどくさそうな状況なのに・・・。

    フォトン家が襲ってくるとか?

    それともまたピーコックが現れるのでしょうか?

    イアンの変化も気になりますよね、なんか怪しい(笑)

    ひとまず狩り大会は終わりジェイクは大人しくなったので、よかったのでしょうが、モニカが・・・。

    メリッサのことなので、なんとかはするでしょうね!

     

    大きな問題が起きないといいのですが・・・。

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第46話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク