ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第41話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第41話】のあらすじ・ネタバレ

    メリッサ「皇帝うんぬんの前に、私達はみな同じ人間ですよ。もちろん女性だって同じです。人の事を物のように扱っておきながら、皇太子ってだけで誰からも非難されないと思ってます?」

    呆然と立ち尽くすイアン。

    メリッサは、人を丁寧に扱うようにお願いしました。

    メリッサ「悪女だから傷つかないだろうとか、聖女なら何でも受け入れてくれるなんて偏見は捨てて、国務を全うしてください」

    イアンは少し悔しそうな、恥ずかしそうな表情に見えます。

    イアンにはっきりと物申す

    イアンは現皇后の侍女の息子です。

    長男ですが嫡子ではないのです。

    皇帝に溺愛され皇太子の座に就いていますが、現皇后の息子である第二皇子や第三皇子も皇太子の座を狙っているのです。

     

    メリッサ「それでもなお、国民の気持ちを汲み取ろうとせず仕事そっちのけで歓迎もされないお茶会などに参加されるようであれば・・・」

    「殿下は・・・皇帝には相応しくないと判断せざるを得ません」

    イアン「待ちたまえ、今何と?」

    メリッサ「申し上げた通りです」

    つまり、イアンはポジェブラト家の後ろ盾がなければ危ういというのです。

    作中でも己の危うい立場を自覚していたイアンですが、呆れることにユーリの能力が完全に証明された後になって破談を要求したのです。

    自己中なうえに臆病者・・・。

    メリッサ「帝国の未来の為に、ポジェブラト家が殿下よりも優れた皇子を支持するかもしれませんよ」

    驚いた表情のイアンは平然を装い、なんだそれは・・・とつぶやきます。

    イアン「そなたは政治をよくわかってないようだが、そなたの私情で変えられるほど容易いものではない」

    「その決定権は、公爵にあるのだから」

    それを聞いたメリッサは、さすがにそこまでバカじゃなかったか・・・と、髪の毛を耳にかけました。

    納得した素振りを見せ、確かに公爵とジェイクは殿下の味方だと話します。

    メリッサ「ですが殿下、考えてみてください」

    「我が家はどなたが皇帝になられようが何の影響もない。強い力を持つ家門ですよ?」

    殿下を皇太子に選んだのも、自分が惚れ込んでいただけの話なのです。

    メリッサ「公爵様は私の願いとあらば、こんな庶民のお祭りにも行かせてくれるお方です」

    「リプトンでの休養も快く承諾してくださいましたし、全使用人の休暇まで聞き入れてくださったんですよ?」

    今回の件も話したらどうなるかしら・・・。

    メリッサの言葉にイアンは焦りを見せています。

    ですがこれはハッタリで、公爵がメリッサの言うことなど聞くはずはありません。

    本当の事はヤツは知る由もありません。

    公爵があまりメリッサのことを話さないので推測しているだけで、親子の仲がよくないという確信はないはずです。

    メリッサ(さぁイアン、よく考えてみなさい。私の話しが本当なら・・・!)

    イアンは手で顔を覆い、どうしろと言うんだと言葉を絞り出しました。

    泣きわめいてすがるのかと思いましたが、意外と大人しいのです。

    メリッサ「それはご自身でお考えください」

    「私とのゲームにも勝てない殿下が、今後起こるであろう帝国の為の戦いに勝利できるでしょうか」

    メリッサはイアンの頬に触れて、顎で手を止めました。

    メリッサ「どうかそのキレイなお顔のまま、静かに暮らしてください」

    そして微笑み、侮辱ではなくティアラは本当に似合っていると言いました。

    イアンをそのままにメリッサは立ち去り、ナインとユーリは追いかけます。

    スポンサードリンク

    ストーカー・・・?

    メリッサの後ろをついて行くナインとユーリ。

    ナイン「あのメリッサ様、もうすぐ花火大会が始まります。一緒に見に行かれませんか?」

    恥ずかしそうに誘うイアンの横で、ユーリは魔法で人形たちを直します。

    ユーリ「私もご一緒したいです!」

    メリッサは微笑み、行きましょうと二人に言いました。

    ナインの人形は、ユーリに預かってもらうことにします。

     

    ナインと二人で、花火を見つめています。

    メリッサ(やっぱりヒロインって大変ね)

    どうしてこのタイミングで家族が登場するんだと、メリッサは考えています。

    少し前の事・・・。

    ユーリの兄がやってきました。

    ユーリ「お兄様!どうしてこちらに・・・」

    二人の兄も祭りに参加したくなったと言っていますが、目的は皇太子の様です。

    「ちょっと待てお前は誰だ!まさかユーリを口説きに来たなら魔法でお前を・・・」

    急にナインに怒鳴り出す兄の一人。

    ナイン「誤解です」

    怒りを抑えて、淡々と答えました。

    そんなことがありため息をついているメリッサ。

    メリッサ(私の兄弟があんなのだったら家出してたかも。ナインがあんなにムキになったのも初めて見たし・・・)

    結局ユーリは家族と花火を見ることになりました。

    小説でもユーリは家族愛に溢れていると書いてあったので、喜んでいることでしょう。

    喜んで・・・?

    別れ際のユーリは、涙を流していました。

    ユーリ(ナイン様とふたりきりにさせたくない)

    必死に笑顔を作っていますが、どうみても悔しそうなユーリ。

    メリッサの後ろで勝利の笑みを浮かべているナインを、しっかりチェックしてやると意気込んでいます。

     

    メリッサ「花火、綺麗ね」

    ナイン「はい・・・綺麗です」

    イアンも片付けましたし、あとは心置きなく楽しむだけで、とてもいい気分です。

    ナイン「メリッサ様」

    彼は少し恥ずかしそうにしています。

    ナイン「その・・・」

    ナインが何かを話していますが、花火の音が響いています。

    メリッサは話が聞こえているのかわかりませんが、放心状態です。

    本来ならここでイアンの告白シーンなのですが、ジェイクの姿が見えるのです。

    しかも持っているのはカメラ。

    皆が幸せなお祭りのラストなのに・・・。

    イアンを退治して平和を嚙み締めていたメリッサですが、ストーカー弟のせいで花火よりも派手に爆発する寸前でした・・・。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第41話】の感想

    メリッサが真剣に話している時も、イアンの頭にはティアラが乗せられていました。

    真剣なシーンなのかそうじゃないのか・・・。

    これでイアンが少し大人しくなるといいですね!

    はっきりとメリッサが言ったことで、なんだかすっきりとしました!それはユーリも同じでしょうね!

     

    ナインが花火の時にメリッサに何かを話しています。

    それが何なのかは書かれていないのですが・・・。

    メリッサに聞こえているのかな?

    メリッサはそれよりも、ストーカーをしている弟が目に入り怒り爆発前!

    まだまだ落ち着きませんね・・・。

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第41話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク