ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第38話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第38話】のあらすじ・ネタバレ

    とても喜んでいるナインが、尻尾でも出して振っているのでは・・・?とメリッサは確認します。

    ですがそこにあるのはキレイなお尻のみ。

    どうかしましたか?と声をかけてくるナインをごまかします。

    メリッサ「ユーリさん、遅いわね!アハハッ!!」

    ナインも一緒に笑いました。

    本当にあの二人はいつ来るのだろうか・・・?

    メリッサは辺りを見回しました。

    メリッサ「ここらへんで会おうって・・・」

    すると少し離れたところに人だかりができており、嬉しそうな叫び声が聞こえてきました。

    「きゃーっ!」

    「なんてカッコいいの!」

    「ちょっとどきなさいよ、イケメンが見えないわ!」

    メリッサも人ごみの中に入り、誰なのか覗きました。

    そこにいたのは、イアンとユーリ。

    イアン「すまないね、ユーリ。目立たない服を着てきたつもりだったのだが・・・」

    ユーリ「構いませんよ、殿下」

    妬いているのなら問題ない、あの女たちにはこれっぽっちも興味はないから・・・と、イアンはカッコつけました。

    ユーリ「あぁ・・・そのわりにはいちいち反応してますけど」

    イアン「アハハ、国民は大事にしなきゃ・・・」

    そんな二人の様子を、メリッサは驚いた表情で見つめているのです。

     

    ユーリと合流

    やはり主役は主役。

    二人の存在感と言ったらもう・・・、自分とは大違いなのです。

    ナインの方を見てみると、彼は微笑みかけてきました。

    ナイン「??」

    メリッサは、なんとなく悔しく感じるのです。

    ナインも皇太子に負けないくらいイケメンなのに!

    ナインは注目されずに、奴はチヤホヤされている・・・。

    その理由はいたってシンプルです。

    イアンは主人公で、ナインはエキストラだから。

    二人の違いは、作中の存在感の差にすぎないのです。

     

    ユーリ「メリッサ様!」

    イアン「うっ、メリッサ」

    ユーリは、本当に来てくれたんだと嬉しそうにしています。

    メリッサ「約束したじゃないですか、お礼もしたかったし」

    ユーリ「あっ!薬はちゃんと効きました?

    それはナインの為に作ってくれた薬のことです。

    ナイン「はい、本当にありがとうございます。おかげでメリッサ様に誓いも立てられました」

    ユーリはよかったと喜び、ただメリッサのお願いを聞いたまでだと言います。

    ユーリ「・・・あれ?まさか”メリッサ様”って呼んでます?」

    「前まではお嬢様って・・・それに誓ったって何を?」

    ユーリの顔が青ざめていきました。

    ナイン「まぁいろいろと」

    エリザベス様はお気になさらずとナインは言いますが、ユーリは気になるそうです・・。

    なんだか二人の間には、変な空気が流れます。

    それに気づいたメリッサは、平和なユーリと優しいナインは相性抜群なはずなのに、なんでだろうと疑問に思うのです。

    イアン「メリッサ、優しいユーリにそなたが頼み込んだから同行を許可したのに、その執事とやらも連れてきたのだな。本当は情夫じゃないのか?」

    ウン百万いるアンタの女を情婦って言うんだよ!ナインは普通の雇用人だっつーの!と、メリッサは突っ込みたくなるのを抑えます。

    ですが否定する必要はありません。

    メリッサはナインと腕を組み、くっつきました。

    イアン(ならば私も!)

    彼はユーリの方を見ますが、ユーリは腕を組んで完璧にガードしているのです。

    イアン「まぁ今日は一個人としてユーリと祭りを楽しみに来たから、大目に見るとしよう」

    メリッサ(は?大目に見る?それはあんたの浮気を目撃してもボコらなかった私のセリフだからね)

    どのみちあとでやっつけるので、今は大人しくしておこうとメリッサは考えています。

    スポンサードリンク

    これからの流れ・・・

    射的、クイズ、アイスクリーム・・・。

    沢山のお店が並んでいます。

    ユーリ「殿下、こういうお祭りは初めてなんですよね?」

    イアン「ああ、そうだが」

    射的用の銃を持っています。

    ユーリ「なのにどうしてどんなにお上手なんですか?屋台の景品が全部なくなっちゃいますよ」

    ユーリの腕の中は、沢山のぬいぐるみでいっぱいです。

    イアン「ユーリ、そなたの欲しい物なら全て手に入れてあげるさ」

    これが「愛するアイツら」のワンシーンです。

    小説通りであれば、奴が屋台のゲームで腕前を発揮し、気さくさを見せつつユーリの中で好感度を上げるのです。

    だが今は、小説とは違います。

    主人公補正がかかったイアンでさえも勝てない者がここにいるのです。

    得意なことはゲームですと言えるほど強く、過去にお祭りのゲームで主人にもう二度と来るなと言わせた人物・・・。

    そう、それはメリッサ(の転生前)!!

     

    メリッサ(お祭りがある日は勉強そっちのけで行ってたなぁ、怒ったお母さんが連れ戻しに来てたけど)

    そんな過去が役に立つ時が来たのです。

    それに今は憑依した身、だいたいの流れは熟知しています。

    ユーリ「わぁ!可愛い!」

    ユーリが欲しい景品を見つけました。

    イアン「あれが欲しいのかい?」

    それを見たイアンが景品を獲得しようとします。

    ここまでは小説通りで、今からシショータイムの始まりです!

    イアンとユーリの間に割って入るメリッサ

    メリッサ「えぇ~、どれですか?」

    ユーリ「メリッサ様」

    イアンは嫌そうな顔をしており、ユーリは嬉しそうにしています。

    ユーリはイアン似のクマの人形を指さして可愛いというはずです・・・。

    ユーリ「あれ、可愛くないですか?」

    ですがまさかの指差したのは・・・

    目が吊り上がった、ライオンのぬいぐるみです。

    メリッサ「あ・・・あれが?」

    ユーリ「ええ!どうしよう!!可愛すぎ!!」

    ヒロインの美的感覚はどうしたのだろうか・・・?

    何度見てもぶっさいくなその人形は、誰が作ったのだろうか・・?

    ちっちゃい子にプレゼントすると絶対に泣かれてしまいそうで、暴言を吐かれてもおかしくないレベルです。

    ナイン「・・・可愛い」

    好みは人それぞれだとメリッサは言い聞かせていましたが、ナインの一言で我に返ります。

    私の目がおかしいだけなのだろうか!?とイアンの方を見ると、彼もドン引き・・・。

    おかしいのは自分ではなかったと、メリッサは安堵します。

    ユーリ「特にあのつりあがった目がとっても可愛い」

    ナイン「メリッサ様にそっくりです」

    ユーリ「本当にそっくり!」

    おいおい待てよ!!とメリッサ。

    メリッサ(さすがにあれに似てるってのは嬉しくないし、ふたりして何気に私の事バカにしてない?)

    ですがメリッサの顔は、ライオンのぬいぐるみにそっくりになっています。

    「やらないなら帰ってくれ!」

    店主がそう言うと、人形のブサイクさに気を取られてしまった・・・と何のゲームの景品なのか確認しました。

    メリッサ(モグラ叩きとか懐かしい)

    想像力に欠けていた作家は、日本人になじみのあるゲームを盛り込んだのでしょう。

    小説を読んでいた時は何とも思いませんでしたが、今となっては笑えます・・・。

     

    イアン「いくらですか?」

    店主は2シルバーだと答えます。

    メリッサ(1シルバーが約500円だっけ、ぼったくりもいいとこね)

    ですがメリッサもお金を取り出しました。

    まぁ、お金持ちだからよしとします。

    イアン「そなたもやるのか?」

    メリッサ「もちろん、叩きのめすのは得意なので」

    イアン「好きにしろ、私が先にやる」

    ちゃっかり先にやんのかい!と心の中で突っ込みをいれました。

    メリッサは結果は分かっており、順番などどうでもいいのです。

    そしてモグラ叩きが始まります・・・!

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第38話】の感想

    モグラ叩きというか・・・、メリッサVSイアンって感じですね。

    にしても本当に日本の縁日のような出店・・・。

    作品の風景はめちゃくちゃですね(笑)

    ですがそれだからこそ、メリッサは思いっきりイアンを負かすことができるのでしょう。

    きっと勝つんだろうな・・・。

     

    ユーリもナインも、メリッサのこと少しバカにしている?

    それとも本当に、あの人形が可愛いと思っているのでしょうか!?

    確かにつりあがった目は同じ、でもあのライオンは唇が青でしたよ?(笑)

    メリッサに似てるから可愛いと思ったのでしょうが、センスが気になります・・・。

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第38話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク