ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第37話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第37話】のあらすじ・ネタバレ

    いい声だと言われたナインは恥ずかしそうにしています。

    ナイン「僕っていい声してます・・・?」

    立ち上がり、メリッサに聞きました。

    メリッサ「うん、いい声よ」

    しみじみ答えるメリッサ。

    男前で可愛い上に美声だなんてもう・・・、非の打ち所なしです!

    ユーリと絶対にお似合いだと、メリッサは妄想を膨らませています。

    ナイン「それなら・・・これからたくさん聞かせて差し上げます」

    恥ずかしそうにもじもじしています。

    ナイン「詩でも書いて読みましょうか!」

    ですがメリッサは、それは違うとバッサリ断りました。

    メリッサ(そう言うと思った・・・。ホント真面目が過ぎるんだから)

    そんなイタイ姿は見ていられないと、ため息をつきます。

    ナイン「・・・それか、前にメリッサ様が仰っていた”ラップ”はいかがでしょう!」

    メリッサ「絶対にダメ!」

    真剣なナインを、メリッサは止めました。

    お祭りデートのお誘い

    夏の終わりにはイベントがつきものです。

    31日に〇をつけ、それはお祭りだとメリッサは目を輝かせています。

    ヨナ「いいですよね、お祭りってお金が回るから」

    今日も相変わらずお金の事しか頭にないヨナ。

    昨晩のナインのラップ発言がふと脳裏をよぎります。

    ヨナを賞金がかかったラップ大会に出せば、優勝しそうな気がするのです・・・。

    ヨナ「庶民のお祭りですよね。まさかお嬢様が興味を持たれるとは」

    今まで一度も、お祭りには言ったことがありません。

     

    貴族たちの間で問題児として有名なメリッサ。

    彼女は根っからのお嬢様育ちで・・・、人目もはばからず庶民のお祭りに参加する者と言えば、身分にとらわれない平凡で庶民的な貴族だけなのです。

    メリッサ「心変わりすることだってあんのよ」

    そう、それはよくある物語のヒロインのように・・・。

    ヨナ「まさかお祭りで暴れようなんて思ってませんよね?」

    その言葉にドキッとしてしまうメリッサ。

    思っています・・。

    今回のお祭りで、メリッサはイアンを退治するつもりなのです。

    そしてメリッサはナインを呼び、お祭りデートしましょうと軽く誘いました。

    ナインが持っていた物が床に落ちてしまうのです。

    メリッサ(ガラスじゃなくてよかった・・・美しいナインがケガでもしたら大変)

    ナインは固まっています。

    ナイン「デ・・・デートだなんて・・・。本気で仰ってます?」

    もう顔は真っ赤です。

    そんな彼を見て、ウブだねぇと笑うメリッサ。

    ちょっとだけイジメてみようと行動します。

    メリッサ「私がせっかく誘ってるのに、本気かどうか疑うのね」

    「嫌ならいいわ、男は沢山いるもの」

    それは嘘で、男なんていません。

    ナイン「待ってください!誤解です!行かせてください!嬉しすぎてもう・・・」

    涙目で必死に誤解を解こうとするナインを見て、メリッサは涙が出てきます。

    メリッサ(ホント優しい子・・・嬉しすぎるだなんて感動して涙出ちゃう)

     

    優しいナインをいじめるのはここまでにして、本当の事を話します。

    メリッサ「そんな構えないで、じつは大したことじゃないの。口説いてるわけでもないし、本当のデートとかでもないからさ」

    ナイン「あ・・・」

    メリッサ「前に舞踏会で私のパートナー頼んだでしょ?今回もそんな感じ」

    明るく説明するメリッサを見て、ナインは恥ずかしくなりました。

    ナイン「・・・そういう・・・ことか」

    二人きりにならないから安心してと、メリッサは言いました。

    他に誰が来るのかとナインが聞くと、メンバーはユーリとイアンです。

    スポンサードリンク

    ナインの視線

    前にユーリから聞いた話では、イアンからお祭りに誘われたとのことでした。

    お祭りは小説でも必須場面なだけあって、ユーリが拒もうとも物語は勝手に進む。

    だから間に入って、イアンをやっつけようという作戦です。

    ですがどう見ても、三人の組み合わせは滑稽でしかありません。

    メリッサ→破談したがる婚約者

    イアン→別の女に恋する婚約者

    ユーリ→その別の女

    はたからみれば、男を巡って争う悪女と聖女。

    もしくは別の女に男を取られまいと、デートを邪魔する悪女といったところでしょう。

    何よりも一番気に食わないのは・・・

    イアンにユーリとの仲を引き離そうと思われたり、破談は本心じゃないんだと誤解してしまいそうな、彼の神がかったポジティブさです。

    メリッサ(そんな誤解されたら、奴を生かしておく自信がない)

    メリッサが思い出しながら舌打ちをしていると・・・。

    ナイン「恋敵に婚約者まで・・・」

    とつぶやきましたが、メリッサにはあまり聞こえていない様です。

    ナイン「そういうおとなら、いつでもお申し付けください。メリッサ様のためなら何でもお力になります」

    メリッサ「ありがと。前みたいに途中で消えたりしないでね」

    冗談のように言うと、ナインは笑顔で「はい」と答えました。

    もう二度と逃げないと。

     

    ナインは時々、目が離せなくなるような強烈な眼差しを浮かべることがあります。

    ナイン「そろそろ失礼します。手紙はこれだけでいいんですよね?」

    メリッサ「あぁうん、お祭り当日はよろしくって書いたやつだから遅れないようにね」

    ナインから目を逸らして答えました。

    そしてナインは部屋から出てきます。

    おかしい・・・どうしてビビっているんだろうか・・・?

    メリッサは顔を真っ赤にしています。

    メリッサ(どうした私!お祭りに着ていく服でも決めよっと)

    その様子を見ていたヨナでしたが、助ける気は全くないのです・・・。

    まるで日本のお祭り

    数日後。

    お祭りは盛り上がっています。

    「安いよ、安いよ~!」

    くじ引きは一回シルバー!

    お好み焼きや、ビールまで・・・。

    メリッサ「こ・・・ここは・・・」

    まんま日本のお祭りだと、驚愕してしまうのです。

    作家のヤツ、西洋のお祭りをイメージできなくて日本のお祭りをブッこんだな!?と言いたくなるくらいの状況です。

    ヒヨコに音が鳴るおもちゃに・・・、まるで日本です。

    メリッサ「こんなとこ初めてでしょ?」

    何気に期待していたのにガッカリなメリッサ。

    ナインもがっかりしていたらどうしようと、不安になりました。

    ナイン「はい・・・こんなに素敵な場所は初めてです」

    まるで初めての散歩や初めての雪のように、目を輝かせて喜んでいるナイン。

    尻尾でも出して振っていたりして・・・とお尻のところを確認します。

    ですがそこには何もなく、ただナインの綺麗なお尻のラインが輝いて見えるだけでした。

    メリッサから見れば、「ユーアーパーフェクトガイ!」で、100点です。

    ナイン「どうかされました?」

    メリッサ「よっ、よかった!喜んでいるみたいで!」

    ユーリは遅いわねとなんとかその場をごまかしました・・・。

     

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第37話】の感想

    ナインが可愛い・・・。

    ずっと感想にこんなことばかり書いていますね(笑)

    本当にメリッサのことが好きすぎて、ユーリすらも恋敵に見えてしまうのでしょう。

    頑張って!ナイン!と応援したいです!

    そして始まったお祭り。

    メリッサはどうやってイアンをぎゃふんと言わせるのでしょうか?

    これは見ものですね・・・。

    イアンくらいなら簡単そうですが、メリッサの面白シーンが沢山見れるのではないかと楽しみです♪

    きっとユーリも同じ気持ちでしょうね・・・。

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第37話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク