ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第27話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第27話】のあらすじ・ネタバレ

    部屋に入ってきたのは、狼姿のナインでした。

    メリッサ「魔術師の家で狼になればあぶな・・・」

    ですがナインは大粒の涙を流しながら泣いています。

    可愛いからいっか・・と泣き虫ナインをそのままにしたメリッサ。

    メリッサ「捨て狼だって、勘違いされそうじゃない」

    動物の姿で泣かれると、罪悪感も倍増だとナインを抱きしめます。

    「・・・メリッサ様?」

    急に名前を呼ばれて、思いっきりナインを投げてしまったメリッサ。

    ユーリはじっと、メリッサの方を見つめています。

    メリッサ「し・・・資料見つかりました?」

    ショックを受けたナインは、メリッサの後ろで鳴き声を発します。

     

    ユーリVSナイン

    ユーリ「その狼は・・・?」

    メリッサ「あ・・・えっと、ペット・・・です!」

    何となくごまかしたメリッサ。

    狼がペットなんですか?とユーリに聞かれ、強いものが好きでペットも強くないとダメなんだと答えます。

    さらに狼人間に噛まれたと聞いたが、狼を飼っているとはどういうことなのか聞いてきます。

    メリッサは、過去を引きずらない広い心の持ち主だから・・・とごまかします。

    ユーリ「メリッサ様、本当のことを言ってください」

    「その狼が噛みついてきた狼人間ですよね?」

    メリッサは、まさかの事態にぽかんとしてしまいました。

    ユーリ「ここまで追ってきて襲い掛かろうとしているんですねっ!」

    メリッサ「ユーリさん、誤解で・・・」

    ですがナインは、「ガウウ・・・」とない牙を出しました。

    二人は睨み合っており、早く剣を見つけようとメリッサは決めます。

    そしてその剣でおでこをうって自ら気絶をしようとも・・・。

     

    ナインとユーリは元々賢明である。

    ですが今の二人の行動は明らかに・・・、愚かでした。

    エリザベス邸には優秀な魔術師が沢山います。

    魔術師たちが相反する力を持つ狼人間に対しで取る態度は、二つに一つ。

    極端に敵視するか・・・、極端に興味を見せるかです。

    つまり、男爵邸で狼人間であることがバレるのは、自殺行為だと言えるでしょう。

    しかし!

    ナイン(メリッサ様と引き離された!)

    と感じており、4日ぶりにメリッサに再開してユーリもすぐにナインが他の狼人間と違うことに気が付きました。

    ユーリ(牙がないわ。メリッサ様がこんな狼に噛まれるはずが)

    ですが容態の悪いメリッサに付きまとって迷惑をかけている狼、ただでさえ申し訳ないのにこの狼は絶対に許してはダメだと考えているのです。

    その申し訳なさの原因は・・・、イアンにバラの花束を渡されたからです。

    ユーリ(そんな状況でも私を救ってくれた優しいお方・・・、そんなお方が私を必要としてくれているのよ!)

    私が必ず守るんだ!とユーリは本気です。

     

    メリッサ「ストップ!」

    「ユーリさんご安心を。この子は安全な私の味方です。どうか警戒しないでください」

    そしてナインに、早く部屋から出て行くように言いました。

    ショックを受けるナイン。

    そしてユーリは、二人で話があるとメリッサに言われてニヤつきます。

    涙を流し首を振るないんですが、メリッサに早く出るように言われてしまいました。

    仕方がなくナインは、トボトボと部屋から出て行きました。

     

    スポンサードリンク

    魔力の注入の地味な痛み

    ユーリ「アハハ!メリッサ様がそうおっしゃるのなら!大事な話に戻りましょう」

    メリッサも一息つきました。

    大昔の書籍に書いてあった方法だそうです。

    相反する力が体内で衝突すれば、半永久的に障害を負うこともあるのですが、その場合は片方の力を体内にたくさん注入して押し出せばいい・・・。

    かなり大胆ではあるが、効果抜群だとユーリが言いました。

    ユーリ「見えます?これですこれ」

    メリッサ「見えます・・・」

    ユーリ「おそらくかなりの魔力を要しそうです。メリッサ様の魔力はないに等しいので」

    ズバッと言われて傷つきますが、悲しくなんかない…と言い聞かせています。

    ユーリ「必ず治しますから、心配は要りません!」

    そう話す笑顔は、まるで天使の様です。

    ですが無理に魔力を注入すると、痛むと思うとユーリが言いました。

    それでも平気ですか?と聞かれたメリッサは、苦痛に耐えながら囲碁を打つ者もいるんだから全然平気だ!と答えました。

    そしていつも後悔するのです・・・。

     

    白目をむいているメリッサ。

    ユーリ「すごく痛みます?」

    魔力を注入している最中の痛さはというと・・・。

    朝に水を飲みに向かっている時、机に脚の小指をぶつけたあとに・・・、ブロックを踏んで転び・・・、カレンダーで指を切り・・・、スマホが顔面に当たるような痛みでした。

    みんなが知っている、地味にすごく痛いあの感じです。

    メリッサ「ぜーんぜん、痛くなかったです」

    痛んだとしても我慢をしなければ、ユーリが私の為に頑張ってくれているんだからと言いました。

    そしてそんなメリッサを見て、ジーンときているユーリ。

    そんなユーリを見たメリッサは、魔力を他の人に注ぐのは疲れるはずなのに、涼し顔をするのはさすがヒロインだと感じました。

    メリッサ「やっぱりすごいですね。体が嘘みたいに軽くなりました。ありがたいわ」

    ユーリ「とんでもない!大した事ありませんよ!」

    メリッサは自分の命を救ってくださったのに!と言います。

    メリッサ(命が危険っていうほどの状況ではなかったけどね・・・)

    そしてところで、なぜ盗賊に捕まってしまったのかと聞きました。

    森に行く用事でもあったのかと・・・。

    ユーリの脳内では、追いかけてくるイアンから逃げていると、たまたま盗賊に捕まったことを思いだしています。

    ユーリ(あなたの婚約者から逃げてたからです・・・・とは口が裂けてもいえない)

    そんなユーリを見て、意味深な顔だからもっと聞いてみようとメリッサが口を開こうとしたところ・・・。

    「「ユーリ!どうか窓をお開けください!!」」

    外から音楽とともに声が聞こえてきました。

    メリッサ「セレナーデ?」

    なんでいきなりセレナーデが流れてくるんだと、不思議そうなメリッサ。

    するとユーリは、イラついた表情をしてため息をつきました。

    メリッサ(今、すごい顔してたよね!?)

    ユーリは「エヘヘ」と笑ってごまかします。

    「「私のユーリ・エリザベス!窓を開けてくださあぁい!」」

    凄い声と音楽で、ユーリはもう一度ため息をつきました。

    セレナーデの主

    とぼとぼと窓に近づき、開けるユーリ。

    メリッサ(ユーリにあんな顔をさせるなんて、いったい誰よ)

    気になって、ユーリの後ろから顔を出しました。

    「ユーリ!やっと出てきてくれましたね!」

    窓の外にいるのは緑の髪の男性。

    そして沢山のオーケストラの人たちです。

    帝国でこれほど無駄遣いできるのはこいつしかいない・・・。

    素晴らしいビジュアルと、それ以上に素晴らしい財力の持ち主。

    優しい顔してユーリを監禁しようとする、二重人格のクレイジーな男。

    「どうか僕の愛を受け入れてください」

    ユーリはため息をつきながら頭を抱えています。

    そう、相手は男主人公最後のひとり。

    ピーコック・メロディです・・・。

     

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第27話】の感想

    ナインが可愛いです!さらに可愛いですね!

    絵をつけることができないのが残念です!

    そしてユーリのおかげで体が落ち着いたメリッサ。

    もう大丈夫そうにみえますね・・・。

    これで体調が完璧になっていると良いのですが・・・。

    近くにユーリがいれば、また何かあっても安心ですね!

     

    そしてやっと現れた、最後の男主人公・・・ピーコック・メロディ。

    めっちゃメルヘンな名前ですね(笑)

    さあ、メリッサの突っ込みが加速しそうです!

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第27話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク