ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第26話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第26話】のあらすじ・ネタバレ

    なんでユーリ・エリザベスが捕まってんの!?

    メリッサは驚きます。

    盗賊も、お前ら知り合いか?と不思議そうにしているのです。

    捕まっているのはヒロインだから?ピンチのときに駆けつけてくれる男たちがいるから?

    メリッサ(そういえば小説に、今みたいな場面があった気がする)

    ですが小説と違い、ユーリを取り巻く男たちは○○なのですから・・・。

    メリッサは口から血を流しながらも、剣を抜き取りました。

    メリッサ(私が守ってあげなきゃ)

    そして殺気を出し、あんたらはもう終わりだとむかっていきます。

    可憐なユーリを救い出すくらい、男主人公たちがいなくても平気です!

     

    いつメン・・・全然ダメ

    強靭な肉体のメリッサは、盗賊たちを一瞬で倒してしまいました。

    メリッサ「・・・また暴れちゃった」

    口から血を流したままのメリッサは、盗賊に早く手当てを受けに行きなさいと言いました。

    手足を使いにくくするだけで、生かしておいたのです。

    これで彼らはしばらくは、悪事を働けないはずです。

     

    メリッサ「ユーリさん」

    ユーリ「は・・・はい!」

    血まみれの手を差し出し、精いっぱいの営業スマイル(いつものひきつったやつ)で自己紹介を始めました。

    メリッサ「メリッサ・ポジェブラドです。メリッサと呼んでください」

    ふと我に返り、血まみれの自分に気づいて怖がらせてしまったかとしれないと気づきました。

    ユーリ「メリッサ・・・様、大丈夫ですか?」

    奥でナインも涙目で焦っています。

    メリッサ「?あぁ、はい!大丈夫ですよ。これは私の血じゃないので」

    私の最高のプレイ見てましたよね?と、あの剣さばきを再現しています。

    ユーリ「それは見ましたけど・・・」

    メリッサ「致命傷を負わせないようにやっつけたのは、自画自賛のレベルです」

    弱っちい奴らに限って図に乗るんだから!と自信満々のメリッサ。

    ユーリ「半分はメリッサ様の口から出てきた血・・・」

    メリッサ「ユーリさん、お怪我は?怪我したら大変ですよ」

    エリザベス男爵が心配する、と笑い話のように言っていると・・・ユーリの表情が変わりました。

    ユーリ「言ってることがめちゃくちゃです」

    メリッサ「へ・・・。確かにそういや私って休養に来た病人・・・」

     

    ここでクイズが始まりました。

    Q、魔力と魔力と狼人間の力がぶつかり合いダンスしている中、宝剣をブンブン振り回すとどうなる!?

    獲得点数は3点です。

    メリッサ「体力には自信があるんです。全然へっちゃら」

    そう言っていますが、もうフラフラです。

    メリッサ「この程度で倒れる人なんているわけ・・・」

    いっきに倒れるメリッサ。

    問題の答えは・・・A,くたばる です。

     

    メリッサ「あれ・・・目の前がグルグル・・・」

    でも何とか起き上がれそう・・・。

    すると誰かの手刀を受けてしまいました。

    誰なんだ!今気絶させようとした奴は!

    ユーリではないだろうし、ナインなら教育方法を間違えたのかもしれない・・・。

    ヨナなら人を見る目がなかった話・・・。

    メリッサ「いつメン・・・全然だめ・・・」

    そして意識が飛んでしまいました。

    最後に見たのは、ユーリの微笑んでいる口元です。

    スポンサードリンク

    目を覚ましたメリッサ

    メリッサ「・・・ここは、どこよ」

    目を覚ますと、全く知らない場所にいました。

    ユーリ「お目覚めで。ここはリプトンのエリザベス邸です」

    横になっているメリッサに横で本を読んでいるユーリ。

    メリッサ「リプトンなんですね。リプトンの名物は何だトン?」

    ユーリ「まだ変なこと言ってますね。もう一度眠らせたほうがいいのかしら」

    まさかユーリが気絶させたのか!?メリッサはぐっすり寝たので大丈夫だと、元気に見せました。

    ユーリ「ならよかった。みんな心配したんですよ。四日間ずっと眠られてたので」

    メリッサ「よ、四日間!?ずっと!?」

    ユーリは冷静に、はいと答えました。

    同行していた方もとても心配していたそうで、特に青髪の男性は扉の前でずっと待っていたんだとユーリは言いました。

    ナインはメリッサを見ると様子がおかしくなるので、昨日からは外で待たされているのです。

    メリッサ「そうだったんですか。眠っている間看てくださってありがとうございます」

    ユーリ「そんな!お礼は私にさせてください!」

    メリッサは命の恩人で、男爵がぜひともお礼をしたいと言っているそうです。

     

    これはチャンスだ。

    排他的な部分は狼人間とほぼ同等の、魔法至上主義のエリザベス男爵家。

    荒れ地のリプトンに建てた大きな屋敷は、皇帝をも部外者とみなし出入りを許しません。

    ゆえに元々は、外でユーリを漠然と待つつもりでしたが・・・。

    もう邸宅にいるうえに、お礼までしてくれる・・・計画の半分は成功です。

    メリッサ(予想外だったけどいい展開じゃない)

    また変な笑みを浮かべてしまい、ユーリは何か面白いことでもあるのか?と聞いてきました。

    おっと顔に気をつけなければ・・・。

    メリッサ「・・・ご覧の通り私は身体が悪いです。普通の病気じゃありません、ユーリさんにしか治せないんです」

    ユーリ「・・・本当ですか?」

    嬉しそうにしているユーリですが、しばらく考えて・・・

    ユーリ「でも治療に関してはよくわからなくて・・・」

    どうすればいいのか、メリッサに聞いてきました。

    メリッサ「治療とはいっても・・・」

    侵入者!でも、剣がない!

    説明をするとユーリは納得したようです。

    より強い魔力で、狼人間の力をメリッサの魔力とユーリの魔力で飛ばしてしまえばいいという判断です。

    ユーリ「こういうのは初めてなので調べてみます!書斎に資料を捜しに行ってもいいですか?」

    メリッサ「もちろんです」

    そしてユーリは急いで捜しに行きました。

     

    メリッサ「ふぅ」

    一人になったメリッサは、もう一度ベッドに横になります。

    良くなったら、ナインの事もお願いしよう。

    舌を戻すのは難しいだろうし、狼人間に人間の魔法を使うのは慎重にいかなければなりません。

    メリッサ(ユーリは小説でジャックも治したから心配ないだろうけど)

    最強キャラ最高かよと、小説の内容を思い出しました。

    するとドアの隙間から入ってくる怪しい影・・・。

    ダッ、ダダダッ

    メリッサ(侵入者!剣は・・・)

    ですがどこにも剣がありません。

    飛び掛かってくる侵入者。

    やられてしまう!!!

    ですがやってきたのは狼姿のナインでした。

    メリッサの肩に顎を置き、涙を流しています。

    メリッサ「ナイン!」

     

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第26話】の感想

    見事盗賊を片付けたメリッサ。

    ですがもう体が限界のようですね。

    倒れるとき、きれいに頭を打っていました・・・。

    危ない・・・(笑)

    ナインもメリッサが心配で心配で仕方がないのでしょう。

    そりゃそうですよね!自分を助けてくれた恩人ですし、元気でいて欲しいでしょうから。

     

    そしてユーリに治療をお願いすることに成功しました!

    これで無事、元の元気なメリッサになってくれそうです。

    もっと最強になってしまったらどうしよう・・・。

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第26話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク