ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第24話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第24話】のあらすじ・ネタバレ

    メリッサが公爵に、夏のバカンスは最小限の使用人だけ残して、あとは全員夏休みにするようにお願いしているところにさかのぼります。

    公爵はそのお願いに驚いている様子です。

    メリッサ「それからもう一つ。私専任の執事を雇いたいです。それも平民の」

    口をあんぐり開けて、驚きを隠せない公爵。

     

    貴族が雇用する者は貴族の所有となり、その者への攻撃は貴族への攻撃に値します。

    したがってジャックは、ポジェブラド家に雇われたナインに手出しができないのです。

    ジャック「み・・・見てろ!いつか後悔させてや・・・ります!」

    そう言って去っていったようです。

     

    メリッサ「フフッ、私もジャックみたいに驚いたんだから」

    狼姿のナインをお風呂に入れようとしたところもとの姿に戻ってしまい、恥ずかしい思いをしました。

    ナインはもちろん、ジャックよりも驚いていました。

    メリッサ「それはそうよ、血まみれの狼が庭で倒れているだけでも驚くのに、人に変わる姿まで見せられたんだもの」

    ナインは泣いていた時、メリッサが本当に心配してくれているときのことを思いだして微笑みます。

     

    メリッサの吐血

    公爵に、執事として雇いたいとナインを連れて行った時のこと。

    公爵「そ・・・そうか、身分は?推薦状などはあるのか?」

    頭を抱えているようです。

    メリッサ「平民です。私が保証するので、推薦状は要りません」

    頭がいいからと部外者をいれるのは危険だと公爵は言いますが、顔で選んだんじゃないとメリッサは反論します。

    メリッサ「心配は要りません、なぜなら・・・」

    そしてナインの方を見ると、彼は頷きました。

    口を開き舌を見せたのです。

    メリッサ「ご覧の通り、秘密を漏らすことはありませんから」

    公爵も驚いています。

    メリッサ「何かあった場合は私が責任を取ります。彼はこっちの味方なので」

    そんなメリッサを見て、ナインは嬉しそうにしているのです。

    公爵「・・・反対したところで聞き入れないだろう。隙にしなさい」

    メリッサ「!ありがとうございます!」

    明らかに公爵は、不安そうな表情をしているのです。

     

    その時の事を思いだしていたナイン。

    メリッサに声をかけられて我に返りました。

    メリッサ「ナインのせいで大変だったわ。私が手当てしてあげたのわかってる~?」

    それを聞き、申し訳なさで震えているナインに、怪我人の手当ては当たり前だから冗談だとメリッサは言いました。

    恩返しをしたいのなら一生懸命働く事だと言われたナインは、やる気満々に頷きました。

     

    そして部屋に戻り、メリッサはナインに鍵をかけるようにお願いしました。

    不思議そうにしているナイン。

    メリッサ「さっきから何か・・・」

    すると血が流れていきます。

    メリッサは吐血してしまったのです。

    それに気づいたナインは驚いた表情でメリッサに駆け寄りました。

    なによナイン、あの時の私よりも驚いた顔をしちゃって・・・。

    そう思いながらメリッサは意識を失くしてしまいます。

    スポンサードリンク

    もう一人のメリッサ?

    ここはどこ?私は誰?

    目の前に泣いている女の子がいます。

    誰だろう・・?そう思いながら、メリッサは近づきます。

    メリッサ「なんで泣いてるの?」

    子供「だっ・・・誰も・・・私を抱きしめてくれないから・・」

    泣いているその子は、メリッサの幼い頃のようにも見えます。

    メリッサ「じゃあ私が抱きしめてあげる!ねっ!」

    子供「・・・あんたはイヤ・・・」

    そう言われたメリッサは、コイツ何なんだとイラつきました。

    メリッサ「じゃあ私の前で泣かないでよね。せっかくの好意を踏みにじられると腹た・・・いやいや、どうすれば涙止まりそう?」

    耐えるんだ、耐えるのよ・・・と自分に言い聞かせています。

    子供「イアンを連れてきて!」

    顔を上げてそう言ってきましたが、メリッサにはイアンが誰なのかわかりません。

    子供「私の夫、正式には未来の夫!」

    思わず吹き出してしまうメリッサは、むせながら婚約でもしたのかと聞きました。

    子供「うん!私はイアンが大好きなの!イアンはいつも忙しけど、夫になればいつでも会えるでしょ?」

    嬉しそうに話すその子は、はやくイアンを連れてくるようにメリッサに言いました。

    大人だからダダをこねなくても連れてこれるからと。

    メリッサ「・・・?いつも大忙し?最後に会ったのはいつなの?」

    子供「2年前に一回あったのが最後かな」

    メリッサ「はぁっ!?何そいつ!どんなに忙しくても婚約者を普通そこまで放置する!?」

    あんたと同じくらいだろうにすでにクズ男だと言っている途中で、その子にイアンを悪く言うな!と殴られてしまいました。

    落ち着け私・・・、幼い子を相手にブチギレるほどクズではない!

    メリッサは自分に言い聞かせています。

    「セイヤッ!」と言いながら殴ってきたその子に、ダサいと噴き出したメリッサ。

    その子は、ジェイクが教えてくれたんだと何度も「セイヤッ!」と言いながらポーズをとります。

    ジェイクというやつもまともな大人にならない気がする・・・。

    そうメリッサが考えていると、その子はあんたもイアンを連れてくることができないようだとそっぽを向きました。

    メリッサ「・・・あんた、泣き止んだわね」

    「なんだ、イアンがいなくても平気じゃない」

    子供「ちっ違う・・!悲しいもん!うぅ・・・うえーん!」

    そんなその子の姿を見ながら、メリッサは微笑みました。

    子供「・・・誰が何と言おうと、イアンが好きなの」

    メリッサ「そうなのね」

    弟とも仲良くしたいし、わんちゃんが好きだから飼いたいけれど猫は狼は怖い。

    そんな話を、メリッサはゆっくり聞きました。

    子供「私は愛されたい」

    メリッサ「うん」

    子供「私はね。でもあんたは私とは違うわ、メリッサ」

    すると、二人の空間に亀裂が入り始めます。

    子供「元の私とは違うのよ。でも私たちは、メリッサ・ポジェブラド」

    彼女は笑顔です。

    すると空間がパリンと割れてしまい、周りの様子が変わりました。

    「・・・様!メリッサ様!」

    「お嬢様!」

    遠くから呼ぶ声が聞こえてきます。

    どうして忘れていたんだろう・・・この子は・・・!

    子供「今皆に呼ばれてるのは、私じゃなくてあんたよ。空っぽの愛を追い求めたりせず、不当な使いには声を上げ、他人に頼らずとも自ら突き進む人」

    「これからの人生は全部あんたのもの。だから・・・・」

    メリッサ・子供「ためらわずにやっちゃおう!!」

    二人は拳を合わせました。

     

    目を覚ますと、目の前には涙を流しているナインやヘイニーがいました。

     

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第24話】の感想

    今愛されているメリッサがいるのは、今のメリッサのお陰・・・。

    そう言いたかったのでしょうか?

    元のメリッサはただ愛されたかっただけ。

    でも負けたくはない!

    今のメリッサと違いはあるものの、「ためらわずにやっちゃおう!」と意気投合しました。

    これからはしっかり、自分の意思を貫いて進んでいけるだろうメリッサ。

    さらに快進撃が楽しみになりましたね!

     

    ナインが涙を流す姿は、こちらにも移ってしまいそうなくらい綺麗です・・・(笑)

    無事にジャックを追い払うことはできたようですが、何で血を流してしまったのかがきになりますね。

    これが治らないと、メリッサはこの先剣術が使えない!

    そうなる前に何とかしないといけませんね!

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第24話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク