ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第23話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    その悪女に気をつけてください【第23話】のあらすじ・ネタバレ

    メリッサが跳ね返した攻撃が、しっかりと当たったジャック。

    そのせいで、地面に落ちてきました。

    メリッサ「あら、ごきげんよう、ジャック・フォトン」

    どうやってやったんだと、ジャックは驚いています。

    メリッサ「いくらマナーがなってないとはいえ、また空中から現れるなんて。降臨する神の真似でもしたいわけ?」

    怒りを抑えながら、ジャックに言いました。

    彼は人間ごときが自分をぶっ飛ばすだなんて、考えもしなかったのです。

    ジャック「おい・・・お前!こんの・・・てめぇ!!どうやっ・・・」

    メリッサ「私の名前はメリッサ・ポジェブラドよ。おいでもお前でもないわ」

    耳をほじりながら言いました。

    今のはなんだ!?魔法かなのか、イカサマではないのか!?とジャックが聞きます。

    ですがメリッサはうるさいから吠えるなと、冷静になっています。

    メリッサ「これも全部、私の実力よ」

    とは言いましたが、実は嘘です!

    今メリッサが手にしているシンプルなデザインの剣。

    これはバシレイオス皇室の秘宝のうちの一つなのです。

    普通の人ならば知る由もない超極秘の、というよりは・・・先々代皇帝が剣をどこに置いたかすっかり忘れ、皇帝さえもその存在を忘れた悲運の剣なのです!

    本当なら小説の後半で、イアンがこの剣を見つけて帝国最強の騎士になりますが・・・。

    その前に、盗ん・・・いや、持ってきたのです。

    こういうのは早い者勝ちだ・・・とメリッサはいつもどおりの怪しい笑みを浮かべました。

    つまりこの剣は主人公の為に、あらゆる加護と魔法がかけられた神アイテムなのです。

    メリッサ「アイテムの力パネェ・・・」

    筋肉が付き、最強になっているようなメリッサ。

    もちろん持ち主のスキルによって変わってきます。

    舞踏会でのナインのこと

    ジャック「嘘つくな!前はへなちょこだったじゃないか!」

    「あの白髪頭の仕業だろ!?バレバレだ!イカサマすんなって!」

    吠え続けるジャックに、メリッサは落ち着いています。

    少なくとも、未覚醒の狼人間の一つくらいは黙らせられるからです。

    メリッサ「黙れ」

    一振りでジャックに攻撃ができます。

    ジャック「いてぇよ!死にてえのか!!」

    メリッサ「あんたが黙れば済む話よ」

    張り合いたいのならば相手をするから、ここに来た理由から言うようにメリッサは伝えます。

    メリッサ「一体何の用なのよ。紅茶とクッキーを食べにきたわけじゃないだろうし」

    ジャック「うぅ・・・吐きそう」

    二人で仲良くお茶を飲んでいるシーンを思い浮かべてしまい、ジャックは吐き気が込み上げてきます。

    ジャック「手紙の最後に書いてあったろ」

    メリッサ「だからそれがどういう意味か聞いてんの!」

    するとジャックはメリッサに近づき、顔の傷を見せました。

    ジャック「この傷、みえるよな」

    「狼人間は傷を負っても普通は元に戻る。だが同類につけられた傷は痕が残るんだよ」

    この傷は、舞踏会の日にナインがプレゼントしてくれたものだと言いました。

    メリッサ「じゃあナインは・・・狼人間ってこと?」

    雇用関係にある以上は知っておかないといけないと、メリッサは言いました。

    ジャック「正確には、狼人間だった」

    「一族を裏切って、舌と牙を抜かれた奴を狼人間とは呼ばないだろ?顔ごとぶった切ればよかったぜ」

    そうすれば逃げることもなかった、まさかメリッサと関わるとは思わなかったそうです。

    ジャック「舞踏会に連れてくるぐらい親密な仲だろうし、嬢ちゃんが隠したんだろ?」

    奴を引き渡せば大人しく消えてやると、ジャックは言いました。

    メリッサは、舞踏会からナイを見つけるまでの事を思いだします。

    メリッサ「・・・れ」

    ジャック「ん?なんだって?聞こえね・・・ガァッ!!」

    思いっきり脛にメリッサから蹴りを入れられてしまい、その場に座り込んでしまいました。

    メリッサ「黙れって」

    顔は笑っていますが、どうみても笑顔には見えません。

    そしてメリッサはヘイニーを呼び、周りの物を片付けて他の人たちも全員避難させたか確認しました。

    ヘイニー「はい、もちろん!」

    メリッサ「でかしたわ。ヘイニーも少し後ろに下がってて。聞き分けの悪い最低なこの男に、礼儀作法を叩きこまなきゃいけないから」

    スポンサードリンク

    ナインの居場所

    ガッ!

    ゴンッ!

    メリッサ「お仕置きが足りない様ね」

    シュバッ!

    ジャック「おい!てめぇ!」

    あっさりとやられてしまうジャック。

    メリッサ「そろそろ諦めたら?気の毒になってきたわ」

    ジャック「うるせぇ!クソッ!」

    そしてもう一度立ち上がり、メリッサに向かってきます。

     

    メリッサ「要するにナインを引き渡せと・・・?」

    ボロボロになったジャックは大人しくなりました。

    ジャック「あいつは死ぬべきだ!・・・です」

    正座させられているジャックの前で、メリッサはイスに座りお茶を飲んでいます。

    メリッサ「私がナインを隠した証拠や、ここにいるって言い張る根拠は?」

    ジャック「そんなの決まってんだろ!首都に逃げたって聞いてから春からずっと探したってのにみつからねえん・・・です!」

    たまたま舞踏会に参加していた部下が、ナインを見つけたのだそうです。

    いきなり去ったのはそのせいか・・・、逃げたのは許してあげようとメリッサは考えています。

    ジャック「だからあの時殺そうとしたのに、俺の目を攻撃して逃げやがった・・・汚ねぇ奴だぜ!」

    「首都に何のツテもねぇんだから、当然一緒にいたアマの家に・・・」

    メリッサ「アマ?」

    持っていたティーカップを、音を立てておきました。

    ジャック「あ・・・いや、その・・・すまん・・・」

    メリッサ「続けて」

    ジャック「・・・それで、この前奴がいないか確認しに来たら、白髪頭に出くわして・・・」

    「お前が正式に出直してこいっていうから、手紙をだして今日ここに・・」

    メリッサはため息をつきました。

    メリッサ「たったそれだけで?憶測だけを頼りによく公爵邸で二回も暴れられたわね」

    愚かにもほどがあるとメリッサが言うと、ジャックは今日はお前が先に攻撃してきたとまた声を荒げました。

    ですがメリッサに黙りなさいと言われると、すぐに大人しくなるのです。

    メリッサ「ホント・・・おバカなのは知ってたけど、そうやったら要求を呑むとでも思った?」

    「ナインがここにいなかったらどうするつもりよ」

    二人の元に歩いてくる足が見えます。

    メリッサ「まぁ・・・今回は褒めてあげるわ」

    ジャック「は・・・?」

    ポカンとしているジャックの目の前に現れたのは、ナインでした。

    メリッサ「半分は当てたもの」

    メリッサの後ろにニコニコしながら立っているナイン。

    ジャック「てめぇ・・・この野郎・・・!全部当たりじゃねぇか!」

    メリッサ「私は彼をかくまってないわ。そしてあんたに引き渡すつもりもない」

    それを聞いたジャックは、何だと!?と怒りを露わにしました。

    メリッサ「ナインはもう私のものだし、私は自分のものをそうやすやすと差し出さない主義だから」

    悪女ならばこのくらいはしないとと、メリッサは強気です。

     

     

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第23話】の感想

    ナインが無事でよかったです!!

    そしてこの様子だと、怪我も治ってそうですね!

    ただ、メリッサの腕に包帯が巻かれているのに気づきました。

    ジャックにお仕置きをしている時についたのでしょうか?

     

    ジャックはメリッサに負けてしまい、かなり小さくなっていますね。

    ですがなんとしてでもナインを連れて帰りたいようです。

    メリッサが渡すことはないと思いますが、ジャックが納得して帰ってくれるでしょうか?

    メリッサの強さが面白くて・・・、あの剣があってよかったですね!

    もう自分のものにしちゃいましょう(笑)

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第23話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク