ピッコマ|最終レベル英雄のご帰還【第42話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画「最終レベル英雄のご帰還」は、Devil’s tail・Yudo先生の作品です。

王国内の権力争いに敗れた王子「デイビー」。

昏睡状態の中、魂のみが抜け出して到着したところは、英雄たちの魂が集まる巨大な回廊。

千年もの間苦労した彼が、最高レベルの英雄となって帰ってきた。

以下、ネタバレとなりますご注意ください。

\ 全話更新中! /

最終レベル英雄のご帰還のネタバレ一覧

スポンサードリンク

最終レベル英雄のご帰還【第42話】のあらすじ・ネタバレ

中に入れてもらえなかったデイビーはため息をつきながら、そばにあった岩の上に腰を下ろしました。

バリエッタ侯爵家の領地だとはいえ、想像以上に最悪な今の状況にうんざりなのです。

すると隣に座っていた男性が、まだ何も知らないところからして遠くから来たのではないかと話しかけてきました。

男性から、この領地に今起きていることを聞いてみると、中に入るのには通行税が必要なことが分かりました。

どうやら通行税を奪い取るのが、この土地での日常となってしまっているようです。

法律はずいぶん前に改正され、通行税を取ることは禁止されているというのに、こんなことをしているなんてと呆れるデイビー。

それを見ていた男性は、故郷にいる孫のことを思い出したと言ってデイビーに通行税を握らせてくれたのです。

しかしデイビーは気持ちだけありがたく受け取り、お金はお孫さんにあげるプレゼントに使って欲しいと返しました。

下手に殴り合いなどしたところで袋叩きに遭うだけだと知っている老人は、そのまま門の方へと向かってしまったデイビーを呼び止めますが、その声はデイビーには届きません。

バリエッタ公爵が法律だと笑う男たち

ついに門番の男の前に立ったデイビー。

すると男は、まだいたのかよと呆れたような反応を見せます。

デイビーはこれまで受け取った通行税を返すように促します。

他国の国民または交易のための大規模な行列でない限り、通行税を取ることは違法だと明確な理由を添えて…

しかし門番は、それで何なんだとデイビーの頭を押さえつけながら、バカにしたかのように笑っています。

国の法律で始末する前に最後に忠告すると、再び今まで受け取った金の返却を求めますが、男たちはやっぱりバカにするかのように笑っています。

そしてついに門番の男は、デイビーに剣を突きつけてきたのです。

男はデイビーが何者かには気づいていないようで、お前一人死んだからって何が変わると思うか?と笑っています。

さらには、ここでは自分たちやバリエッタ公爵が法律だから、デイビーが言っているような法律を守る必要がないと断言してしまいました。

 

言い争うデイビーと門番の男の間に立ったのはさっきの男性です。

子ども相手にそんなことをしなくても…とこの男性が発言したことで、門番の男はターゲットをこの男性に変えてしまいます。

男はデイビーに突きつけていた剣を、その男性目がけて振り下ろしてしまったのです。

しかしその剣はデイビーの膝蹴りによって天高く舞っていき、男性の命は守られました。

デイビー「か弱いご老人に刀を向けるとはけしからん奴だな」

「王国民の血税を強制的に脅して徴収した罪は国家の公金の横領と同等の罪だ」

「これに対する処罰は…」

「即刻 斬首刑」

デイビーは空高く飛ばした剣を見事にキャッチすると、その男の首を一発で斬り飛ばしてしまったのです。

 

これにはその場にいた誰もが恐怖で静まり返ります。

デイビーは斬り落とした男の頭の上に片足を乗せながら、今すぐ管理人を呼んでこいと告げるのです。

しかし他の門番たちはデイビーをイカれた奴だと言って、四方から囲い込んでしまいました。

身分を騙したせいでもあるけれど、三代を滅ぼす反逆罪に該当すると忠告したところで、彼らが意味を理解できるはずもありません。

早速そのうちの一人が剣を振り回しデイビーに向かってきました。

デイビーは何のためらいもなく、その男の腕を切り落としてしまいます。

そして再びいますぐ管理人を呼ぶようにと告げるのです。

ゲルタ子爵の運命は?

そこへやってきたのはゲルタ子爵です。

デイビーは子爵目掛けて、ミスリル王家のネックレスを投げつけると、護衛の騎士がいないからとおかしな考えを持つのはやめるようにと忠告します。

子爵はすぐに、デイビーだと気づいたようで、その場に土下座しながら、領地の事情が厳しくやってしまったことだと説明しました。

しかし大陸連合から宝物だと指定された遺跡がある領地の事情が厳しいだなんて信じられません。

 

デルタ子爵は、密かに調査をするなんて理不尽だと反論し、公式の文章もない横暴なやり方だと否定するのです。

さらに公式文章もなくこんな事件を起こしてしまうなんて、バリエッタ公爵が黙っていないだろうと脅しのような発言も…

子爵がこのように言うのはおそらく大半の領地がこのザマだからでしょう。

監察官だとしても後が怖くて黙認するのも分からないでもありません。

 

見事にデイビーを黙らせることに成功した子爵は、ニヤリと不気味に笑いながら、善処してもてなすからと邸宅に誘いました。

デイビー「だけどな子爵」

「噂を聞いてないのか?」

子爵「はい?」

デイビー「俺が血に狂ってるって」

デイビーは、その言葉の意味が分かっていない子爵の返事を最後まで聞くことなく、その首を斬ってしまうのでした。

\ 全話更新中! /

最終レベル英雄のご帰還のネタバレ一覧

最終レベル英雄のご帰還【第42話】の感想

謎のご老人のおかげで、ここで何が行われているのか分かりました。

やはり中に入れるのは通行税を渡している人だけだったんですね。

国の法律で禁じられている財源ということは、一体どこにそれを使っていたのかも気になります。

バリエッタ公爵をはじめとする貴族たちがおいしい思いをしていたのかと思うと、腹立たしい限りです。

リネス王妃だけでなく、バリエッタ公爵も排除しなければ、この国に明るい未来はないでしょう。

門番の男に子爵にと斬首刑に処したことで、これからまたバリエッタ公爵との折り合いが悪くなりそうです。

情報が公爵の耳に入る前に、スルトの遺したものを見つけ出したいですね。

それにしてもあのご老人、ただ者じゃない気がするのは私だけでしょうか?

まとめ

以上、ピッコマで配信中の最終レベル英雄のご帰還【第42話】のネタバレをご紹介しました。

最終レベル英雄のご帰還はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク