ピッコマ|最終レベル英雄のご帰還【第38話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画「最終レベル英雄のご帰還」は、Devil’s tail・Yudo先生の作品です。

王国内の権力争いに敗れた王子「デイビー」。

昏睡状態の中、魂のみが抜け出して到着したところは、英雄たちの魂が集まる巨大な回廊。

千年もの間苦労した彼が、最高レベルの英雄となって帰ってきた。

以下、ネタバレとなりますご注意ください。

\ 全話更新中! /

最終レベル英雄のご帰還のネタバレ一覧

スポンサードリンク

最終レベル英雄のご帰還【第38話】のあらすじ・ネタバレ

精霊力の根幹がマナ・神聖力・死霊マナにあるため、力を持った者であれば誰でも十分に精霊を呼ぶことができる。

そんな力を使って、デイビーは精霊たちを呼び出していきます。

しかしペルセルクは、デイビーが果たして精霊マナを使って何をしようとしているのかまでは、分からないようです。

 

デイビーはこの場所が”月の女神の庭園”と呼ばれていて、精霊の一部である場所から、精霊の力帯びた花を許可なく摘めば問題が起きてしまうと考えています。

精霊たちを集めたところで深く息を吸うと、大きな声で問いかけました。

デイビー「そこにいるか?」

「俺の声が聞こえるか?」

次々とデイビーの声に精霊たちが反応を示します。

なんとデイビーが今話したのは、精霊語だったのです。

精霊たちと精霊語で交渉を行った後に、デイビーはついに持っていっても良いとの許可を得ることに成功しました。

嬉しそうにペルセルクに報告し、エルフにバレる前に早く帰ろうと言いました。

しかしその姿をエルフであるユリアは、力を使って見ていたのです。

ユリアはデイビーをどう扱う?

何の準備も対価もなしに、自然の精霊と意思疎通をはかりながら許可を得る人間の姿を見たユリアは、ドキドキと心臓の音が大きくなるのを感じています。

目の前にいるメディスにこの話をしてしまおうかという考えも頭に浮かびますが、まずはなぜ出したお茶を飲まないのかということを問い詰めてみることに…

せっかく丸々に太ったコオロギの死体を見つけ出して羽を分離した後、1週間以上カラカラに乾かしてお茶を入れたのに、その誠意が師匠であるメディスに無視されてしまうなんて、ユリアはショックでたまらないのです。

メディスは胃もたれを起こしていると言い訳しますが、すると今度は新しく開発したメニューがあるからそれを飲んでみてはと提案されてしまい、完全に逃げ場を失います。

そんなメディスにユリアは、もしもの話としてエルフの目をだまし月の庭園に入り込んだ人間が自然の精霊たちと意思疎通をはかる確率と、偉大な存在が眠りから覚める確率ならどちらの方が高いかという質問をしてみました。

メディスは、ユリアの真剣な眼差しから、冗談で聞いているわけではないんだろうと察して、可能性が高いのは後者の方だろうと答えます。

ドラゴンが姿を消してからずいぶん経つものの、彼らは確実に存在しているとメディスは考えているようです。

一方で、性質が混沌に近いために自然親和力を高めるのが難しいため、自然の精霊を見られるような人間は存在しないというのがメディスの主張です。

メディスの意見を静かに聞いていたユリアですが、村を救う方法を思いついたと、近々少し村を離れることを決めるのです。

月の草の栽培が始まる

畑へと戻ったデイビーは、4日もかかると言われた作業を、領地民たちがたった半日で終えてしまったとの現実に驚かされていました。

なんと領地民たちは、デイビーへの恩返しがしたいという気持ちだけで、驚異のスピードで作業を完了させてしまったというのです。

こうして本格的に月の草の生産が始まったものの、領地のあちこちでは怪しがる声が上がっていました。

しかし月の花が完全に育つまでには4〜5ヶ月という長い時間がかかります。

本来ならば精霊の力を加えて花を咲かす必要があるところですが、売れるのが花ではなく葉であるため、適当に条件を合わせて育てていくつもりです。

不安がるモンミダーをよそに、デイビーは雨を降らせたり気温を調整したりして、ついに4ヶ月の時を過ごしたのです。

 

その頃、とある場所では貴族らしい人々がハインス領地という田舎で月の草を栽培しているという噂で盛り上がっていました。

そんなあり得ない実験を許可するなんてと、領主の頭のおかしさを笑う者がいる中、なんとその実験を主導したのがその領主だという情報が上がります。

そこへ2人の男性が姿を見せ、5年前に呪いによって多くの学者たちが行き交った場所で、どうしてそんなことがと会話に入ってきました。

最近その呪いの土地に雨が降っているようではあるものの、ちゃんと立て直すのには10年以上はかかるはず…

その領主が他でもないラウン王国の第一王子だということもあり、その場にいた誰もが、左遷されたショックで頭がおかしくなったんだろうとバカにして笑っています。

しかし後から話に入ってきた男たちだけは、反応が違うのです。

彼はレッドリア赤塔の魔塔主 賢者ヘリソン。

会場内でデイビーたちをバカにして笑っている人たちよりも、もっといろんな情報を手にしているようです。

東側に面白いことが起こりそうだと、一緒にいたユリス長老に準備するよう指示するのです。

\ 全話更新中! /

最終レベル英雄のご帰還のネタバレ一覧

最終レベル英雄のご帰還【第38話】の感想

エルフに見つからないように月の草をもらいに行ったデイビーでしたが、思わぬ形で見つかっていましたね。

それもまた計算済みのことなのかもしれませんが、今は月の草の栽培と領地への収入を安定させるのに忙しい時期なので、厄介なことにならないようにと願うばかりです。

ユリアはデイビーの力を使って何をしようと考えているのでしょう。

村を救う方法と言っていたので、森を復活させるようなことでしょうか。

天気を操れるデイビーにとったらそんなことお安い御用な気もするので、条件次第ではエルフと契約を交わすことにもなりそうですね。

まさか領地でエルフと共生するなんて展開もありうるかも…!?

なんだかだんだん生きるための場所として領地が整備されてきて、楽しくなってきました。

次は一体どんなことをするんだろうと期待が高まりますが、まずは月の草を完成させることですね。

すでに領地外にも情報は広まっているようですし、完成させることができれば、狙い通り大きな収入源にすることができるでしょう。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の最終レベル英雄のご帰還【第38話】のネタバレをご紹介しました。

最終レベル英雄のご帰還はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク