ピッコマ|ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第17話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」は、Junilius先生、BAEK JI-YEON先生、kin先生の作品です。

    小説の中の悪の一族、アグリチェ一家の娘「ロクサナ」に生まれ変わっていた!

    アグリチェ一族は人殺しをものともしない残虐非道な一族で、ロクサナ自身もその中の一人です。

    ロクサナの父「ラント」が拉致してきた男は、アグリチェ一族とは対極のぺデリアン一族のプリンス「カシス」でした。

    アグリチェ一族の誰もがカシスを殺そうとする中、ロクサナだけは唯一家族を騙してでも必死に救おうとするのです。

    徐々に心を開いてくれるカシスですが・・・。

     

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜のネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第17話】のあらすじ・ネタバレ

    ティーパーティーの会場でのこと。

    エミリーが力をつかって、次々と魔物のカランチュラを倒していきます。

    エミリー「お嬢様の手を煩わせるわけにはいきません。ここは私にお任せください」

    ロクサナ「助かるわ」

    エミリーの力の代償は生命力。

    なのでロクサナは、これ以上力を使うのはダメだと止めました。

    「エミリーもこれいる?マリアおばさまがこだわって作ったからか、このゲージの鉄パイプかなり頑丈よ」

    そう話すのは、グリジェルダ・アグリチェ。

    彼女はロクサナの腹違いの姉です。

    グリジェルダ「ここは片付いたしそろそろ私は外にいる魔物を処理しに行くわね」

    ロクサナ「ありがとう。周辺の魔物はお姉様に任せていいかしら?」

    これはジェレミーに悪ふざけが招いたことだろうから、あなたのオモチャが取り返しのつかないことになる前に早く行った方がいいと言ってくれました。

    ロクサナはその場をグリジェルダに任せて、カシスの元へと向かいます。

    駆けつけたロクサナ

    ジェレミー「サ・・・サナ姉ちゃん!!」

    ある程度は予想していましたが、まさかカシスをとらえたのがデオンだとは思いもしませんでした。

     

    ロクサナ「ジェレミー、なぜここにお母様がいるの?」

    ジェレミー「それが・・・たぶん姉ちゃんを心配して来たんだと思う」

    ここは危ないから、母を部屋に連れて行くようにジェレミーにお願いしました。

    マリア「シエラ!何があったの!?まさかあの魔物にやられたんじゃ・・・」

    駆けつけたマリアは、デオンが魔物を殺したのか聞きました。

    そして、あなたが生れてから今まで一番誇らしいできことだと褒めたのです。

    ですがデオンは、マリアを睨みつけます。

    ジェレミー「何言ってんだ!?デオンはシエラおばさんに魔物を投げた張本人だぞ!」

    それを聞いたマリアは驚いています。

    母「や・・・やめて・・・おねがいだから・・・。アシルを殺さないで・・・」

    涙を流しながら、身体は震えています。

    マリア「デオン!あなたがあの時アシルを殺したせいで・・・!」

    その瞬間ロクサナはデオンの元に行き、平手打ちをしました。

    ロクサナ「勝手に人の物に手を出すだけでは飽き足らず、お母様まで巻き込むなんて。許さない」

    思いっきり睨みつけました。

    デオン「飼い主から逃げた犬を捕まえた礼にしては、ちょっとやり過ぎじゃないか?」

    彼は冷めた笑顔で、ロクサナを見つめます。

    ロクサナ「そんなこと誰も頼んでないわ。罰なら私が与える。わかったらさっさとその足をどけて」

    デオンは楽しませてもらったと言いながら、ロクサナの頬に触れました。

    デオン「今日はこのくらいにしておこう。お前がこんなに腹を立てるのは久しぶりだな」

    「悪くない、だが・・・あの時のような泣き顔が見れなくて残念だ」

    ロクサナの目の下には、デオンがつけた傷ができました。

    それを見ていたジェレミーは、汚い手で触りやがってと怒鳴っています。

    ですがデオンはそのままどこかへ行ってしまいました。

    スポンサードリンク

    カシスを連れ出すように命令した人物

    エミリー「お嬢様、言われた通り温室に来た部下は全員処罰した後、牢屋に入れました」

    「デオン坊ちゃんの伝言を伝えた者たちも探したのですが、魔物にやられて全員死んだようです」

    そのため今回のデオンの行為に関しては、証人がいないので処罰は難しいそうです。

    ロクサナ「そう…仕方ないわね」

    噂では、ロクサナのオモチャを連れ出すためにマリアがデオンの名前を使ったともいわれているそうで、証拠隠滅のためにマリアが関係者を全員処罰しているなんて話も流れています。

    ロクサナ「おもしろい」

     

    デオンの名前を使ってカシスを連れ出そうとしたのは、実はロクサナなのです。

    計画外の事態にはなりましたが、作戦は成功。

    ジェレミーが飼育場を開けるのは予想できませんでしたが、どうせカシスはこの家からでることはできないのです。

    この前見せたこの家の地図は、半分偽物。

    ロクサナの助けなしでは脱出は不可能だとわからせようとしていたのですが、母を助けたせいで捕まるとは予想外でした。

    エミリー「カシス・ペデリアンの処罰はどうしましょう?」

    ロクサナ「幻覚部屋に入れてしまって」

    エミリー「かしこまりました」

     

    次に部屋にやってきたのは、母の命令で来たメイドです。

    ロクサナ「お母様が目を覚ましたのね」

    母は今、ロクサナを探しているそうです。

    まだ立ち上がることができないそうで、代わりにメイドがやってきました。

    ロクサナ「そう・・・お母様が呼んでるなら行かなきゃね。今から行くわ」

    胸の痛み

    母「サナ、大丈夫?」

    ロクサナ「私は平気です」

    そして母は、温室の中にも魔物が侵入したと聞いたが怪我はないかロクサナに聞きました。

    ロクサナ「お母様、少し落ち着いてください」

    「見ての通り、私はどこも怪我していません」

    それを聞いた母は、安心したようです。

    ロクサナ「ところでお母様はどうしてあそこに?私は当然、部屋にいらっしゃるものだと・・・」

    「魔物が飼育場から逃げたと聞かなかったのですか?」

    母「聞いたわ・・・。でも魔物が逃げた飼育場が温室の近くだったから」

    ロクサナが心配で探しに行ったのだそうです。

    少し、胸が痛みます。

    ロクサナ「・・・心配してくださってありがとうございます」

    「でも・・・正直言って邪魔ですわ」

    冷たい笑みを浮かべながら言いました。

    その言葉とロクサナに表情に、母は驚きとショックを受けた表情をしています。

     

    \ 全話更新中! /

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜のネタバレ一覧

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第17話】の感想

    母はなんとか無事でした。

    そしてマリアが駆けつけて心配をしていましたが、なんとわざとらしい!なんて思ってしまいました。

    ですがこの計画は、ロクサナのものだったんですね。

    マリアがカシスを見たいがために連れ出そうとしたのかと思っていました。

    ロクサナの計画は、カシスが逃げられないとまでしっかりと出来ていましたが、デオンに会うのは予想外だったようです。

    ここまで大ごとになるなんて思わなかったそうですが、カシスがちゃんとオモチャだと証明できたのは良いことです。

    ただ、デオンに処罰がくだらないかもしれないのは嫌ですよね・・・。

     

    ロクサナは母の元に行き、冷たく拒否していますが…胸が痛んでいます。

    きっと母を傷つけない為にそう言ったのかなと思いました。

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第17話】のネタバレをご紹介しました。

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク