ピッコマ|ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第16話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」は、Junilius先生、BAEK JI-YEON先生、kin先生の作品です。

    小説の中の悪の一族、アグリチェ一家の娘「ロクサナ」に生まれ変わっていた!

    アグリチェ一族は人殺しをものともしない残虐非道な一族で、ロクサナ自身もその中の一人です。

    ロクサナの父「ラント」が拉致してきた男は、アグリチェ一族とは対極のぺデリアン一族のプリンス「カシス」でした。

    アグリチェ一族の誰もがカシスを殺そうとする中、ロクサナだけは唯一家族を騙してでも必死に救おうとするのです。

    徐々に心を開いてくれるカシスですが・・・。

     

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜のネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第16話】のあらすじ・ネタバレ

    カシス(ラント・アグリチェ!?いや・・・それにしては若すぎる)

    カシスはデオンだと気づいていません。

    ジェレミー「あいつを見ただけで吐き気がするぜ」

    デオンはカシスを睨みつけます。

    そして木の上にいるジェレミーに、飼育場を勝手に開けたのはお前かと確認しました。

    デオン「問題ばかり起こすのは相変わらずだな。お前が愚かなのは知っていたが、まさかこれほどまでとは」

    ジェレミー「てめえ・・ケンカ売ってんのか!?」

    もとはと言えばお前のせいだ!お前がロクサナのオモチャを連れてこいと命令したからだと、デオンに言ったのです。

    デオン「・・・・・。また母さんが余計なことをしたようだな」

    そしてもう一度、カシスの方を向きます。

    デオン「発情した雄犬のように興奮し乱れる青の皇太子とは・・・確かに見ものだな」

    「そういえば少し前に、境界で見つけた捜索犬を何匹か処理した。見失った飼い主を捜しに来たペデリアンの忠犬のようだったが、意外としぶとくてなかなか手こずったものだ」

    それを聞いたカシスは怒りを露わにします。

    カシス「つまり・・・俺の部下をその手で殺したと。そう言いたいのか!?」

    そう言って、デオンに槍を向けました。

    デオンが笑いながら、どうせ飼い主ももうじき同じ場所に行くんだしいいだろうと言うと、カシスの槍が飛んできたのです。

    剣でその槍を交わすデオン。

    カシスは舌打ちをしましたが、それでも何度も攻撃をしました。

    そのたびにデオンは、簡単にかわします。

    デオン「いい目つきだ」

    カシスは彼がわざと手加減をしていることに気づくのです。

    デオン「ペデリアンの犬にしてはなかなか素早い。他の犬より頭もよさそうだしな」

    カシス「なぜ俺を殺そうとしない」

    カシス「お前の処分は俺の役目ではないからだ」

    ここに誘導したのは、生け捕りにするためか!とカシスは言います。

    なかなか物分かりがいいと笑うデオン。

    ですがすぐにばれてしまっては、罠を仕掛けた部下たちの努力が報われないなどと言うのです。

    「サナ・・・!サナ!!」

    二人の元に現れたのは、ロクサナの母です。

    カシスは、自分のことをアシルと間違えていたときのことを思い出します。

    ロクサナが参加するティーパーティーは温室で開かれているはずなのに、どうしてここで彼女を捜しているのか、疑問に思います。

    まさか何か問題でも起きているのでは・・・?

    母はデオンの存在に気づきます。

    母「デ・・・デオン!」

    デオンが魔物を投げた先には・・・

    デオンの後ろには、芋虫のような魔物がいました。

    「キエエエエッ!」

    襲ってきたその魔物を剣にくっつけています。

    カシス(魔物に気を取られている隙に・・・逃げるしかない)

    その場から立ち去ろうとするカシスですが、デオンはもちろん気づいています。

    すると剣に付いている魔物を、ロクサナの母の方へ投げたのです。

    ジェレミー「てめえ何のつもりだ!ついにイカれたのか!?」

    「サナ姉ちゃんの母親を殺す気か!?」

    その瞬間、カシスは気づきます。

    走っても間に合わない・・・、だったら・・・。

    これで魔物の頭を狙うしかないと、槍を思いっきり投げつけます。

    母「きゃあっ!」

    ギリギリのところで、魔物の頭に槍が刺さりました。

    拘束具が発動し、カシスはその場に座り込みます。

    カシス「うっ・・・!」

    魔物に驚いた母は助かりましたが、その場に座り込んでいます。

     

    カシスを後ろから蹴りつけたのはデオンです。

    カシス「ぐはっ!!」

    そのまま足で踏みつけて、カシスの手についている拘束具に何か細工をしました。

    すると急にカシスが苦しみだし、バチバチと眩しい光が発せられるのです。

    その様子を見ていたロクサナの母は、アシルの最期を思いだしてしまいました。

    ジェレミー「おばさん、大丈夫?」

    母「や・・・やめて・・・」

    ジェレミー「おばさん?なんか様子が・・・」

    母「私のアシルを・・・殺さないで。お願いやめて・・・」

    母はその場でうずくまって震えています。

     

    デオンが持っている槍が、急に折れてしまいました。

    「騒がしいわね、一体何事?」

    その場に現れたのは、ロクサナです。

     

    スポンサードリンク

     

    \ 全話更新中! /

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜のネタバレ一覧

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第16話】の感想

    やっとロクサナが来てくれました。

    ですがカシスは拘束具とデオンにやられてしまい、母はそのせいで精神的におかしくなってしまいました。

    よほどショックだったのでしょう・・・。

    ジェレミーは心配そうに母に駆けつけていますが、もとはと言えば彼のせいです。

    カシスのせいにしようとしていますが、門を開けたのは彼なので、何か罰が下されそうですね。

     

    ロクサナはどうやってこの場を抑えるのか・・・。

    そしてカシスに何事もないといいのですが・・・。

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第16話】のネタバレをご紹介しました。

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク