ピッコマ|お嬢様はロイヤル・シェフ【第23話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画お嬢様はロイヤル・シェフは、Lysha・PAYA先生の作品です。

小さな食堂を営んでいたユン・セナ――。

ある日、交通事故に遭ったセナが目を覚ますと、なんと皇帝も恐れる家門の末っ子、セニアナ嬢になっていた。

セナが憑依したセニアナは、家族からのけ者にされていて、最初はセナも逃げようとするのだが…

\ 全話更新中! /

お嬢様はロイヤル・シェフのネタバレ一覧

スポンサードリンク

お嬢様はロイヤル・シェフ【第23話】のあらすじ・ネタバレ

二人のお兄様からもらった黄色い胃薬は、先ほどキッチンに置かれていたものと同じように見えます。

思い返してみると、食堂を出る時お爺様に呼び止められたものの、なんでもないと言われて微妙な空気となっていました。

もしかするとお爺様がくれたのかもしれないという考えが頭に浮かびますが、それはあり得ないだろうと今は仕事に集中することに決めるのです。

 

バタバタとキッチンを動き回るセニアナを見ながら、ガウェインはまるでひよこだと言っています。

同じものを食べて育ったはずなのに、なんであんなにも小柄なのかと、話しているのも聞こえてきて、二人の視線がずっと向けられている状況にどうも集中できません。

しかしそんな中、一生懸命作った料理が完成します。

セニアナ(離れから城までは距離があるから白の厨房で焼こう)

(ミートボールの代わりに手作りの「アレ」も入れたし…)

シトロン「お嬢様、そろそろお時間です」

「料理は出来上がりましたか?」

セニアナ「うん、このまま城の厨房まで持って行って」

シトロン「オーブンで焼くんですよね?」

セニアナ「そう、量が多いから30分ほど焼いて それと…」

シトロン「お嬢様の調理室にあるオーブンと同じもので3回に分けて焼くように言いつけておきます」

晩餐会用の厨房をあらかじめ確認した際、オーブンの火力が強すぎる事が分かりました。

さらに火力を細かく調整できないため、料理が焦げてしまわないように3回に分けて焼くことに決めていたのです。

いよいよ晩餐会が始まる

シトロンがまるで妖精さんだと絶賛するドレスに着替えて、会場へと向かうと会場内の誰しもが驚きの眼差しを向けてきます。

セニアナはおしゃれを嫌っていたので、みんな衝撃的なようです。

お兄様達と合流し話していると、とある男女が声をかけてきました。

女性「ドミニク殿下がレディの料理を召し上がると伺いました」

「殿下は本当に運がいいですね」

男性「ハハ レディの料理を召し上がれるとは」

セニアナ(口調は親切だけど完全に見下してる)

女性「楽しみですね」

セニアナ(私がお爺様に嫌われてると思ってバカにしてるのね)

ガウェイン「その…」

 

そこへシトロンがやってきて、なんと料理が丸こげになったという信じられない報告を受けたのです。

城のキッチンへ向かうと、二人のシェフが言い争いをしていました。

シェフ「貴様!お嬢様の料理を台無しにするなんて!」

シェフ「お嬢様がもっと詳しく説明してくださったら、こ…こんなことにはならなかったはず。オーブンの特性をご存知でなかったから焼くのは1回でいいと思われたようで…!」

シトロン「何ですって!?」

「嘘です!お嬢様はこのオーブンをあらかじめ確認されました!それで3回に分けて焼くように仰ったんです!」

シェフ「わ…私は聞いてません。そもそもそれが本当かどうかは…」

シトロン「何てことを!」

シェフ「料理に慣れてないお嬢様にオーブンの火加減が分かるはずないでしょう?」

シトロン「この無礼者…!」

アゴン料理長「一体何事だ!」

セニアナ(前菜が出されたばかりだから…私に与えられた時間は20分程度)

スポンサードリンク

嘘つきシェフへの制裁も忘れない

言い争うシトロン達の隣で、セニアナはここからどうすれば良いのかを考えています。

すると焦げた料理に目が止まります。

 

シトロン「嘘をつくなんて!執事さんに詳細を伝えておきます!」

シェフ「それは困ります!これが外に漏れたら厨房の名誉が…!」

セニアナ「さあみんな仕事に戻って」

シェフ「し、しかし!」

セニアナ「持ち場に戻りなさい。お客様が待っている限りシェフは料理に集中する!それがシェフの基本でしょ」

シェフ「お嬢様の仰る通りです。早く戻りましょう!」

髪の毛を束ね、修正作業に入ろうとしたセニアナは、料理長の視線に気付きます。

料理長は少し目を逸らして何でもないと答えるので、テーブル用のコンロを用意するよう伝えます。

料理を焦がしてしまったにもかかわらず嘘をついていたシェフは、なんとか乗り切ったというようにほっとした様子です。

セニアナはもちろんそんな彼の表情を見逃しませんでした。

セニアナ「安心してる場合じゃないわよ?」

シェフ「えっ…?」

セニアナ「今回のことは後でちゃんと話し合うわ」

「平気でウソをついたんだから」

「覚悟しておきなさい」

\ 全話更新中! /

お嬢様はロイヤル・シェフのネタバレ一覧

お嬢様はロイヤル・シェフ【第23話】の感想

何だか兄妹仲が良くなりすぎて、三人が揃うと本当に穏やかな空気が流れますね。

相変わらずセニアナは警戒心が大半なので、安心して料理に取り組めはしませんが、無事に料理の基本が完成しました。

城のキッチンの確認まで行うあたり、さすがだなと思いました。

同じ城の中にあるキッチンなので、同じような道具を使ってそうなものですが、同じように作ると丸焦げになってしまうため、分けて焼くようにと指示しパーティーへと向かいました。

あのヒガミ男、ヒガミ女には非常にいらっとさせられましたが、まだセニアナの変化を知らないのでしょう。

もし彼らも食べる機会があるなら、美味しい料理を食べてギャフンと言ってほしいですね。

あとは時を待つだけと思いきや、まさかのシェフのミスで料理が丸焦げになるという悲劇!!

あれほどしっかり確認したにも関わらず…

挙げ句の果てには嘘をついてセニアナのせいにまでされ…

本当に今までセニアナが自殺未遂になるまで追い込まれてしまったのは、関わる全ての人にこんな扱いを受けていたからでしょう。

言い返したセニアナさすが!!と思いました。

あのシェフに厳罰が与えられますように。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のお嬢様はロイヤル・シェフ【第23話】のネタバレをご紹介しました。

お嬢様はロイヤル・シェフはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク