ピッコマ|俺一人だけカンストレベル帰還者【第6話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画俺一人だけカンストレベル帰還者は、Vertwo・Anaziro・Honey先生の作品です。

世界から1億2千万人の人間が消えた。

”最終クエスト完了報酬『帰還』が始まります” 22年ぶりにたった一人で最悪のサバイバルゲームをクリアした「伊野 明祥」。

「一人軍団、最強プレーヤー」と呼ばれた男が帰ってきた。

\ 全話更新中! /

俺一人だけカンストレベル帰還者のネタバレ一覧

スポンサードリンク

俺一人だけカンストレベル帰還者【第6話】のあらすじ・ネタバレ

過去のある日のことーー

工房で作業をしていた日比の元に一人の男がやってきました。

扉に入るなと貼っていたにも関わらず、勝手に入ってきたその男は何も言わず、たくさんの宝石が入った袋をテーブルの上に置いたのです。

袋から少し溢れ出たそれは、エファリンの鉄、輝く黒石、デナードの角で間違いありません。

どれもなかなか手に入らないS級アイテムを持ってきた男に、日比はどうやってこれを手に入れたのかと尋ねますが、その質問も完全に流されてしまいました。

男「アイテムを一つ作ってほしいんだが…」

日比「アイテム?」

「どんなアイテムを…」

男「仮面」

これが明祥と日比の出会いでした。

 

今の工房を見渡してみると、かつての小さな工房がこんなに大きくなるなんて感慨深いものがあります。

工房内の見物を十分満喫した明祥に、日比は座るよう声をかけます。

すでに一祥は席についており、明祥との性格の違いを指摘されていました。

 

明祥が席につき、日比は自分が死んでからのことを聞いてみました。

明祥「…クリアしたと思ったよ」

日比「?」

明祥「2年間俺ひとりですべての悪魔君主を倒して、やっとの思いで魔王バアルと戦って勝ったのに…」

「俺が倒したのはバアルじゃなく奴の虚像だった…」

日比「……」

「クックックッ…」

「珍しいな、天下の仮面の君主が虚像も見破れないとは」

明祥「……」

悔しかった感情が込み上げてきて、唇を噛み締める明祥。

そこですかさず一祥が、こうしてクリア報酬も手にして戻ってこられたんだから、これでよかったんだとフォローするのです。

明祥の頼みとは?

日比は明祥に、頼みは何かと聞いてみました。

すると明祥は簡単なことだよと笑って、これからもここに通うつもりだけれど制作順位を最優先にしてほしいとお願いするのです。

日比もそれくらいならと、明祥のお願いをすんなりと受け入れてくれました。

それから一祥の分のアイテムの制作を依頼するのですが、他の人たちに知られては困るからと、少し形を変えてほしいと頼みました。

日比はそれも簡単なことだとOKし、ついに明祥から金槌を返してもらえることとなりました。

しかし日比は気づいてしまったのです。

この金槌だけでは使えないということに…

 

明祥はフフッと笑うと、亜世界からアイテムをいくつか取り出し、日比へ手渡しました。

目の前で起こっている光景がいまいち理解できていないのは一祥です。

一祥「あれは?」

明祥「ああ見えてもあれは鍛冶屋の神、フレイナーの金槌何だ」

「最高装備なだけに特殊スキルがたくさんあるんだ」

「しかし力と体力が200を超えないと装着できない」

一祥「……」

一祥は明祥の話を、目を丸くして聞いているのでした。

スポンサードリンク

明祥の功績

明祥がトイレのため席を外すと、日比は一祥に明祥の話をし始めました。

日比「認めたくながすごい奴だよ」

一祥「仮面の君主ってそんなにすごいんですか?僕は噂でしか知らなくて…」

日比「お前は何年目で死んだ?」

一祥「12年目です」

日比「だったら知らないな」

「お前の兄貴…いや仮面の君主はあっちの世界で何でもできたんだ」

「仮面の君主はその存在だけで、不可能を可能にする力があった」

「3つの攻撃隊を飲み込んだ悪竜ネルマスの首を取ったのも」

「アメリカのアブソルート・ギルドを中心に、4つの巨大ギルドが攻略に失敗した悪魔の祠をクリアしたのも」

「他にも多くの不可能を解決したのがお前の兄貴だ」

「あの時に400決死隊にさえ入ってなければ…」

一祥「兄のことを恨んではいませんか?」

日比「はは…恨みたくてもそうできないな」

 

するとそこへ明祥が戻ってきて、君主の仮面を作ってくれたのが日比だと教えてくれました。

日比にとってもその仮面は最高傑作だと、二人は静かに微笑みを浮かべるのでした。

新たなる計画

すると突然、明祥が東京近辺に良い城がないかと言い始めました。

日比はその質問に、何か思い当たることがあるようです。

日比「明祥お前まさか…」

明祥「ああそう、戻ってきたし引っ越さないとな」

「新しい家に」

\ 全話更新中! /

俺一人だけカンストレベル帰還者のネタバレ一覧

俺一人だけカンストレベル帰還者【第6話】の感想

明祥と日比の間には男の友情!みたいなものが感じられますね。

お互いに子供のようにじゃれあってみたり、時には褒め称え、なんだかいろんなことを理解しあっている気がしました。

弟である一祥以上の絆のようにも見えましたね。

そして仮面の君主と呼ばれるきっかけともなった仮面を作ったのも日比でした。

作業中に勝手に入ってくるのは、今も昔も変わっていなくて、あの時工房まで走ったのは過去と同じようにして再会したかったから?なんて考えちゃいました。

明祥は無事に日比にお願いしたかったことを受け入れてもらい、一祥の武器も作ってもらえるようになりました。

そこで次に、引越しを始めようとしているようなのですが、何だか日比の様子がおかしかったですよね。

明祥の引越しに、あちらの世界で何かあったのでしょうか?

まとめ

以上、ピッコマで配信中の俺一人だけカンストレベル帰還者【第6話】のネタバレをご紹介しました。

俺一人だけカンストレベル帰還者はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク