ピッコマ|俺一人だけカンストレベル帰還者【第20話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画俺一人だけカンストレベル帰還者は、Vertwo・Anaziro・Honey先生の作品です。

世界から1億2千万人の人間が消えた。

”最終クエスト完了報酬『帰還』が始まります” 22年ぶりにたった一人で最悪のサバイバルゲームをクリアした「伊野 明祥」。

「一人軍団、最強プレーヤー」と呼ばれた男が帰ってきた。

\ 全話更新中! /

俺一人だけカンストレベル帰還者のネタバレ一覧

スポンサードリンク

俺一人だけカンストレベル帰還者【第20話】のあらすじ・ネタバレ

明祥を先頭に霧の中をひたすら進む3人。

そもそも前が見えないため、進んでいる方向が正しいのかすら分かりません。

明祥「気を引き締めろ」

「ほとんどがここで道に迷ってモンスターに食われる」

 

すると突然リリースがお腹空いたからアイスクリームが欲しいと言い始めます。

終わったらあげるって言っただろと説明する明祥と、いますぐアイスクリームが欲しいリリース。

二人は言い合いをしながら、橘の前を歩いています。

まず橘はリリースが何者なのかすら知らないようで、どうして連れてきたんだと尋ねます。

しかし明祥は、確認したいことがあってつれてきただけだから気にするなと答えます。

すると突然、橘の前から2人が姿を消したのです。

霧で視界が悪いだけで目の前にいると信じている橘は、もう出発してから2時間は経っていそうだの、あとどれくらい歩けば良いのかだの話しかけています。

しかし当然ながら明祥の返事はありません。

明祥に危機が迫る!?

いよいよ異変に気づいた橘。

あたりをキョロキョロと見渡していると、突然ドサっという物音が聞こえてきました。

音のした方へ向かってみると、そこには傷を負い座り込んでいる明祥の姿が…

橘「明祥さん!!」

「ど…どないされたんですか?」

「誰にやられたんですか?」

「明祥さん!!」

「しっかりして!」

すると座りこんでじっとしていた明祥の目が突如として黄色く光り、背中から何か尻尾のようなものが体を突き抜けて生えてきたのです。

何が起こっているのか全く理解できない橘ですが、その明祥の体が青い球体により、腹部から完全に破壊されたときには咄嗟にその場を離れます。

 

姿勢を立て直し元の方へと視線を向けると、そこには明祥とリリースの姿がありました。

先ほどの攻撃は明祥によるものなのか、手を広げて立っているのです。

明祥「言っただろ?気を引き締めろって」

「ここは言葉のとおり迷宮の中だ。何が起こるか俺にも分からない」

橘「ああ、はい…」

リリース「しっかりしなさいよ!」

橘「……」

スポンサードリンク

任務を遂行した先に見える景色

それからさらに歩いた先に、青い炎の灯った場所がありました。

ここは入り口を見つけるのがとても難しいため、明祥もエターナル・ワールド時代ここの入り口を探して2〜3週間ほど歩いたんだそう…

この近くの村のNPCからヒントを得てやっと見つけたんだと、橘たちに打ち明けます。

それから近くに落ちていた松明に、その青い炎を灯すと、明祥は橘にそれを託します。

明祥「この前を進むと灯火がいくつか見えてくる」

「必ず3番目と4番目そして7番目の灯火に火をつけるんだ」

橘「……?」

「そしたら入り口が現れるんですね?」

明祥「そうだ。簡単だろ?」

橘「でも自分でつければええのになんで俺に…」

明祥「俺は別にやることがあるんだ」

「何が起こっても気にせず火をつけるんだ」

橘「……?」

 

それがどんな意味を持つのか、全く理解できていない橘ですが、言われた通り2番目と3番目の灯火に火をつけます。

すると突然、上空からバキバキと大きな音が聞こえてきます。

音の正体は分かりませんが、今はただ”何が起こっても気にせず火をつけるんだ”との言葉に従うしかありません。

 

バキッ

ビキ

ドンゴン

ゴゴゴゴ

 

鈍い音が鳴り響く中、橘は7番目の灯火目指して走ります。

ついに7番目の灯火に火をつけた瞬間、一気に霧が晴れ視界がひらけていきます。

そうして目の前に現れたのは、黄金色に輝くピラミッドだったのです。

橘「これが…大迷宮?」

明祥「遅かったじゃないか?」

 

振り返るとそこには、倒された無数のモンスターの上に立つ明祥達の姿がありました。

どうやら橘が火をつけるため走っていた間に、倒したようです。

しかしまだたくさん残ってるんだと言って、橘もすぐさま戦いに加わるよう指示を受けます。

準備する時間を…と言い訳している間に、また一つドオンと鈍い音を立てて、何かが飛んできたのです。

\ 全話更新中! /

俺一人だけカンストレベル帰還者のネタバレ一覧

俺一人だけカンストレベル帰還者【第20話】の感想

かなり壮絶な現場でしたね。

本当に霧が酷くて、一瞬で橘は明祥たちを見失ってしまいました。

果たしてあの偽明祥は一体何だったのでしょう?

もしかしてリリースに確認させたかったことと関係しているのかも…?と私は思ったのですが、どうなんでしょうね。

仮にあれがリリースによるものなら、橘を実験台として使い、その後灯火に火をつけている間に同じように偽明祥を使ってモンスター達を倒したというのも考えられるかなと思いました。

何かといろんなことが起こりましたが、なんとか入り口までやってくることができました。

なんだかここまででもかなり大変で、これでクリアしたような気分なのですが、もしかしてこれから先の方が大変だったりします!?

早く続きが読みたいですね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の俺一人だけカンストレベル帰還者【第20話】のネタバレをご紹介しました。

俺一人だけカンストレベル帰還者はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク