ピッコマ|子供ができました【第26話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の子供ができましたは、Kang ki、Lee jung先生の作品です。

倫理的にも教育的にも完璧な先生を目指していた高校教師の浅野姫奈。

彼女は長い間片思いしていた幼馴染が自分の親友と付き合うことになり、ヤケを起こして知らない男と一夜限りの肉体関係を持つ。

その結果、思わぬ妊娠をすることに。

友達と一緒に産婦人科に行った姫奈はそこでお腹の赤ちゃんの父親”宮城陽平”と再会するが、陽平はなんと姫奈の受け持つ生徒の叔父であり、姫奈が勤める学校の理事長でもあった。

妊娠のことを知った陽平は姫奈にプロポーズをするが…。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

子供ができましたのネタバレ一覧

スポンサードリンク

子供ができました【第26話】のあらすじ・ネタバレ

姫奈の噂を聞いてやってきた母親は、社長である夫の話を持ち出し、学校側へ圧力をかけてきました。

それから、この件についてどう解決するつもりなのかと校長先生に意見を求めるのです。

校長先生は、噂を流した人が誰なのか把握できていないため…と今後の対応についてはまだ考えていない旨をやんわりと伝えるのですが、母親は問題はそこじゃないと考えているようです。

校長先生「しかし真偽の程も定かではありませんし…」

母親「真偽の程…?」

「真偽の程は本人に確かめればいいわね」

「ねぇ浅野先生、噂は本当なのかしら?」

姫奈「私は…」

「…私に関する噂で生徒達に動揺を与えてしまったこと深くお詫び申し上げます」

「その点について責任を取って辞めろとおっしゃるのなら素直に受け入れます」

「しかし学期途中で担任が変わると生徒達も混乱しますから少し時間を…」

母親「そんなことは別にどうでもいいわよ。浅野先生私が聞きたいのは」

「噂は本当なのかってことよ」

姫奈「お母さん、噂の真偽がそんなに重要ですか?」

「生徒達の教育面が心配で来られたのでしたら」

「その部分にだけ集中していただけませんか?」

母親「はあ!?つまり私が余計な関心を持ってるって言いたいの!?」

姫奈の発言に怒りを爆発させた母親は、こんな先生には安心して子供を預けられないと校長先生を怒鳴りつけます。

さらに社長である夫がこのことを知ったら、ただじゃ済まないと、その影響力を武器に校長先生を罵倒するのです。

今すぐにでも理事会を開けと詰め寄る光景に、姫奈は正直うんざりで、ただただ早く終わって欲しいと考えていました。

陽平の助け

すると突然校長室の扉が開き、陽平と篠原が入ってきました。

連絡もなしにやってきた陽平の登場に慌てる校長先生。

母親はこれまでと態度をガラリと変えて、丁寧に挨拶をします。

しかし陽平は特に2人に挨拶をすることもなく、理事会を開くと外まで聞こえていたがと何があったのか尋ねるのです。

母親はただ恥ずかしそうにしているばかりで何も言ってはきません。

 

陽平はすぐに姫奈のところへ向かうと、優しくその肩を抱き、体調を気遣う言葉をかけるのです。

陽平と姫奈の関係がまだ理解できないようで、驚き何も言えない校長先生と母親を前に、陽平は耳元で何も言うなとだけ言って姫奈に話を合わせるよう指示します。

それから篠原に理事会が開ける余裕はあるかとスケジュールの確認をさせるも、5月末までは無理だという結論に至ってしまいます。

スケジュール調整が厳しいことを残念そうにしてから、陽平は姫奈の手をとり、姫奈も知らなかったような話をし始めるのです。

陽平「4月の俺たちの結婚式のために」

「篠原が苦労してスケジュール調整してくれたんだ」

校長先生「け…結婚式ですって?理事長?」

陽平「あ!姫奈がまだお話ししてませんでしたか?」

「昨日も学校で変な噂が広まってるって言うから、そろそろ先生方に話したらどうかって言ったんですが」

「結婚相手が俺だと分かると先生方に気を遣わせてしまうからと言われましてね」

「こいつ割と遠慮がちで」

姫奈(??どういうこと?)

校長先生「えっ?…つまり理事長と浅野先生が…?」

陽平「はい。姫奈は結婚のことも秘密にしたかったみたいですが」

「生徒を教えることにやりがいを感じているのに、俺との結婚が知れたら学校生活が難しくなるんじゃないかととても心配していたんです」

校長先生「そんなことはありませんよ!学校としては理事長の奥様のような優秀な先生がいてくだされば何よりもありがたいことです」

陽平「ハハ、そうですか」

「とにかく変な噂で計画も狂ってしまったし…」

「それにこいつその噂のせいで昨日も今日もとてもストレスを感じてたんですよ」

校長先生「そ…そうでしたか!誰が変な噂を流したのかしっかりと調べるつもりでおりました!」

「調査してもう二度と変な噂が流れないように対処します!」

陽平「校長先生がそこまでおっしゃるのなら止めませんが、学校のことは校長先生が上手く解決してくださると信じています」

スポンサードリンク

母親へ与えられる罰

それから陽平は、これまでずっと俯いて黙っていた母親に視線を向けました。

どうして理事会を開かせようとしていたのか、姫奈のことを責めるつもりだったのではないかと淡々と質問しますが、母親はしどろもどろで全く会話になりません。

そこで、先ほどまで何度も名前を挙げていた夫の経営する大河電子について話題に挙げることに…

篠原に聞けば今年の2月から美晴電子と納品契約を締結した会社だそうです。

それから陽平は篠原に普通契約は1年単位かと尋ね、母親を震え上がらせます。

立ち上がり、姫奈に向かって深々と頭を下げる母親。

すぐに許そうとする姫奈に、陽平はわざと大袈裟に嫌な思いをしたのに良いのかと確認します。

結果として母親は許されることとなり、これで全て解決したことを確認してから、陽平は姫奈を連れて部屋を出るのでした。

演技じゃない!?

車へと移動した2人ですが、しばらく無言の時間が続きます。

どうして分かったのかと尋ねると、美友が知らせてくれたと陽平は答えます。

大丈夫だとあれほど言ったのに、美友に責任を感じさせてしまったと思う姫奈。

しかし今は陽平にお礼を伝えるのが先です。

助けてもらったことについてしっかりとお礼を伝えた姫奈ですが、どう考えてもあんな嘘すぐにバレてしまうに違いありません。

しかし陽平はウソじゃなく、本当に4月に結婚式を挙げるつもりでいるんだと言って、姫奈を驚かせるのです。

\ 全話更新中! /

子供ができましたのネタバレ一覧

子供ができました【第26話】の感想

どうなってしまうかと心配しましたが、陽平の登場によってあっさりと解決しましたね。

権力者ってすごいです…

あんなに夫が社長だと自信満々に抗議していた母親も、陽平の登場と共にとっても静かになってしまいました。

校長先生と話している間一言も発さなかったので、すっかり存在を忘れてしまうほどでした。

校長先生は噂を流した犯人を特定させるよう指示しましたし、美友も椎名の犯行であることは知っているので、陽平が椎名にたどり着くのはきっとすぐのことでしょう。

これで椎名もまとめて罰を与えられれば、一件落着な気もします。

しかし姫奈には4月に結婚式を挙げるという、信じがたい新たなる問題が立ちはだかりました。

ただ解決したといえど、いろんなことが起こって学校にいられないと姫奈自身感じているかもしれません。

陽平に対する気持ちにも少しずつ変化がある中で、もしかすると結婚への流れもあるのでは?と思えてきますよね。

4月結婚案、果たしてどうなるのでしょう?

まとめ

以上、ピッコマで配信中の子供ができました【第26話】のネタバレをご紹介しました。

子供ができましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク