ピッコマ|期間限定のお姫様【第35話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「期間限定のお姫様」は、Tanyeong先生の作品です。

小説の中の皇女になってしまった「姫野あかり」。

まさかの憑依したのは、悪女で間もなく死刑になってしまう「シェイリア」だったのです。

シェイリアとしての運命を変える為に、少しずつ行動をおこすのですが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

期間限定のお姫様のネタバレ一覧

スポンサードリンク

期間限定のお姫様【第35話】のあらすじ・ネタバレ

ロイタルゼン家のヘーゼルさんですね?と聞かれたイクレット。

ぼーっとしてしまいましたが、ふと我に返ります。

イクレット「あっすみません」

「私はイクレット・ブランジェです。あの・・・えっと・・その・・・」

ここで入学テストを受けれると聞いてきたんだと、あたふたしながらも説明しました。

順番を待てばいいのかとジブリルテに聞くと、彼女は微笑みます。

ジブリルテ「ご存知ですか?」

「この世界で起こるすべてのことは、女神イソニアの母であり最高神。デマが作ったと言われています」

鳥が飛んでいく方向も、最後の花びらが落ちる時期も・・・。

実はすべてデマによって決められた運命なのだそうです。

ジブリルテ「だから今ヘーゼルさんではなくあなたが私に会ったのも、運命なのです」

ロマンチックでつまらないでしょう?と言いながら視線を逸らすジブリルテ。

イクレット「・・・・・?あの・・・だったら・・・」

するとテストを始めるからついてくるようにと、ジブリルテは言いました。

順番はいいのかとイクレットは聞きますが、こうなる運命だったからと気にしていないようです。

 

イクレットのテスト

綺麗な青に光る丸い宝石のようなものが置いてあります。

イクレット「手を・・・置けばいいんですか?」

ジブリルテ「簡単でしょう?もちろん魔力の解釈は私が行います」

ほとんどの人には無反応なのだそうです。

イクレットは大丈夫だと自分に言い聞かせています。

結果はどうであれ、姫様はがっかりしない。

そしてイクレットはその青い球に手を置きます。

 

ですが・・・何も起こりません。

イクレット「・・・・・」

思わずメイド服が見えると目の前が真っ暗になってしまうイクレット。

ジブリルテ「大丈夫です。これが普通ですから」

「イクレットさんは極めて正常なので・・・」

するとその青い球が急に光り出しました。

この光は何だろう・・・?

イクレットだけでなく、ジブリルテも驚いているのです。

スポンサードリンク

被後見人のテスリック

シェイリア「被後見人ですか。新たな婚約者を見つけたのかと思いました」

テスリック「それはどういう・・・」

「そもそも後見人も家が勝手に・・・聞いてます?」

シェイリアの目は冷たく、テスリックを見つめています。

そもそもなんでこんなに事細かに弁解しているんだと、テスリック自身も不思議なのです。

ヘーゼル「姫様・・・?お会いできて光栄です」

ロイタルゼン家でお世話になっているヘーゼルだと、自己紹介をしてくれました。

ヘーゼル「想像よりも、やっぱりお美しいですね」

急に褒められて、シェイリアは戸惑います。

どんな声なのか気になってしまい、姫様に道を聞きたかったんだと説明するヘーゼルですが・・・。

シェイリアは、なんと世渡り上手な子だとしか思えません。

ヘーゼル「容姿だけじゃなく、心もお美しいと聞きました。あてのないクローンの面倒をみてるって・・・」

そのことが城の外まで噂になっていることに、シェイリアは驚きです。

ヘーゼル「素晴らしいです。本当にありがとうございます」

テスリック「おい、媚びを売るのはそこまでにしろ」

急に止めに入るテスリックに、シェイリアは「正直か!」と突っ込みたくなりました。

ヘーゼル「テスリック。媚びだなんて私は本心で・・・」

シェイリア「そう、媚びね」

 

赤い髪に、男性主人公の被後見人、バラのように屈託のない性格。

まるで原作の主人公みたいだと、シェイリアは驚いているのです。

イクレットの穴を埋めるために作られたような・・・。

念のため見張っておく必要がありそうだと、シェイリアは考えています。

結果

イクレットはうまくやっているかな・・・?

シェイリアが気になっているとき、イクレットは青い球が光り始めて驚いているところでした。

しかもその球の色が変わり、黒紫のように光っているのです。

イクレット「見てください。反応しています。私もこの学校に通えるんですよね?」

「あっ、でも色が少し濁っているような・・・」

ジブリルテ「・・・説明が抜けていましたね」

魔力の解釈には少し時間がかかるそうで、反応があったからといってすべてが肯定的なものではないのです。

それを聞いたイクレットは戸惑います。

イクレット「そうなんですね。時間が・・・」

ジブリルテ「イクレットと言いましたね?」

「お母様のお名前を訊いてもよろしいですか?」

\ 全話更新中! /

期間限定のお姫様のネタバレ一覧

期間限定のお姫様【第35話】の感想

イクレットには魔法の能力はあるのでしょうか?

結局それはまだわからないまま・・・。

肯定的なものだけではないと言いますが、それはどういうことなのでしょうか?

そして、母親の名前がどう関係しているのかが気になるところです。

 

ヘーゼルですが、シェイリアは見張ることに決めました。

彼女がイクレットの代わりなのかどうなのか・・・。

いや、むしろ主人公になってしまったのかもしれません・・・。

そうなるとシェイリアもですが、イクレットはどうなるのでしょうか??

 

まとめ

以上、ピッコマで配信中の期間限定のお姫様【第35話】のネタバレをご紹介しました。

期間限定のお姫様はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク