ピッコマ|期間限定のお姫様【第20話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「期間限定のお姫様」は、Tanyeong先生の作品です。

小説の中の皇女になってしまった「姫野あかり」。

まさかの憑依したのは、悪女で間もなく死刑になってしまう「シェイリア」だったのです。

シェイリアとしての運命を変える為に、少しずつ行動をおこすのですが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

期間限定のお姫様のネタバレ一覧

スポンサードリンク

期間限定のお姫様【第20話】のあらすじ・ネタバレ

すべてはイクレットが決めることだ・・と、シェイリアは言いました。

シェイリア「どうする?」

イクレット「・・・私は、その・・・えっと、実は・・・」

訊くのは今回が最後、どうせ主人公である以上はイクレットが登らなければならない塔は高いのです。

イクレットがシェイリアの助けを拒絶しても、それもまた主人公の選択だと受け止めます。

 

イクレット「ずっと悩んでました、お母さん」

そして、私を連れてきた日の事を覚えていますか?と聞いたのです。

イクレットの本心

イクレットは何度も名前を呼ばれました。

イクレット「なんですか?」

こんなところにある場合ではない、この間修道院で一泊した貴族がイクレットを養子にしたいんだと伝えに来たのです。

あなたじゃなきゃダメだと言っている、そう聞かされたイクレット。

イクレット「他の人じゃなくて・・・本当に私ですか?」

 

その時心に決めたのです。

イクレット「必ずいい娘になろうって・・・、私を選んだことを後悔させないように・・・」

ブランジェ夫人は黙って聞いています。

イクレット「・・・でもこれ以上」

これからは少なくとも、自分の事を心配してくれる人の傍にいたいと、イクレットは感じていたのです。

イクレット「自信がありません。私の事を一度も家族だと思ったことないですよね。私も・・・もうイヤです」

ブランジェ夫人「イクレット、あんた・・・」

すると二人の間にシェイリアが入りました。

シェイリア「よし、これでいい」

よく言ったわイクレットと、一言だけ言いました。

シェイリア「聞いたでしょ?」

ブランジェ夫人「姫様!」

シェイリア「私の為に設けられた場に参加してくださって感謝します。だけどそもそも招待状もなしにいらっしゃったわよね?」

「大切な息子と家に帰ってくださるかしら、なるべく早く」

そして、あなたがイクレットにした仕打ちの数々は、何となく知っていると微笑みながら言いました。

シェイリア「それについては、イクレットとまた話すので楽しみにしてください」

スポンサードリンク

訪問者

グレイス「申し訳ございません。姫様が不在なので、お客様をお入れすることはできかねます」

侍女たちで頭を下げています。

ジブリルテ「まあ、先日お送りしたお手紙届いてませんか?あれは夢だったのかしら?」

そんなの私達に聞かれても困ると、アン達は思うのです。

すると要件をうかがっても良いかと、グレイスが聞きました。

ジブリルテ「あっ、それはもちろんクローンの件です」

昔から否定されているものは城の中に入れてはいけないことを、姫様もご存知のはずだと言いました。

グレイス「・・・それなら、心配いりません。私も最初は心配でしたが、彼は他の子たちと同じです。不幸が訪れるだのという噂は間違いなく・・・」

ジブリルテ「それは、今から私が判断する問題ですが?」

それならクローンだけでも会えるかと、ジブリルテは微笑みながら言いました。

グレイスは丁寧に謝り、そのクローンも姫様と一緒に同行しているから不在だと答えます。

グレイス「それほど姫様が大切にしているということなんいで、いくら大神殿でも・・・」

何かを感じとったジブリルテは、そうですか・・・と答えました。

ジブリルテ「・・・果たして、姫様はお戻りになられるかしら・・・?」

グレイス「・・・?それはどういう意味ですか?」

ただ気になって・・・と話を続けようとしたところ、ラフェルに止められます。

ラフェル「時間の無駄だ、帰ろう」

ジブリルテは納得し、姫様もクローンもいないから帰ることにしました。

 

アン「・・・あにあの人」

あいさつもなくて感じが悪い・・・とつぶやくのです。

なんなんだろう、この負けた気分は!!

侍女たちみんな思っていました。

近くで見るのは初めてだが、想像とは全く違った聖女様。

聖女様なので穏やかなおばあさんかと思っていたのですが、あれは本物ではなく代打だとアンが言いました。

するとすぐにグレイスに止められてしまいます。

ですが今日はこれで許してあげると、なんだかいつもよりも優しいのです・・・。

ジブリルテとラフェル

このまま戻って来なければいいのに・・・とつぶやくジブリルテ。

ですがそんなことはないですよね?とラフェルに聞きました。

ラフェル「このまま姿を隠して静かに過ごしてくれさえすれば、私達も無駄に血を見ることはないでしょう」

ジブリルテ「いいじゃないですか、遅かれ早かれ予定されていたこと。理由なんて作ればいいだけ。まずは戻ってき次第、クローンから始末を」

\ 全話更新中! /

期間限定のお姫様のネタバレ一覧

期間限定のお姫様【第20話】の感想

イクレット良かったです!!

ちゃんと自分の気持ちを言えましたね!

夫人、ざまあみろって感じです(笑)

これからの夫人の生活が気にるところですね・・・!

そしてシェイリアがいないときに訪問してきたジブリルテ。

クローンを殺すことが目的だったんですね・・・。

物語の通りに進めようとしているのでしょうか?

それとも、シェイリアがこの世界の人間ではないと気づいているのでしょうか?

シェイリアに危険なことが起きないといいのですが・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の期間限定のお姫様【第20話】のネタバレをご紹介しました。

期間限定のお姫様はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク