ピッコマ|期間限定のお姫様【第26話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「期間限定のお姫様」は、Tanyeong先生の作品です。

小説の中の皇女になってしまった「姫野あかり」。

まさかの憑依したのは、悪女で間もなく死刑になってしまう「シェイリア」だったのです。

シェイリアとしての運命を変える為に、少しずつ行動をおこすのですが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

期間限定のお姫様のネタバレ一覧

スポンサードリンク

期間限定のお姫様【第26話】のあらすじ・ネタバレ

シェイリア「ラフェル?答えてください」

答えを聞いてからこそ、あなたを信じることができると、シェイリアは言いました。

ラフェル「・・・なにも、なにもしなかったと思います。私はただの司祭ですから」

その言葉をこれからも守ってくださいと、シェイリアは言います。

シェイリア「それからもうひとつ、私たち前にどこかであったことがありますか?」

ラフェル「・・・以前、私が一方的にお見かけしたことがあります。覚えてませんか?」

それは潜在的に女神の魔力を持っているかを確認するために、すべての皇族がうけなければならないあの儀式で。

ラフェルもその場にいたそうで、その時に見たシェイリアの波動とは違っていたので、疑っただけなのだそうです。

ラフェル「今思えば話になりませんね。姫様が無能力者の判定を受けたとはいえ、皇族を守る結界は強固なのに」

無能力だと言われたことは事実ですが、なんだかムカついてしまいます。

シェイリア(私ならではの波動だなんだって、有能力者じゃないから正確にはわからないけど)

もし何かが変わってしまっているとすれば、それは魂のせいだろうか?

結果的に血筋を疑われたのではなくてよかったと、シェイリアは安堵します。

誰かと入れ替わったと思われただけかもしれないと。

ひとまず誤解は解けたようですが・・・、やっぱり近くに置いて見張っていた方がよさそうだと判断しました。

シェイリア「なんだか私も心配になってきました。どうして変わったんでしょう?」

「明日から私の宮殿で過ごしながら、原因を突き止めてくれませんか?」

まさかの提案に青ざめているラフェル。

ラフェル「・・・私は大神殿の所属で・・・」

シェイリア「どうせ下っ端なんでしょう?」

そう言いながら笑うと、彼はそれはそうですが・・・と躊躇っています。

シェイリア「私に少し力を貸してほしいんだけど」

まずは・・・!

ここに女の子が来るから、その子にも魔力テストをしてくださいとお願いしました。

ラフェル「そういうのは大神殿で・・・」

シェイリア「有能力者のあなたがいるのになぜ?」

ラフェルは何も言い返せません。

シェイリア「実はその子が、先生を魔法使いに選んだ理由なんです。とても強い力を持っているのは確かだけど、まだ自分でも気づいてないみたいなの」

もちろん、その子には気づかれないようにとお願いしました。

ラフェルは、先生ではなく召使の気分だとあまり乗り気ではなさそうです。

 

イクレットの魔力は・・・?

すると部屋ドアのノックが鳴り、シェイリアが中に通します。

イクレット「失礼します。おはようございます。ご紹介頂ける方がいると伺ってきました」

入ってきたのは、おめかししたイクレットです。

シェイリア「こっちに来て、大したことじゃないんだけど・・・」

ラフェルはじっと、イクレットを見つめています。

 

夜になり、ベッドのなかでため息をつくシェイリア。

シェイリア「・・・あ~もう!!ラフェルのヤツ、詐欺師じゃないの?」

そう、イクレットに魔法の才能がないと言われたのです。

 

ラフェル「そうですね、これといって」

それはどういうことかと、シェイリアは聞きました。

ラフェル「魔力がまったくないわけではありませんが、あの程度ではアカデミーから落ちるレベルです」

じっと固まっているシェイリア。

頭の中では・・・、イクレットに才能がないのは事実じゃないから赦せないと、彼がなにを言っているのか理解できないのです。

ラフェル「あくまでも略式なので、もう少ししっかり調べたいなら、やっぱり大神殿へ行かれたほうが・・・」

シェイリア「・・・イクレットを連れてそこまで行くのはちょっと・・・」

努力や特別なきっかけでレベルアップする場合もあると聞いたことはあるそうですが、そういう人はそもそもごく少数なので諦めた方がいいとラフェルは言いました。

 

ベットの中で、どこからこじれたんだろうか・・・と悩んでいるシェイリア。

シェイリア「イクレットの魔力を目覚めさせること・・・いくら考えても、愛の力それしか思いつかない」

急にぞっとして、吐き気が込み上げてきます。

いや考えよう。

イクレットにしてあげることに何があるのか、シェイリアは必死に考えます。

原作ではすでにテスリックに出会っている時期でしょうか?

実際にイクレットが成長をするのもそのあとです。

「特別なこと」ならばこれも特別なことだと、思いつきます。

これは主人公たちの出会いだから・・・。

スポンサードリンク

驚くべき才能の持ち主

女神のネックレスを差し上げるまでは会ってさえくれないと思っていたテスリック。

シェイリアからの手紙を受け取り、「かっこよくしてこい」と書かれているのは何でなのか気になります。

テスリック「どういう風の吹き回しか気になるな。まあちょうど渡すものもあるし」

執事に、招待を受けると返事をするようにお願いしました。

テスリック「あっ、それから彼女は?」

執事「あのお客様でしたら・・・次第によくなっているようです」

 

その人は、手から水のようなものを出して遊んでいます。

執事が言うには、なぜ路地裏を転々としていたのかわからないほど、驚くべき才能の持ち主だそうです・・・。

\ 全話更新中! /

期間限定のお姫様のネタバレ一覧

期間限定のお姫様【第26話】の感想

とりあえずラフェルは何もしてこなさそうですが・・・、イクレットを見ている姿が引っかかります。

何かわかったのでしょうか?

分かったうえで、魔力が目覚めないように「ない」と答えた可能性もありますよね!

ただ引っかかるのが、テスリックの家にいる女性。

さらっと魔法のようなものを使い、遊んでいます!

しかも執事まで、驚くべき才能の持ち主だと言っている・・・。

もしかして、イクレットの代わり?

なぜこんな登場人物が出てきているのかはわかりませんが、ここが一番きになるところですね!

シェイリアの計画が成功して、イクレットの魔力が目覚めてくれると一番いいのですが・・・。

 

まとめ

以上、ピッコマで配信中の期間限定のお姫様【第26話】のネタバレをご紹介しました。

期間限定のお姫様はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク