comico|目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第11話】のネタバレ・感想!

comicoで配信中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」は、Jang Nsmu先生、Hagwa先生の作品です。

    目を覚ますと、「野獣と令嬢」という大好きな成人向け小説の登場人物「アンシア」に転生していた!?

    原作では皇太子ブレイクの顔にショックを受けて自殺してしまうアンシア。

    ですが転生して目を覚ますと、そのアンシアとして生きていたのです。

    作中の中での一番の推しだったブレイクに出会った主人公は、これは彼の幼少期を変えるチャンスかもしれないと、動き出したのです。

    しかもそのブレイクは、ウサギのように可愛い少年で・・・。

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目覚めたら怪物皇太子の妻でしたのネタバレ一覧

    スポンサードリンク

    目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第11話】のあらすじ・ネタバレ

    ついに、テステオン皇帝が皇宮に戻ってきたと報告がはいりました。

    ブレイクはハンスに父はご無事なのかと聞くと、テステオン皇帝は傷一つなく暗黒の門を塞いだのだそうです。

    ブレイク「だろうな・・・お強いお方だから」

    そして彼は、仮面を被ってしまいました。

    流れる沈黙の中、別に会いにはいかないんだとアンシアは表情が暗くなります。

    するとハンスは、鍛冶屋の者が来ているとアンシアに言いました。

    アンシア「それでは殿下、行って参ります」

    気を付けるんだぞと言いながら、ブレイクはアンシアを送り出しました。

    アンシアを呼ぶ皇帝陛下

    ハンスと一緒に部屋を出たアンシア。

    ハンス「皇太子妃様、実は鍛冶屋の者ではなく・・・」

    アンシア「陛下が私をお呼びなのね?」

    アンシアは皇帝が帰ってきたら自分を呼ぶだろうとわかっていました。

    ハンスが嘘をついたのは、ブレイクには内緒にしたかったからでしょう。

    するとハンスは、宮人たちを追い出したことを怒っているようだと心配そうに言いました。

    アンシアは、皇帝は怒るフリはするだろうが実際にそこまでは怒っていないだろうと感じているのです。

    ハンス「陛下に何を聞かれても、申し訳ありませんとだけおっしゃってください。私が幼い皇太子妃様を操ったと申し上げれば、陛下もそこまで責めはしないはずです」

    それはきっと、アンシアの代わりに罪を被るということ。

    もし職位もない貴族なら、死ぬかもしれません。

    ハンスは確か原作でも、ブレイクのために命を投げ打った人物です。

    するとアンシアはハンスに、そう簡単に命を投げ打ってはダメだと言いました。

    ハンスがいなければ誰が皇太子殿下をお守りするのかと聞くと、彼は不安そうな表情をしているのです。

    アンシアは自信があるから心配しないでとハンスに言うと、彼は笑顔で「承知いたしました」と返事をしました・・・。

    スポンサードリンク

    ハーメル侯爵を問い詰めるテステオン皇帝

    帝国を建国したフィリップ皇帝が光の女神を裏切り、それ以来彼の子孫に呪いが継承されました。

    皇室では、この事実を徹底的に隠しました。

    光の女神は帝国を愛し、暴君となる者を見定めて、堕落した魂を持つ者に呪いをかけたのです。

    皇室は自分たちの名誉を守るために、このような事実を公表したことで、「呪われた継承者」は全帝国民に嫌われることとなりました。

    呪いが移るという噂まで広がったことで、呪いの継承者は死の直前まで南方の島に幽閉されたのです。

    ブレイクに呪いの模様が現れた時、すぐに皇太子の地位をはく奪され、南方の島に幽閉されるはずでした・・・。

    しかしテステオン皇帝は、ブレイクを遠く離れた宮に送るだけだったのです・・・。

    まるでどうせすぐに死ぬのだから、面倒な廃位の手続きなどするだけ無駄だと言わんばかりに、愛情はないが一人息子に対する最後の手助けとして彼を放置しました。

    テステオン皇帝は、そうして無心を装い息子を守ったのです。

     

    皇帝はブレイクを愛し、ブレイクも父の愛に飢えている・・・。

    まずは皇帝の歓心を買って、二人の仲介人になろうとアンシアは決めました。

    自分にならできると、自信を持って・・・。

    そしてついに、皇帝陛下の元へと到着します。

    アンシア「帝国の偉大なる光である、皇帝陛下に謁見いたします」

    下げていた頭を上げて皇帝を見ると、かなりの美形で目が離せません。

    なんでこの人が主人公じゃないのだろうか!?アンシアからすると、どこからどう見ても18禁恋愛ものの主人公のビジュアルです!

    テステオン皇帝「久しぶりだな。皇太子宮の侍従長を牢獄送りにしたそうだな。どういうつもりだ?」

    アンシアはここは冷静に、あの者は皇太子宮の予算を横領していたので、罰を与えただけだと答えたのです。

    「なんだと!?私の息子は帝国に忠誠を誓っております!こんな訳のわからない罰をかぶせるなんて・・・!」

    無罪に決まっていると声を荒げたのは、ブラウン侍従長の父であるハーメル侯爵です。

    ですがアンシアは、証拠も明確にあるのに無実だとおっしゃるのかと彼に問いました。

    そしてテステオン皇帝に、横領の帳簿を提出したのです。

    それを確認した皇帝は、ずいぶんと派手にやっているんだなと呟きました。

    ハーメル侯爵「これは何かの間違いです!息子は誰よりも帝国に忠誠を誓っております!」

    必死のハーメル侯爵に対して、アンシアは冷静に答えます。

    アンシア「皇太子殿下には腐った草のスープを与え、自分は皇宮料理師の子牛のステーキを食べることが、伯爵のいう忠誠ですか?」

    怒りがこみあげてくるハーメル侯爵ですが、アンシアはそのまま冷静に、皇太子宮の予算をごまかして賭博につぎ込むのが伯爵の言う忠誠なのかと再度問うのです。

    拳を握り締めたハーメル侯爵は、言葉には気を付けたまえと怒りを露にしました。

    テステオン皇帝「侯爵、死にたいのか?」

    そう言う皇帝の目はとても冷たく、ハーメル侯爵の方を見ています。

    怯えているハーメル侯爵にテステオン皇帝は、我が息子の妻なので言葉には気を付けるようにと忠告したのです。

     

    \ 全話更新中! /

    目覚めたら怪物皇太子の妻でしたのネタバレ一覧

    目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第11話】の感想

    まだ結果はわかりませんが、ハーメル侯爵ざまぁですね!!

    皇太子宮の予算を賭博や自身の食事に使っていたなんて、ブラウン侍従長がおかしいです。

    野菜だけしか食べられなかったブレイクが、とてもかわいそうで仕方がない・・・。

    まだ美味しいならいのですが、腐っていたなんてひどい!!

    これは罰を与えられそうですね。

     

    にしても皇帝はアンシアの味方でしょうか?

    息子を実は可愛がっているようなので、アンシアのことを疑っているわけではなさそうです。

    これでアンシアが親子の関係をいいものに進められたら・・、凄いですよね!

     

    まとめ

    以上、comicoで配信中の目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第11話】のネタバレをご紹介しました。

    目覚めたら怪物皇太子の妻でしたはcomico限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    U-NEXT
    4.5

    U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
    映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    スポンサードリンク