ピッコマ|影の皇妃【第6話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の影の皇妃は、kinlip・hayul先生の作品です。

フランツェ大公の頼みで熱病で死んだ彼の娘ベロニカの代わりになったエレナ。

皇妃として暮らしていたある日、死んだはずの娘が現れエレナは殺されてしまう。

そうして殺されたエレナはどういうわけか18歳の時の過去に戻っていた!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

影の皇妃のネタバレ一覧

スポンサードリンク

影の皇妃【第6話】のあらすじ・ネタバレ

思いがけぬタイミングでのリアブリックとの再会に、何も言えなくなってしまったエレナ。

エレナ(私の両親を殺害しては)

(ふたりの命を人質に)

(前の私を操り人形のように利用した女)

(過去に戻ってからずっと復讐だけを考えてきたけど…)

(今はまだその時じゃない)

 

ニコッと笑って、挨拶するエレナ。

するとリアブリックは、実はエレナのことをよく知っているんだと話し始めたのです。

お父様はすでにリアブリックと話をつけているようで、彼女がエレナを助けるためやってきたんだと言っています。

リアブリックはお父様に、エレナを帝国へと連れて行きたい旨を伝えていたのです。

リアブリックによる策略が始まる

今は何も知らないフリをすることしかできないエレナ。

するとリアブリックは胸元からネックレスを取り出し開きます。

そこにはまるでエレナと瓜二つの女性の写真が…

リアブリックはこの女性について、お仕えしていたお嬢様だと説明しました。

リアブリック「生前は誰よりも、麗しく雅やかな方でした」

お母様「生前…?」

リアブリック「3ヶ月前、女神ガイアの腕の中でお眠りに」

「問題は私がお仕えする方が、お嬢様を忘れられずにいることです」

「一度でいいから娘に会いたいと泣き崩れられました」

お母様「親心ですね」

エレナ(そろそろ本題だ…)

リアブリック「もちろん叶はずのない願いです。死んだ人間を生き返らせるなんて不可能ですから」

「大陸の裏側でお嬢様を見たという商人の話を聞いたときは耳を疑いました」

「エレナさん、あの方の娘になってくれませんか?」

エレナ「はい?どういうことでしょう…」

エレナ(窮地に立たされた時に、差し伸べられる救いの手)

(すべてはリアブリックの策略だ)

 

何も知らなかったように驚いて見せるエレナに、リアブリックはさらに話を続けていきます。

帝国へ来ればあの方が喜ぶのはもちろん、エレナも貴族の妾など惨めな存在にならないで済むと、まるでエレナにとっても良い話のように話すのです。

スポンサードリンク

両親の望みに、エレナの決断は?

お父様はもうリアブリックの話に乗る気で、エレナにもこちらを選ぶよう説得に回ります。

お母様はまだ納得していないようで止めに入るも、リアブリックが見せたネックレスに刻まれた紋様は高貴な家門だからと言われると簡単に意見を変えてしまったのです。

エレナ(守れないから手放すしかない)

(そんなふたりのやるせない気持ちに胸が痛む)

エレナ「妾も悪くないと思いました」

「変えられないなら諦めようと…」

「じゃないと耐えられないから」

「…この方についていきます」

エレナ(でも大人しくやられる気はない)

リアブリック「あの方もさぞ喜ばれるでしょう」

 

エレナは娘になったら、どんな暮らしが待っているのかと、まるで楽しみにしているかのようにリアブリックに尋ねます。

リアブリックはその暮らしについて、一言では言えないけれど、エレナは世界の中心になると微笑むのです。

最高級のドレスや貴重な宝石で作ったアクセサリーの話などをして、エレナの気を引き期待させるようなことも言っています。

エレナはその話を信じたように目を輝かせ、騎士と誓約を結ぶことはできるのかと聞いてみました。

リアブリックはもちろんそれもエレナの自由だと微笑みます。

エレナ(面白いわ)

(騎士の選任を私に任せるという約束が)

(自分の首を絞めるってことも知らないで)

 

それからエレナは、自分がここを去れば両親は領主の恨みをかって仕返しされるかもしれないと心配するような発言をしました。

するとリアブリックは移り住む家を用意してあると言うのです。

さらに両親思いな娘を演じたことで、リアブリックは両親のための資金として宝石を差し出してくれました。

しかしお父様はそれを断ろうとするので、エレナはバッ大きな音を立てて立ち上がり、お願いだから受け取ってほしいとお父様を説得します。

リアブリックはなんだか気になるような表情を浮かべていましたが、一通りの話がついたことで家を出る時間がきてしまうのでした。

\ 全話更新中! /

影の皇妃のネタバレ一覧

影の皇妃【第6話】の感想

ついに登場したリアブリック。

エレナを気遣うようなことを言ってみたり、帝国を選んだ場合に待っている煌びやかな世界の話をしてみたり…

この人の本性を知らなかったら、誰だって騙されてしまうに違いないと思いました。

しかし今のエレナはこれから起こることを知っているだけ優位な立場にいます。

まずは自分にできそうなことをあれこれ詮索するところからスタートさせたようですね。

少しずつ状況は変わってきているようにも思えますが、最後のリアブリックの表情を見ていると、なんだか過去にない行動を起こしてきそうで怖いです。

復讐に至るには、彼女のペースにのまれないようにするのが一番重要なポイントとなることでしょう。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の影の皇妃【第6話】のネタバレをご紹介しました。

影の皇妃はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク