ピッコマ|実は私が本物だった【第18話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「実は私が本物だった」は、yuun先生、March先生の作品です。

父親に愛されるために徹底して自分を磨き上げてきた「キイラ」は、ある日実の娘だと主張する「コゼット」が現れてしまい、「キイラ」はみんなをだました罪に問われて処刑されることになってしまう。

処刑される前日、「コゼット」は、実はあなたが本物だったとささやいたのです・・・。

真実を知った「キイラ」は苦しみながら処刑されるのですが、次の瞬間・・・なぜか過去に回帰してしまったのです。

誰が実の娘なんて関係ない!せっかく与えられた第二の人生・・・。

復讐もいいが、これからは自分のために自由に生きてやると「キイラ」は決めて行動に移しました!

\ 全話更新中! /

実は私が本物だったのネタバレ一覧

スポンサードリンク

実は私が本物だった【第18話】のあらすじ・ネタバレ

助けてくれた男性とお茶をしているキイラ。

彼はもしよければ、帽子を脱いでくれないかと言いました。

キイラは恥ずかしそうに、顔が少し隠れている帽子を取ります。

「予想通りの美人ですね!あまりの美しさに見とれてしまいそうです」

そう言われて一気に顔が赤くなってしまいました。

「僕はエイデン・カストロと申します」

紙をかき上げながら自己紹介してくれました。

キイラ「私はキイ・・・じゃなくてキラです!」

エイデン「キラ嬢ですね」

キイラは少し名前をごまかして名乗ります。

エイデンがキイラに声をかけた理由

数分前の事。

エイデンはキイラたちがカジノ内を歩いているのを見ていました。

他にも二人のチャラそうな男性が一緒です。

「カジノは初めてのようだな」

「厳しい家のお嬢さんなのかもしれないな。なかなか可愛いけど、田舎っぽい女は苦手だ」

他の二人はキイラにあまり興味のない様子です。

エイデン「そうか?純粋そうな女の方が面白いじゃないか」

ああいうタイプは積極的にアプローチするよりも、偶然を装って自然な出会いを演出した方が落としやすいと彼は言うのです。

そう、それはキイラを助けたときと同じ・・・。

 

キイラ「あの・・・エイデン様?」

考え事をしていたエイデンに声を掛けました。

エイデン「あっすみません。キラ嬢のような美しい女性の前だとどうしても緊張してしまいまして・・・」

そんなことを言われて、顔を赤くしてキイラは嬉しそうにしています。

楽勝だなと思いながら、エイデンはキイラを週末一緒に食事をしたいと誘いました。

キイラの返事はもちろんOKです!

 

そんな二人の様子を、アーサー卿やレイナ、そしてジークが陰から監視しています。

レイナ「見覚えのある顔だと思ったら・・・、有名な奴でした」

エイデンはどこかの子爵家の3番目か4番目の息子で、女癖が悪くいろんな女性に手を出しては楽しんでいるそうです。

するとエイデンがキイラの肩に触れているのが見えました。

ジーク「あの変態野郎があああああっ!!!」

そのまま飛び込んでいきそうなジークを、レイナが必死に止めました。

するとキイラが戻ってきたのです。

スポンサードリンク

運命に違いない!!

ジーク「姉さん大丈夫?さっきあの男に変なことされなかった?」

焦りながら確認しますが、エイデンは肩についているホコリを取ってくれただけだと、キイラが説明しました。

ジョセフ卿「公女様、まさか本名を・・・」

キイラ「伏せておいたわ。家柄のおかげであの方に優しくしてもらいたくないから」

キイラが「あの方」と呼んでいるので、一同衝撃を受けました。

キイラ「本当に優しい紳士だった・・・。週末のデートもすごく楽しみだわ」

嬉しそうにしているキイラを目の前に、誰も本当のことを言えません。

 

ちょうどパートナーを探していた時にタイミングよく出会うなんて・・・。

これは運命に違いないと、キイラは確信しています。

ハンサムな男性と小説のような恋をして見せると、気合いを入れました。

週末のデート計画

帰ってきてお風呂に入っている間も、キイラは嬉しそうです。

ロゼ「外でいいことでもありましたか?」

キイラ「実はね~、すっごく素敵な方に出会ったの!」

どんな方ですか?とロゼが聞いてみると、すごくイケメンだったと説明しました。

ロゼ「ま・・・まさか、それだけですか?お嬢様・・・」

キイラ「心配しないで!名前も教えてないし、あの方は私が誰なのかまだ知らないから」

貧しい田舎の令嬢のフリをするつもりなので、どうかな?とロゼに聞いてみました。

ですがロゼは驚いているのか、何も言いません・・・。

キイラ「どうしたの?」

ロゼ「いえ、なんでもないです」

そう、貧しい令嬢を演じるにはあまりにも育ちが違いすぎます。

今いる浴室だって、とても豪華に光り輝いているのですから・・・。

 

お風呂から上がり、ロゼが髪の毛を綺麗にしてくれています。

キイラ「週末に一緒にお食事に行くんだけど、食事だけじゃ物足りない気がして・・・」

「何をしたらいいか悩んでるの」

そして劇場を一日借りるのはどうかと、ロゼに聞いてみました。

ロゼ「お嬢様・・・、貧しい貴族が首都の劇場を丸ごと借りるのは難しいかと・・・」

キイラはよくわかっていない様子で、ではみんな普通はどんなデートをするのかロゼに聞きました。

普通は、馬車や飛行船に乗って首都を一周するのが一般的なデートコース。

二つとも平民の間で使われている交通手段なので、怪しまれることはありません。

ロゼ「でもお嬢様には不便かもしれませんが大丈夫ですか?」

キイラ「あっうん!平民たちがよく行くパブで、安いおつまみを食べたこともあるし全然大丈夫!」

ですがそのおつまみは、そのお店では一番高いメニューだったのです・・・。

空中デートなんてなんだかすごくロマンチックだと、キイラは想像するだけで嬉しくなります。

ですが人が大勢いると、楽しめないかもしれないと少し不安にもなるのです。

悩んだ結果キイラは・・・、やはり一日だけ船でも貸し切ってしまおうと決めました。

ロゼ(本当に大丈夫かしら・・・)

ベッドの上ではしゃいでいるキイラを見て、彼女は少し不安になりました・・・。

\ 全話更新中! /

実は私が本物だったのネタバレ一覧

実は私が本物だった【第18話】の感想

キイラ、舞い上がっていますね・・・。そりゃあ初めてのデートなので楽しみなのはわかります!

でも貸切ってしまったら、田舎の令嬢ではなくなってしまう・・・。

一般的なものがよくわかっていないので仕方ないかもしれませんが、それではエイデンがどう考えるかわかりません。

ヒモになりたいとか思うのでしょうか!?

早くキイラも現実が見れるようになってほしいです・・・。

 

かなりロゼが心配そうにしていますが、もしかすると護衛がこっそり付いて行くかもしれないですね!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の実は私が本物だった【第18話】のネタバレをご紹介しました。

実は私が本物だったはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク