ピッコマ|ダンジョンリセット【第8話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画ダンジョンリセットは、Antstudio先生・DAUL先生の作品です。

「このダンジョンはリセットされます」 一度プレイしたダンジョンや罠は次の「ユーザー」のためにリセットされる。

しかしその「リセット」が俺には適応されない!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

ダンジョンリセットのネタバレ一覧

 

スポンサードリンク

ダンジョンリセット【第8話】のあらすじ・ネタバレ

このダンジョンの世界で、ステージ1をクリアできる生存者の多くは”Lv3″

それからモンスターと戦い、スキルを頻繁に使うほどにレベルアップを繰り返していく。

特定の条件をクリアすれば、さらに新しいスキルが獲得できるのだ。

ステージをクリアしていくには、自身のスキルを磨いていく他、方法はない。

しかし、命がけでスキルレベルを上げるのは、決してたやすくない−−。

 

あれから奏多の様子をずっと見ている案内人。

暇さえあれば泥だんごのスキルを使っているのだから、レベルアップしない方がおかしいと呆れた様子です。

案内人(戦闘スキルじゃないのに…)

 

一方の奏多はよだれを垂らしながら、仕留めたモンスターを見ています。

どうやら予定通り、今夜は焼肉にするようです。

案内人に気づいて、嬉しそうに手をふる奏多に、案内人は怒りで身震いするほど…

案内人(うっ…!あの…バグ人間め…!)

ついに焼肉の時…!?

短刀を磨いてやる気満々の奏多。

ついに焼肉の時が迫っています。

鮮度の良いうちにさばいてしまおうと、モンスターの体に短刀を差し込みます。

奏多「常温で2時間放置しただけでも…腐っちまうからな」

「浄化スキルがあるから除菌はできるけど腐った肉は不味い!」

ぶつぶつと独り言をいいながら、着実に肉と脂身を分けていきます。

最後に筋を引き抜き、ついに解体作業が完了しました。

奏多「完成!これでどうだ?」

そうして案内人に問いかけるのです。

案内人「さっきから1人でブツブツと!一体誰に向かって喋ってるんだ!」

奏多「…だったらお前もこういう所に1人で暮らしてみろよ」

「独り言でも言わなきゃやってらんねぇっての」

案内人(うっ…たしかに)

ここにきて初めて共感し合えた2人だった

スポンサードリンク

奏多の制作意欲が止まらない

次に奏多はモンスターの骨をトンネルに押し当て、なんと鍋を作ってしまいました。

ツノの部分を持ち手にして、十分に使えそうなレベルになった鍋を早速火にかけみます。

先ほど取り出して乾燥させておいた筋はロープにでも使えそうで、鼻歌を歌ってしまうほどご機嫌な様子。

案内人は元の世界で奏多がどんな生き方をしてきたのか気になって仕方がないのです。

 

そんな案内人のモヤモヤを全く気にする様子のない奏多は、一番の戦利品である脂身を先ほどの鍋に放り込みます。

奏多「おおっ…いい匂い〜!!」

「くぅぅぅっ!やっぱ脂の質が違うからか?」

「昨日よりもいい匂いしてるよな?」

脂身から作った油を瓶に流し込んでいく奏多は実に楽しそうです。

しかし案内人は、この匂いのせいでもっとモンスターが寄ってくるのではないかと皮肉を言ってみせるのです。

新たな作戦とは?

しかし奏多には何か考えがあるようで、フフフ…と不気味に笑って鍋を置くと、インベントリーを開きました。

同時に何か鉄の棒のようなものを取り出したのです。

奏多「お前が前に言ってただろ?この罠ははまったら100%即死だって」

「だからこの罠を利用すれば…狩りができるんじゃないかと思ってさ 鉄骨も使えるから取っておいたんだけどリセットされたらまた補充されてたんだよなー」

「どうだ!最初の罠とそっくりだろ?」

完璧な作戦を思いついたとでも言わんばかりに楽しそうな奏多ですが、案内人にはこの作戦が成功するとは思えないようです。

案内人(お前…モンスターをどんだけバカにしてるんだ?)

(こんなあからさまな罠に騙される訳がないだろ?)

そんな案内人の言葉に全く耳を傾ける気の無い奏多は、とにかくこれで焼肉が思う存分食べられると、またよだれが止まらないのでした。

 

噂をしていれば、匂いにつられてやってきたモンスターが地上からこちらを見下ろしています。

案内人が必死に、入って来ないよう説得しますが、モンスターはそんなことお構いなしで、ズンッと大きな音を立てて、落ちてきたのです。

大量の砂埃に身動きが取れなくなっていた奏多と案内人。

砂埃の晴れた先には、奏多の計画通り罠にかかって力尽きているモンスターの姿が…

 

奏多「すげぇ!マジでかかったぞ!?」

案内人「まったく!お前はバカか!」

「何飛び降りてんだ!!」

奏多「ウヘヘ これで当分食糧の心配はいらないな」

案内人「あーもうっ ムカつく〜!」

 

肉を焼いているとまた一匹のモンスターが匂いにつられてやってきました。

落ちた時に全身を打った衝撃で、ぐったりしているモンスター。

離れた場所でみていた奏多は、昨日よりも大物がかかったと嬉しそうです。

奏多「フフッ よく来たな」

\ 全話更新中! /

ダンジョンリセットのネタバレ一覧

 

ダンジョンリセット【第8話】の感想

奏多がびっくりするくらいたくましくなっていましたね。

泥だんごで何かが作れるだけでなく、罠をかけたりと本当に案内人の言うように、元の世界でどのような生活をしていたのかが気になります。

奏多のこれまでの生活や、ダンジョンに召喚された理由などは、いずれ明らかになるのでしょうか?

今後の展開に期待ですね。

そして最後のモンスターは罠で仕留めませんでしたが、レベルアップに使う予定なのでしょうか?

あの余裕の表情の理由が気になります。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のダンジョンリセット【第8話】のネタバレをご紹介しました。

ダンジョンリセットはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク