ピッコマ|ダンジョンリセット【第63話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画ダンジョンリセットは、Antstudio先生・DAUL先生の作品です。

「このダンジョンはリセットされます」 一度プレイしたダンジョンや罠は次の「ユーザー」のためにリセットされる。

しかしその「リセット」が俺には適応されない!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

ダンジョンリセットのネタバレ一覧

スポンサードリンク

ダンジョンリセット【第63話】のあらすじ・ネタバレ

沖田が教えてくれたのは、遺跡の入り口がリセットの度に変わるという信じがたい情報でした。

遺跡自体は地下にあるものの、入り口の位置が毎回変わるというのです。

村長はダンジョン攻略の経験もあるため、一緒にきてもらえると助かるとお願いするも、すでに攻略した場所なので遺跡の情報を見ることができないと断られてしまいます。

予想外の新情報が続き、頭を悩ませる奏多。

正直今のところヒントになりそうなのは地下にあるということくらいです。

するとそこで沖田は、一緒にはいけないけれど…と攻略方法を教えてくれるといいだしたのです。

案内役の仕事

その頃ステージ4 第2ダンジョン外郭を案内役は飛び回っていました。

ひたすら歩いていたら冷気を感じる霧が見えるという拓海からの情報だけで、居場所を見つけてくるようにと言われてしまったためです。

しかし、こんな森のどこで冷気が感じられるのかと言いたくなるほど、穏やかな天気なのです。

ぶつぶつと文句を言いながら進んでいると、情報通り本当に突然、冷気を感じる霧が目の前に現れました。

凍え死にそうな寒さの中進んでいると、航たちと再会することができました。

そしてすぐさまゲートを設置し、奏多を招待しました。

 

久々の再会を喜び、案内役や航たちは寒さで震えるほどの豪雪の中、半袖で飛び出す奏多。

出た瞬間、あまりの寒さに一気に体温を奪われてしまいます。

話は暖をとってからにする必要があると判断した奏多は、象ゴーレムを召喚し、まずは全員そこに避難するのです。

相棒

床暖房の効果を感じて、癒される航たち。

みんなが休んでいる間に、奏多は案内役と外に出てまずは展望台作りからスタートさせました。

瞬く間に完成した展望台により、ミニマップの確保に成功します。

そこで案内役が、ゲートは展望台の地下に作り直した方が良いのではと提案します。

そうすればリセットされても残ったままだと考えたからです。

奏多に地面を掘るのをお願いし、自身はゲート設置を行うと伝える案内役。

いつしか二人は息ぴったりの相棒になっていました。

スポンサードリンク

遺跡の探し方

再び象ゴーレムへと戻った奏多たち。

床暖でしっかり温まった3人は、奏多のお茶で体の芯から温まり、最高の気分に癒されていました。

あの航でさえも、お茶のおかわりを求めるほどです。

 

それから奏多は村長からある程度話を聞いてきたと伝えて、遺跡の入り口の話題を切り出しました。

航「あぁ一向に見つからなくてな…」

奏多「石板みたいなのは見なかった?」

航「どうしてそれを…」

奏多「村長が教えてくれたんだ。見せてもらえる?」

航が取り出したのは、なんだか神秘的な模様が描かれた石の板で、掌より少し大きいくらいのサイズ感です。

航「でもこの石板がどうしたんだ?遺跡と関係があるのか?」

案内役「それはキーストーンだ。遺跡の入り口に近づくほど色が濃くなるのさ」

航「そういうことだったのかどうりで…」

奏多「だけど今は全然光ってないな」

「壊れてるのか?」

航「夜になると光ってたぞ。何か手掛かりになりそうだから持っていたんだが…」

「こいつがナビみたいな役割だったとはな」

奏多「夜だけ光る?なんだそれ?」

案内役「それは仕方がないさ。見たところこの石板は月の石でできているからな」

奏多「月の石?太陽石みたいなものか?」

案内役「あぁ、そうだ」

「きっと太陽石に近づけば月の石から光を放つように魔法がかけられているはず」

奏多「それって遺跡の入り口には太陽石があるってことか?」

案内役「おそらく」

奏多「うん?でもどうしてこの太陽石には反応しないんだ?」

案内役「月の石は太陽石の探知機じゃないんだぞ。きっと向こうにも同じ魔法をかけられた太陽石の石板があるだろう」

奏多「まぁとにかくどういう状況かは把握できた」

「こういうことならもっと早く呼んでくれればよかったのに」

航「最初は余裕だと思ってたんだが、だんだん寒さが増して…」

案内役(やっぱり寒さに耐えられなくて呼んだのか)

 

話がひと段落したところで、奏多は航たちに味噌汁を振舞いました。

味噌汁についているオプションはかなりの効果をもたらし、美味しいだけじゃなく寒さにも強くなれるなんてと、みんな笑顔になるのです。

あとはこのまま夜になるまでこの中で待ち、月の石が活性化したら動き出したいところですが、航はなんだかそうできない事情があるようです。

その頃象ゴーレムの外にはいくつものウサギのようなモンスターが集まってきているのでした。

\ 全話更新中! /

ダンジョンリセットのネタバレ一覧

ダンジョンリセット【第63話】の感想

遺跡発見の方法について情報共有が行われましたが、沖田の教えてくれたヒントが役立ち、石板を使えば見つけられそうな状況になってきましたね。

しかしなんだか簡単にいきそうに思えるけれど、あれだけモンスターに囲まれたのでは、いろいろと難しくなるかもしれませんね。

以前、航はあのウサギのモンスターを、ガイコツを倒して得たスキルで倒していましたが、今回奏多はどうやって戦っていくのでしょう。

村に設置したような罠を仕掛ければ早そうですが、あのモンスターにも通用するのかはなんともいえないところです。

いっそのこと象ゴーレムに乗ったまま調査できれば、安全かつ寒さもしのげて最強ですよね。

それにしてもいつの間にか案内役と奏多がとても良い組み合わせになっていて驚かされます。

喧嘩していることがほとんどですが、着実に絆を深めていっている二人。

元の世界に戻ったら、案内役はどうなってしまうのかなんてちょっと考えちゃいました。

奏多のペットとして飼われていたり…笑

まとめ

以上、ピッコマで配信中のダンジョンリセット【第63話】のネタバレをご紹介しました。

ダンジョンリセットはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク