ピッコマ|ダンジョンリセット【第61話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画ダンジョンリセットは、Antstudio先生・DAUL先生の作品です。

「このダンジョンはリセットされます」 一度プレイしたダンジョンや罠は次の「ユーザー」のためにリセットされる。

しかしその「リセット」が俺には適応されない!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

ダンジョンリセットのネタバレ一覧

スポンサードリンク

ダンジョンリセット【第61話】のあらすじ・ネタバレ

雨やガイコツたちの動くガヤガヤとした音に、心和ませる奏多。

そこへ雨の中テントを張り終えた案内役が声をかけます。

テントの中に沖田も招き入れ、3人は鍋を囲んで味噌汁作りをスタートさせました。

インベントリに入れたら雰囲気が出ないという理由で、鍋やテントを持参したことについて、まだ案内役は納得がいかないのか、ぶつぶつ言っています。

しかし奏多は、こういう些細な苦労が重要なんだと持論を展開しています。

奏多「豆の発射音、雨音、ガイコツたちのきしむ音まで…」

「いろんな音が重なってできたハーモニーが美しいと思わないか?」

「まるで…俺たちが作ったこの味噌汁みたいにな〜」

案内役「私にはさっぱり分からない」

「とにかくこの野菜を切ればいいんだよな?」

奏多「単に切るだけじゃダメだよ」

「真心を込めて切るように」

案内役(イチイチうるさいな…)

奏多「それに味噌汁はこの味噌さえおいしければうまくなるに決まってるのさ!」

案内役「フンッ腐った豆がどれだけおいしくなるっていうんだ…」

 

2人の会話を聞いていて、味噌を持っていることを知った沖田は、驚きのあまり大声をあげました。

しかし奏多はこれで驚くのはまだ早いと勿体ぶって、さらにもう1つのアイテムを取り出すのです。

そこにあったのは、豆腐です。

まさかダンジョンで豆腐を見る日がくるなんてと沖田も驚きを隠せない様子…

一緒に取りに行った豆で、これを全部作ってしまったという奏多にとって、もはやダンジョンとは何なんだろうと思う沖田。

目の前で味噌汁を煮る奏多に、少々戸惑いながらも、いやこれは素晴らしいことなんだと、自らの心に言い聞かせるのです。

匂いに呼ばれて

壁の周りでは、村人たちが奏多に頼まれた仕事をこなしていました。

ひと段落したところで合流した2人は、外から見た隙間村の様子について話していました。

奏多の作った壁によって、隙間村はかつての面影もなく、城みたいになっているのです。

ある男はそれをガイコツ城と例えました。

 

その時、何かいい匂いが漂ってきました。

もう1人の男が、奏多が一緒に食事しようと言っていたのを思い出し、男たちは奏多のところへと向かうのです。

 

味噌汁と豆腐料理を作る奏多のそばで案内役はテントを増やしていました。

そこへ村人たちが続々と美味しそうな匂いに呼ばれて集まってきました。

配膳の準備を手伝ってもらい、みんなそれぞれに席につきますが、美味しそうな食事を前にして食べたい気持ちを必死に我慢しているように見えます。

全員揃ったことを確認して「召し上がれ」という奏多の一言で、一斉に食事をスタートさせました。

 

ご飯の美味しさに感動する男は、お米一粒一粒が口の中で踊るようだと表現しました。

そしてまさか豆腐がダンジョンで食べられるなんてと大興奮です。

極め付けは味噌汁であまりの美味しさに震えるほどだなんて大袈裟なことを言っているので、案内役はバカバカしいと皮肉っていますが、すでに味噌汁3杯目だろうと奏多につっこまれてしまうのです。

奏多(自分で一から食材を作り、それを料理して)

(みんなと分け合って食べる)

(胸が…いっぱいだ)

ニンマリと笑ってみんなが食事する様子を眺めていると、突然ノルマ達成の通知が届くのです。

スポンサードリンク

新たな報酬を手にする奏多

なんと味噌汁を作ったことで、ノルマを達成したらしく、報酬として味噌汁に風味がプラスされ、寒さ耐性が+20%になったと表示されています。

すぐにその効果は、味噌汁を食べた村人たちに現れ、さっきよりもおいしくなったという声や、あまり寒さを感じなくなったという声が挙がるのです。

このまま寒さに強くなることに期待する奏多ですが、消化されたらきっと元どおりだろうと案内役は考えているようです。

案内役「そんなことより敵に囲まれてるのに、のんきに食事なんてしてる場合か?」

奏多「どのみち安全だろ?」

アルファ「ガイコツたちはこの壁を登ってはこれないでしょう」

奏多「ほらアルファもそう言ってるだろ?」

「見ろよそう言ってる間にまた一体捕えたぞ」

「心配いらないってガハハハ!!」

案内役「余裕ぶってる…」

その時、再びノルマ達成の通知が届きます。

ご飯を食べていただけなのにこんなにもノルマを達成してしまうとは、なんだか信じられません。

さらにそこに表示されていたのは、よく分からない内容だったのです。

 

<ノルマ達成>

”ガイコツ破壊者”

1人でガイコツ1000体を倒しました!

あなたの驚くべき業績に敬意を表します

報酬:今までの半分の力で骨が砕けるようになります

\ 全話更新中! /

ダンジョンリセットのネタバレ一覧

ダンジョンリセット【第61話】の感想

外ではガイコツたちがうようよといる状況にも関わらず、味噌汁作りをスタートさせた奏多。

あまりに呑気すぎるような気もしましたが、おかげで村人たちのお腹も心も満たされたようですね。

まさか味噌だけでなく豆腐まで作っていたなんて、本当に驚かされました。

ご飯まで出してあげた奏多に、みんな一体どこでこんな食材を用意してきたのかと不思議がっていましたが、今後神殿の存在を打ち明けたりするのでしょうか?

米や豆腐など誰かに依頼して作らせれば、奏多の負担は軽減されますが、神殿の存在を打ち明けるのは、信頼をおける相手である必要がありますよね。

まだ村人たちのことがよく分からない状況下なので、さすがにそれはしないかなと予想しています。

そして新たな報酬として手に入れたのは、今までの半分の力で骨が砕けるようになるというものでした。

骨の使い道について全く予想が立たないんですが、壁なんかにできたりするんですかね?

今度は何を作り出すのか、注目です。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のダンジョンリセット【第61話】のネタバレをご紹介しました。

ダンジョンリセットはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク