ピッコマ|ダンジョンリセット【第51話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画ダンジョンリセットは、Antstudio先生・DAUL先生の作品です。

「このダンジョンはリセットされます」 一度プレイしたダンジョンや罠は次の「ユーザー」のためにリセットされる。

しかしその「リセット」が俺には適応されない!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

ダンジョンリセットのネタバレ一覧

 

スポンサードリンク

ダンジョンリセット【第51話】のあらすじ・ネタバレ

塩と交換して集めた強化装備。

後のことはアルファに任せることとなります。

しかしアルファはその前に伝えておきたいこととして、集めた強化装備の活用方法を教えてくれると言うのです。

どれもガラクタにしか見えず、活用方法を聞いたところで正直微妙なのではと、その場にいた誰しもが考えています。

ひょっとすると神殿の力で耐久度を回復させることができるのかも!?と期待した奏多ですが、そんなことはできるはずがありません。

アルファによれば、装備を生贄として捧げると、その装備の力は永遠に記録され、記録された力は他のものを強化するときに使用することができるのだそう。

つまり、使えるオプションを記録させておくことで、他の装備に適応させられるということなのです。

 

ついに装備を生贄として捧げる時がきました。

奏多は案内役も知らぬ間に神殿を持ってきていました。

毅は、ここに神殿を建てるなんて想像だにしなかった展開に状況が掴めないでいます。

奏多「祭壇と生贄、そして生贄を捧げることで喜ぶ人間。それこそがアルファのいう条件だったんです」

アルファ「それらの条件は生命の神殿を建てるためのもの」

「神殿をもう一つ作れば竜の弟子を増やすこともできますから」

毅「うーん」

「ありがたい話ではあるが…」

「こんな狭い村にそんなもんを建てたら間違いなく目立つぞ。あの村長の奴が黙ってるはずないだろ?」

奏多「当然、ここに建てる訳じゃないですよ」

毅「だったらどこに…?」

神殿の建設場所は地下?!

奏多は地下通路を作り、中に神殿を建設する方法を選びました。

毅はいくら隙間空間だと言えど、地下に神殿を建てるのはやはり危険なのでは…とまだ何か疑っているようです。

奏多が地下を整備している間、航たちには稲の精米作業を任せており、心配するふりをしてサボっていた毅は拓海に注意されてしまいます。

不器用だから手伝えることがないと言う剛に、航はもみ殻をとる作業を依頼します。

ただ両掌ですり合わせるだけの作業です。

このやり方も奏多に教わったんだと、なんだか嬉しそうな航。

精米作業をしていると、心が穏やかになり無心になれると微笑む航に、毅は正直ついていけないといった表情です。

案内役「おじさんの気持ちはよく分かるぞ!」

「あのバグ人間、穴を掘っている時は何を言っても意味がないからな。今頃ミミズかのごとく穴掘りに熱中してるさ」

奏多「失礼な!誰がミミズだ!」

案内役(無駄に地獄耳なんだから…)

 

ある程度掘り進めたところで、岩石が現れました。

奏多は、塩を売るときに集めたアイテムの中で最も気に入っている鉄のつるはしを取り出し、一気に掘り進めます。

これまで2段階に分けて行われていた奏多の石割り。

まず鉄骨でヒビを入れ、次にハンマーで力を加える方法で行われていたのが、つるはしを手に入れたことで一気に作業を進められるようになりました。

さらにつるはしについていたオプションの力もあり、奏多はさらに技量を高めることができたのです。

あっという間に神殿が完成し、上からは精米が完了したとの声が届きます。

スポンサードリンク

神殿の中に田んぼ!?

航たちは奏多に言われた通り、毅に米を炊く作業を任せて地下へおりました。

するとそこには信じられない量の稲が植えられていたのです。

航「見間違いじゃないよな?」

「これって完全に田んぼじゃないか、俺たちが精米した米が全部じゃなかったんだな」

奏多「どうせだから広めに掘っておいたんっだ〜持ち物から取り出すだけでいいし…」

「それにこれだけ広いのに何もしないのはもったいないだろ?」

航「だったら俺たちは今から何をすればいいんだ?」

拓海「なんでもするよ!」

奏多は、航にくず米の抜き取り、拓海に見張りを頼みます。

毅の心配していたように骸骨がいるかもしれないため、警戒を続けておく方が良いと判断したのです。

それぞれが与えられた仕事をこなしていると、毅が炊き上がったご飯を持ってやってきました。

 

みんなで美味しく頂いたところで、ついにその時を迎えるのです。

アルファ「喜ぶ人々と」

「十分な量の生贄」

「そして神殿のための空間まで」

「これで全ての準備は整いました」

奏多「皆…本当にお疲れ様」

拓海「へへっ」

毅「…また目頭が熱くなっちまったぜ」

航(よくやったぞ奏多!)

案内役(鳥肌が立つのは私だけか?)

奏多「この地を生命の竜エルテアの2番目の神殿とする」

\ 全話更新中! /

ダンジョンリセットのネタバレ一覧

ダンジョンリセット【第51話】の感想

アルファは”祭壇と生贄、そして生贄を捧げることで喜ぶ人間”を条件として提示していました。

他の人たちにバレないように、神殿を地下に作る方法を考えた奏多。

やはり奏多と言えば地下ですよね!笑

石割りのスキルも着実に伸ばしており、あっという間に神殿を作ってしまった上に、まるで田んぼかのような場所まで開拓しました。

この地下がどれほど安全かはまだ正直よく分かりませんが、食糧が安定して育つ環境になれば嬉しいですね。

沖田はまだ奏多たちの動きを気にしていると思うので、また自らの見栄のために米を引き取られてしまうようなことがないよう注意したいものです。

竜の弟子の力を手に入れた航たちと、奏多はこれからどんな風に進んでいくのでしょうか。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のダンジョンリセット【第51話】のネタバレをご紹介しました。

ダンジョンリセットはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク