ピッコマ|ダンジョンリセット【第33話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画ダンジョンリセットは、Antstudio先生・DAUL先生の作品です。

「このダンジョンはリセットされます」 一度プレイしたダンジョンや罠は次の「ユーザー」のためにリセットされる。

しかしその「リセット」が俺には適応されない!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

ダンジョンリセットのネタバレ一覧

 

スポンサードリンク

ダンジョンリセット【第33話】のあらすじ・ネタバレ

強靭な体つきの男の腕をあっさりと切り落としてしまったカエルのモンスター。

プレイヤーたちは戸惑いながらも、とにかくこちらへ向かってくるモンスターと懸命に戦っています。

案内役によればこれはダクモというダンジョン最弱のモンスター。

しかしずる賢く残酷なモンスターで、小さいからと甘く見ていると殺されてしまうような存在なんだそうです。

案内役「しかしピンチはチャンス」

「昔から人間は逆境と試練の中で自らの潜在力を悟り生まれ変わるものだからな」

「まるで…あの人のように」

案内役の話に、奏多は航くんを思い浮かべ、自分も彼のようになれるかもしれないという想いに浸っています。

そこへ、ドッと何かが奏多の顎付近目掛けて、直撃したのです。

大きな音を立てて倒れ込んだ奏多。

起き上がるとそこにはさっきのいじめられていた少年の姿が…

少年「た…助けてください…!」

ダクモとの戦いに巻き込まれた奏多

そこへ少年を追いかけてダクモがやってきました。

奏多は一角イノシシの気で早速戦いに挑み、あっという間に倒してしまったのです。

とてつもなく強い奏多に少年は感動しています。

次々にやってくるダクモをあの手この手で倒していく奏多。

しかし背後からやってきたダクモに気づいていません。

少年の声でその存在を知った奏多は、即座にインベントリを開き、土レンガをぶつけて倒してしまったのです。

目の前に広がる恐ろしい光景に、怯んでしまった残りのダクモたちは、そのまま悲鳴を上げながら逃げ出して行ってしまいました。

奏多「ある程度は…片付いたか?」

奏多(…ん?なんだこの気配は…)

(お前かっ!?)

背後から向けられる少年の尊敬の眼差しを、背中に痛いほど浴びていてなんだか少し気まずくなるのです。

スポンサードリンク

少年との駆け引きが行われる

気まずさを感じながら歩き始めた奏多ですが、どうやら少年はずっと奏多の後をついてきているようです。

この先は危険である上に、ダクモと戦ったので気力も残っていないからと、ここで別れようという話に持っていきたい奏多。

しかしスタミナ切れと聞いた少年は、何か思い当たることがあるようです。

少年「甘いものでいいですか?」

「じゃあ…これをどうぞ…」

奏多「こ…これは…!」

 

不毛なダンジョンで食だけがオアシスだった奏多ですが、一つ残念なことがあって素材の味でしか食べることができなかったのです。

そのため案内役に教えてもらった人食い草の蜜のように、ここ最近は調味料探しに専念していました。

甘いもの=しあわせと、食べ慣れた味が結局は一番美味しいことを分かっている奏多は、少年が袋から取り出したアイテムについ惹かれてしまったのです。

 

奏多(こ…こいつ…!)

(四ツ矢サイダー持ってるぞ!!)

(しかも…1.5リットル!)

少年「あと2本ありますよ」

奏多(反則だろ!!)

奏多「…1日1本としたら」

「3日か」

少年「え?」

奏多「今回だけ特別だぞ」

少年「…??」

言ってることがさっきと違うような気もしますが、少年は奏多についていくことになったのです。

奏多の力を見せつけれた少年

あっという間に展望台を立ててしまい、ミニマップを確保した奏多に、少年はますます尊敬の眼差しを向けます。

2人とも疲れていて、経験上地下が一番安全だと分かっている奏多は、次は地下へ向かいます。

地下へと連れてこられた少年が見たのは信じられない光景です。

地下に広がっていたのは、まるでホテルのように整備された空間だったのです。

少年(こんな部屋まで作れるなんて…!)

 

夜になり、奏多は地下で少年がどうやって召喚されたのかについて聞いています。

少年の名前は”太田海斗”。

今年中学に入ったばかりの13歳。

どうやらおつかいを頼まれて、コンビニからでたところで召喚されたようです。

内気そうに見えるけれど実は明るい性格です。

しかしもしかすると、初めて自分を助けてくれた奏多に気を遣って、無理に明るく振る舞っているのかもしれないとも思えてきます。

奏多「その気持ちよく分かるぞ。つまり俺はお前の救世主ってことだな」

海斗(…さっきからずっとブツブツ言ってる…)

(油断しちゃダメだ…!)

\ 全話更新中! /

ダンジョンリセットのネタバレ一覧

 

ダンジョンリセット【第33話】の感想

ダクモとの戦いに巻き込まれただけでなく、海斗の面倒を見るようにまでなってしまった奏多。

なんだか面倒ごとが増えたようにも思えるのですが、本人はなんだかまんざらでもなさそうでしたね。

かつて自分が航くんに抱いていた気持ちと、同じようなものが向けられていると感じてニヤニヤが止まらないようでした。

一方の海斗は、次々にスキルを発揮して、モンスターと戦ったり塔を建てたりする奏多を尊敬しながらも、まだ心を許すまでには至っていませんでした。

ここから2人は、良き理解者?!相棒?!になれるのでしょうか。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のダンジョンリセット【第33話】のネタバレをご紹介しました。

ダンジョンリセットはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク