ピッコマ|ダンジョンリセット【第29話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画ダンジョンリセットは、Antstudio先生・DAUL先生の作品です。

「このダンジョンはリセットされます」 一度プレイしたダンジョンや罠は次の「ユーザー」のためにリセットされる。

しかしその「リセット」が俺には適応されない!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

ダンジョンリセットのネタバレ一覧

 

スポンサードリンク

ダンジョンリセット【第29話】のあらすじ・ネタバレ

ドガガガガッ

奏多の目の前には、大きな音を立てて地面からゲートが出てきました。

これで完成したのかよく分からずにいると、アルファが詳しいことを教えてくれます。

どうやら目の前にあるゲートだけでは、どこへも行けないんだそう。

ゲートは2つ作ることによって行き来が可能になる仕組みなのです。

となると家に帰るには、家の前にもゲートを立てる必要があるということ…

果たしてそんなことでゲートの意味があるのかと奏多は不満げですが、これは今1レベルだからでゲートスキルがマスターレベルになれば行きたい場所へ移動できるようになるのです。

ちなみにマスターレベルになるには、絶えず生贄を捧げ続けて20年くらいあれば…

などともアルファは教えてくれました。

 

ひとまずスキルを使ってみたい奏多は、もう一つゲートを設置して二つのゲートを繋げます。

早速片方のゲートから入ってみると、もう片方のゲートへ出てきました。

しかしなぜかポキュはゲートを通過できないらしく、跳ね返されてしまいます。

どうやらポキュの通過には、奏多の許可が必要なようです。

一言、許可すると言っただけでゲートを通過できるようになり、ポキュは楽しそうに何度もゲートを行き来して遊んでいます。

ちなみにかなりの力を消耗はするもののゴーレムも通過はできるとの情報も手に入れた奏多。

これからはどこにいてもゴーレムが召喚できると、妙なことを想像してニヤっと笑ってみせます。

神殿の外の世界を知る

一通りゲートで遊んだ奏多たちは、外の空気でも吸いに行こうと神殿を出ました。

外は気持ちの良い風が吹いています。

ふと、前から気になっていた向こう側がどうなっているのかが気になり始めた奏多。

崖の方まで近づいてみると、そこには雲が海のように広がっています。

奏多「アルファはこの下に何があるか知ってるのか?」

アルファ「いえ知りません。私は神殿以外に興味がありませんから」

奏多「あぁそうですか」

「普通はこんな時動揺するだろうが…」

「俺は違うぞ。こんな状況何度も遭遇してきたからな」

アルファ「あ…そうですか」

奏多「気になったら行動に移すのが人間ってもんだ!」

「展望台建設!」

 

展望台を作ったことでミニマップが確認できるようになりました。

地形を見てみると、どうやらこの下は森になっていることが分かります。

奏多「この世の果てって言うから心配してたけど…」

「ここに降りれば平地があるんだな、安心したぜ」

アルファ「…!?まさかそこに行くおつもりですか?」

「やっと見つけた後継者をこのような形で失いたくはありません」

奏多「せっかくここまで来たんだぞ 何かしら収穫がないと!」

アルファ「くれぐれも命だけは落とさぬよう気を付けてください」

奏多、森へ向かう

アルファの言葉で冷静になった奏多は別の作戦を模索しています。

ハンマーを手にして、足元に四角形の目印をつけると、そこへ手をかざすのです。

4レベルの石割りスキルを使って、階段を作る作戦です。

奏多の読みは当たり、足元は石が抜け落ち、インベントリに石レンガとして追加されました。

時間はかかるかもしれませんが、この方法で行けば下へ辿り着けるだけでなく、レベルアップもできるとあって、やる気が漲ってくるのでした。

スポンサードリンク

航は近くにいる?

旅を続ける航とメンバーたち。

一人の女性はこの場所がどこなのか分からない恐怖心で、辺りを見渡しています。

そんな彼女の不安を察知したのか、航が声をかけてあげています。

航「ステージが変わるとどんな強い敵が出てくるか分からないから心配になるのも当然です」

「でも俺はここまで一緒にやってきた仲間を信じてます」

「確実にレベルアップだってしてますし、あと少し頑張りましょう」

「ここがどんな所であっても俺たちは必ず生き残ります」

どんな逆境にもめげずに立ち向かう、負傷しても体力の低下速度が遅くなるという、マスターレベルに達した”不屈の闘志”スキルで、メンバーを励ますのでした。

その優しいながらも強い信念が感じられる彼の声に、メンバーたちは不安を取り除かれ、また前へと進むのです。

それから、航はふと目にした山になんとも言えない見覚えを感じていますが、どこで見たのかは思い出せないでいます。

 

ピロンッ

「ようこそステージ4へ」

 

航(!)

階段を掘り進める奏多

崖の階段を掘り進める作業は、地面を掘るのと次元違いにスリル満点で、思わず乾いた笑いが出てしまうほど…

だいぶ降りてきたような気もするのですが、毎日上り下りしているせいで、体力が持たないと感じています。

そんな問題解消のために、この辺りで一つゲートでも設置しておこうと、簡単にゲートを作ってしまいます。

奏多「あっそうだ 生命のエネルギー…!」

「生贄を捧げる祭壇がないぞ!」

アルファ「そのご心配はいりません」

「あなたは神殿と繋がった身」

「どこにいても生贄を捧げることができます」

奏多「ど…どうやって?」

アルファ「食べればいいのです」

「あなたの満腹度が100%になればその後の摂取は全て生贄として差し替えられます」

奏多「ふーん…そんな簡単なことでいいのか?」

「まぁ幸せなことではあるけど」

アルファ「以前からお幸せそうでしたが…」

言われた通りに早速肉を食べていくのですが、次第に食べすぎてお腹がはち切れそうになってしまいます。

アルファの鋭いツッコミも、それは否定できないななんて考えながらゲートを連結して作業を完了させるのでした。

 

一方その頃、死の山脈をヨレヨレになりながら進む小さな影が一つ。

案内役「腹が減った…!」

\ 全話更新中! /

ダンジョンリセットのネタバレ一覧

 

ダンジョンリセット【第29話】の感想

ゲートについてのあれこれが明らかとなりました。

基本的に行き来するためには二つのゲートが必要で、家に帰るとなると家の前にも一つ必要であること。

奏多以外が通るには、奏多の許可が必要だということ。

なんとも面白いシステムですよね。

個人的には、許可を得て何度も行き来するポキュが可愛すぎました!

そして神殿の外の世界へと出てみた奏多は、山脈下にある森を目指して階段を作るという新しい方法に出ました。

航が見ている山脈が死の山脈であれば、階段を作れば再会の可能性がグッと上がりますが、果たして二人は再び出会うことができるのでしょうか?

でもその前に空腹に苦しむ案内役に会うようになりそうですね!

もう色々とツッコミ入れて欲しいことだらけで今から二人のやりとりが楽しみです。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のダンジョンリセット【第29話】のネタバレをご紹介しました。

ダンジョンリセットはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク