ピッコマ|できるメイド様【第47話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画できるメイド様は、Sanho・yuin先生の作品です。

特技が一つもない冴えない侍女マリ。

いつもいじめられるばかりだった彼女に、ある日信じられないことが起きた。

「君のために最後にお祈りをしてあげよう、君の願いは何だい?」

死んでいった囚人を看病していたマリに訪れた奇跡。

\ 全話更新中! /

できるメイド様のネタバレ一覧

スポンサードリンク

できるメイド様【第47話】のあらすじ・ネタバレ

天才ヒルデガルトと呼ばれたその人物は、ヒルデガルト・フォン・ビンゲンという女性で、神のお声を世に伝える者でした。

ドイツビンゲン家の聖女であった彼女は、3歳の頃から空からのお告げである幻視体験(vision)を経験していましたが、そのことを隠して平凡な修道女として生きていくと決めていました。

しかし42歳になった時、今までみてきた幻想体験を世界に伝えるようお告げを受けて、芸術・言語・医学・予言・自然科学・哲学・薬草学・作曲など多方面の分野において1人の人間が成し遂げたとは思えないずば抜けた業績を残すことなりました。

その後も修道院の付属機関でしかなかった女子修道院を独立させ、歴代初となる修道女だけで構成された修道院を設立するなど活躍し、ビンゲンのヒルデガルトと呼ばれるまでになったのです。

 

宮殿ではメイドも貴族もマリの話で持ちきりです。

あちこちで自分の話がなされるのでマリは恥ずかしさと、目立たないように生きる計画を崩してしまった後悔に涙が出てきそうです。

功績を称えてくれるのは良いことですが、まさか名前まで公表されてしまうなんて、もう吐きそうでなりません。

そもそもマリは皇太子のこういう性格を考慮すべきだったのです。

しかしそんなマリにも希望はあります。

ラエルが今回のことがうまく解決すれば大きな功績を残すことになるからと、望みを聞いてくれると約束してくれていました。

以前マリは俺のものだと言われた言葉が思い出され、本当に解放してくれもらえる自信もありません。

しかしマリは自由になりたいと望みを伝えるのです。

ラエル「自由?」

マリ「…はい」

ラエル「難しくもない望みだな」

マリ(…!)

ラエル「自由か…」

「分かった。しかしそれだけでは今回の功績の褒賞には不十分だ。それ以上のものを与えてやろう」

「お前が望む以上の褒賞をな」

 

これ以上宮殿にいては正体がバレてしまう可能性もあります。

そこでマリは自由になったらすぐに宮殿から出る決意を固めるのですが、何かと気にかけてくれているラエルとの思い出が蘇り、褒賞を受けてすぐに出ていくことに申し訳なさを感じ始めるのです。

マリに与えられる褒賞

いよいよマリは褒賞を受ける日を迎えました。

ラエルからの命令が読み上げられます。

執事「今回の教国使節団の件で素晴らしい功績を残したあなたに殿下から褒賞が与えられる」

「まずメイドのマリは戦争捕虜から赦免とする」

マリ(やった!)

マリ「それでは…私は自由の身になれるのですか?」

執事「うん?自由の身とはなんだ?まさか殿下から何も聞いていないのか?」

マリ(?)

マリ「……はい?」

 

なんとラエルは皇帝陛下に代わって、マリに皇太子の顧問爵位を与える決定をしたのです。

名誉なんていらないからただの平民になりたかったマリは、もう泣きたい気持ちでいっぱいです。

しかも顧問となると皇太子の最側近ということ…

マリが望んでいた自由とは少し違う形となってしまいました。

 

さらにラエルはマリにヒルデルンという姓をつけてくれました。

マリの名はマリ・フォン・ヒルデルンとなり、歴史に名を残したヒルデガルトのように神と市民のために尽くすことを命じられてしまいます。

マリ(皇太子から爵位を授かることは本当に最高の栄光であり、私を褒め称えてくれる気持ちはありがたいのだけど…)

(いっそのことクローヤン王国の王女として何も悩むことなく皇太子を恐れて恨みながら生きていた方がマシだったのだけれど)

(私がもし)

(もしも…クローヤン王国の王女じゃなくて)

(帝国民だったら)

(私は彼を)

スポンサードリンク

環境の変化についていけない…

姓を受けたことでいろいろな人がお祝いの言葉をかけてくれました。

しかしマリは決して調子に乗ることはなく、紆余曲折あって顧問にはなったもののメイドの仕事は続けました。

ただ完全に今までと一緒というわけにはいかず、皇太子のお世話が主な仕事となっています。

名目ではなく正式な専属メイドになったことで、メイドの間でも位階に変化がありました。

名門貴族の令嬢からなる獅子宮殿のメイドの中でも、マリはかなり高い身分になったのです。

 

そして最も大きな変化…

それは皇太子妃の選定がまだ終わっていないものの、マリとレイチェル令嬢の計画が失敗に終わったことです。

2人の関係は終わってしまいましたが、選定のためレイチェル令嬢はまだ宮殿に滞在しているため、時に顔を合わすこともありました。

レイチェル令嬢はマリの昇進にお祝いの言葉をかけますが、マリはとても気まずくてなりません。

さらにレイチェル令嬢が皇太子妃になったとしても、爵位まで与えられてしまった以上マリを追い出すことはできなくなってしまったのです。

オルン公爵との接触

様々な変化があり、ますます今後どうなるか分からなくなってしまったマリですが、焦らずに良い方法を見出していくしかありません。

そんなことを思いながら廊下を歩いていると、1人の男性がマリに声をかけたのです。

マリ「!!ソビエン公爵殿下にご挨拶申し上げます」

オルン「マリ?それともヒルデルン?何て呼べばいい?」

マリ「マリとお呼びください」

マリ(東帝国の宰相オルン公爵)

(皇太子に忠誠を尽くす者。明るく社交的な性格でお調子者のように見えがちだけど)

(実際の性格は鋭くて疑い深く必要であれば手段を選ばないらしい)

(だから内戦当時についたあだ名が血犬)

(そんな人がどうして私に声をかけるの?)

\ 全話更新中! /

できるメイド様のネタバレ一覧

できるメイド様【第47話】の感想

マリの提案した計画は大成功を収め、教国とのトラブルから東帝国は解放されることとなりました!

褒美として自由になりたいと伝えたマリでしたが、やはりそう簡単に出させてはもらえないですよね〜

予想はしていましたが、出してもらえないだけでなく、マリの身の回りが目まぐるしい変化を遂げました。

爵位を与えられ、姓を与えられ…

周囲の視線も変わりましたし、立場が大きく変わりました。

それでもマリはメイドとして働き続けるなどこれまでと変わらない生活を心がけていました。

こういうすぐに調子に乗らないところもマリらしいですよね。

気になるのはレイチェル令嬢の本性がまだ暴かれていないところです。

一見優しい雰囲気を守っているようですが、果たして心の中では何を考えているんでしょう。

可愛い笑顔の裏が気になりすぎて、逆にもうあの笑顔が怖くなってきました。笑

レイチェル令嬢への不信感も拭えぬ中で、次はオルン公爵がマリに接近してきました。

果たして、血犬と呼ばれる男は何を考えているのでしょう。

皇太子妃の候補者にしたいとか!?…ないですかね?

まとめ

以上、ピッコマで配信中のできるメイド様【第47話】のネタバレをご紹介しました。

できるメイド様はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク