ピッコマ|できるメイド様【第29話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画できるメイド様は、Sanho・yuin先生の作品です。

特技が一つもない冴えない侍女マリ。

いつもいじめられるばかりだった彼女に、ある日信じられないことが起きた。

「君のために最後にお祈りをしてあげよう、君の願いは何だい?」

死んでいった囚人を看病していたマリに訪れた奇跡。

\ 全話更新中! /

できるメイド様のネタバレ一覧

スポンサードリンク

できるメイド様【第29話】のあらすじ・ネタバレ

ヨハネフ3世にエスコートを申し込まれ困っていたマリに声をかけてくれたのは、キエルでした。

キエルはヨハネフ3世へ失礼を詫びてから、改めてマリにエスコートを依頼します。

明らかに何かもめている3人に、会場の視線が集まっています。

どうすれば良いのかと悩んでいたマリですが、意を決しヨハネフ3世のエスコートを断ります。

それからキエルにも同様に、お受けできないと伝えるのです。

マリ(きっと陛下のことを断りやすくするために声をかけてくれただけだよね。キエルさんは優しい人だから)

(もっと素敵な女性をエスコートしてあげてくださいね)

キエル「どうしてそんなことを言うんですか?」

マリ(え?)

キエル「私にとってマリちゃんは大事な友達です。だからお誘いしたのに…」

マリ(大事な…)

(貴族とメイドだけど一回だけなら…)

そしてキエルのエスコートを受けることにしたマリ。

2人のやりとりを見ていたヨハネフ3世は、モリナ王女を探しにきたにも関わらず、マリの方が欲しくなってしまっています。

この祭りが終わり西帝国に帰ったら、もう会えないと思うとなんだか寂しさがこみ上げてきて、いっそのこと連れ去ってしまおうかとの考えが頭に浮かぶほど…。

しかしまた近いうちに来れば良いと、今は何も言わずその場から立ち去るのです。

ヨハネフ3世(また会いましょう。可愛いメイドさん)

ラエルが探しているのは…

パーティが苦手という噂があるラエルの登場に、会場にいる女性たちは浮き足立っています。

もしかすると皇太子妃を物色しにきたのかもと噂する声も聞こえてきます。

自分が選ばれるかもしれないと期待しながら、ラエルを見つめる女性たち…。

 

そこでラエルに声をかけたのはオルン公爵です。

オルン「殿下、気に入った女性は見つかりましたか?教えてくださいよ〜」

「エドモンド侯爵の娘、コレーリン令嬢?」

「それとも隣国のキャサリン姫?」

「まだお決まりじゃないなら…うちの妹なんてどうですか?可愛いですよ〜」

ラエル「……黙れ」

オルン「誰もエスコートしないおつもりですか?お気に召した方を皇太子妃としてお迎えしたほうが…」

ラエル「そんなの必要ない。国にとってもっとも有益な相手を戦略的に選ぶまでだ」

皇太子妃を探しにきたのではないとなると、いったい何のためにここに来たのか、オルン公爵はその理由が分かりません。

ただ、キョロキョロと会場を見渡す様子は、非常に怪しいものです。

 

マリのような女性を見つけて一瞬動きを止めたラエルでしたが、別人だと気づくなり、招待状を送ったことを後悔してため息をつきました。

その時、ついにラエルはマリを見つけるのです。

美しさに惚れ惚れしながら見つめていたものの、隣にキエルの姿があるのに気づいてしまい、その場から動けなくなってしまいました。

ラエル(どうしてあいつが?)

スポンサードリンク

キエルはマリへの感謝と誓いを伝える

はじめての仮面舞踏会に大興奮のマリ。

美味しそうな食事に見入っていると、人とぶつかりそうになりキエルが助けてくれました。

2人は人の多い場所を避けて、テラスでゆっくりと過ごすことに…

 

人が多くこんな場所が苦手だと打ち明けたマリに、キエルも同じだと言うのです。

しかし今回はきてみたくなったんだと、マリを見つめ優しく微笑みました。

それからオスカーの事件のことと、マリがオスカーへの罪を軽くしてくれたことへの感謝の言葉を伝えます。

さらに、もし何かできることがあればと、マリを守り抜くために力を尽くしてくれるとまで誓ってくれたのです。

あまりのことに驚いて、ただお礼を伝えることしかできないマリ。

話題を変えようと、オスカーのその後について尋ねてみました。

キエル「最初はかなり動揺していましたが今は大丈夫です」

「あっそういえばこんなことを言っていました」

マリ「何ですか?」

キエル「いつか必ずマリちゃんと結婚するらしいですよ」

マリ「ええっ!」

キエル「可愛いでしょ?」

マリ「はい」

キエル「マリちゃん、お願いがあります」

「私と一曲踊っていただけませんか?」

マリ「わっわっ私がですか?」

キエル「ダメですか?」

マリ「あの…そういうわけじゃなくて…一度も…踊ったことがないので…」

キエル「大丈夫です。私がしっかりリードしますから安心してください。それに…」

「私は結構うまいほうなんですよ?」

キエルの笑顔に、マリも思わず笑顔がこぼれるのです。

\ 全話更新中! /

できるメイド様のネタバレ一覧

できるメイド様【第29話】の感想

やはりあの招待状の送り主はラエルでした。

自ら招待状を送ったばかりに、苦手なパーティに参加することとなってしまったのですが、明らかに浮いていましたね。

周りの女性たちは、皇太子妃を選びにきているんだと、それぞれに可能性を感じて張り切っているようでした。

しかしそんな女性たちには全く興味を持たず、ただマリを探していたラエルが目にしたのは、キエルと一緒にいるマリの姿でした。

前回、2人が話しているのを遠くから見ていて嫉妬していたこともあるので、今回の悔しさもかなりのものだと思います。

キエルとマリの関係が非常に深いものだと、見せつけられてしまったかのような気持ちなのではないでしょうか?

そんなラエルには気づかず、2人は人の少ない場所へと向かいました。

2人きりになってオスカーの話などをしたマリたちですが、キエルの誠実な愛情が感じられるやりとりでした。

本当にキエルはマリを大事に思っているんだなと伝わってきましたね。

いよいよ2人は踊りへと向かうようですが、果たしてラエルはどう出るのか…

もしかすると2人を見つけた後、拗ねて会場から立ち去っている可能性もありそうです。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のできるメイド様【第29話】のネタバレをご紹介しました。

できるメイド様はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク