ピッコマ|できるメイド様【第25話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画できるメイド様は、Sanho・yuin先生の作品です。

特技が一つもない冴えない侍女マリ。

いつもいじめられるばかりだった彼女に、ある日信じられないことが起きた。

「君のために最後にお祈りをしてあげよう、君の願いは何だい?」

死んでいった囚人を看病していたマリに訪れた奇跡。

\ 全話更新中! /

できるメイド様のネタバレ一覧

スポンサードリンク

できるメイド様【第25話】のあらすじ・ネタバレ

マリは自らの目で見た推理の結果を伝えています。

今回の火事が事故ではないと判断した最大の理由は、出火点です。

この倉庫に設置されたロウソクは2箇所で、いずれも壁側にあります。

しかし他の場所から火が燃え移りランプの油が激しく燃えた可能性が考えられます。

その理由を尋ねられ答えようとするマリでしたが、ヨハネフ3世の登場により場の空気が一気に変わってしまうのです。

マリ(どうしてここに…?私はジェーンを助けたいだけなのに。下手に喋って両国の外交に影響が及んだらどうしよう!)

前回大人しくしているようにと指示したはずなのに、こんな場所に現れたヨハネフ3世にラエルはすでに機嫌を悪くしています。

そんなラエルにヨハネフ3世は、大人しく横になっていたら火事の原因が西帝国の仕業という悪い噂が聞こえてきたと嫌味で返すのです。

しかしラエルは、火災発生時に西帝国のショーバー伯爵がこのあたりをウロついていたという事実があり、かなり強気です。

2人どちらの言い分が正しいのか、マリの推理により一層の注目が集まります。

 

早速マリは推理の続きを話しはじめました。

他の場所から火が燃え移りランプの油が激しく燃えたと考えた理由として、第一に壁側に向かって焦げているバイオリンを挙げました。

倉庫内にあった楽器たちは、みんな同じように壁側に向かって焦げているのです。

もし壁に掛けられたロウソクが原因であるなら、火は壁側から燃え移っていないとおかしいためです。

次に柱の倒れ方にも違和感を感じます。

火で燃えて弱くなった方に倒れるはずの柱の倒れ方がおかしいのです。

さらに、出火点から火が出て燃えやすいものから徐々に燃え移っていくはずなのに、焦げ方や火の移った方向にも違和感があるのです。

放火と思われる理由を次々と述べたマリは、最後に出火点を指し示し、放火の証拠まで見つけ出してしまいました。

それはロウソクが溶けた跡です。

マリの根拠ある発言にラエルやオルンも放火に対する疑惑を確信へと変えました。

 

ラエル(今まで誰も気づかなかった放火の証拠をたった一度で見つけるなんて)

(マリ君はいったい…)

今にも戦争になりそうな空気

マリの名推理に、西帝国のヨハネフ3世も拍手をして褒め称えています。

内心、モリナ王女を探しにきたのにもっと興味深い人物に出会えたと面白がっているだけですが…

彼は命の恩人かもしれないマリについてもっと知りたいと思うようになるのです。

マリ(皇太子だけじゃなく、西帝国の皇帝にまで目をつけられちゃったよぉ。誰とも関わりたくないのに)

 

そして話題はついに放火の犯人についてまでたどり着いてしまいました。

これ以上注目されたくないことを理由に、そこまでは分からないと言おうかと悩んでいると、西帝国の仕業と予想しているラエルは、あとは怪しい人物を探れば分かるだろうと判断します。

しかしこの発言がヨハネフ3世の怒りに触れてしまいます。

ヨハネフ3世「この火事とは何の関係もない西帝国を犯人にしようとしているように聞こえますが?」

ラエル「関係ないかどうかは調査すれば分かることだ」

「西帝国のショーバー伯爵が火災発生時にこの近くにいたことは確かなのだ」

ヨハネフ3世「西帝国がそんな不当な要求に応じるとでも思っているのですか?」

「ご存知ですよね?国境に待機させているうちの騎士たちの気性が荒いことぐらい。内戦が終わったばかりの東帝国が我々との戦争に勝てるとでもお思いですか?」

ヨハネフ3世の発言には、思わずキエルも剣に手を回すほどです。

ラエル「それは脅迫か?」

ヨハネフ3世「さぁ…」

「君の言い方こそ脅迫じゃないのか?」

スポンサードリンク

放火の犯人は、あの人

放火の犯人の大方の目星はついているマリは、ショーバー伯爵ではないことは分かっています。

だからこそ、今自分がここで黙っていることで、両国が戦争になるのは避けたいのです。

マリ「犯人はショーバー伯爵ではないと思われます」

「この足跡をご覧ください」

「よく見ると不思議な足跡が残っています。他の足跡と比較するとかなり小さいです」

「まるで子どもの足跡のようにです」

「さらにここを出入りした他の足跡によって薄くなっています」

「もし火災後にここに入ったのだとしたらかなり目立ったでしょうから」

「これらをふまえるとこの小さな足跡は火災の前に残ったのだと思われます」

「もう一つあります。犯人が使ったであろうこのロウソク台」

「持ち手を接続する部分がかなり傷ついています」

「多分犯人はロウソク台を触ったことのない地位の高いお方でしょう」

「大式典の当日で人通りが多いにも関わらず容疑者として疑われなかったということは普段から見慣れた人物であるに違いありません」

「しかし放火の意図がつかめません」

「巧妙な手口を使うわけでもなく燃えやすい発火物を使った形跡もないので…もしかしたらたまたま火がついてしまった可能性も考えられます」

 

淡々と説明を続けるマリの姿に、ヨハネフ3世は西帝国に迎え入れたいくらいだと思うほど。

ラエルはその意見からすぐに犯人が見つかるはずだと言っています。

彼にはもうすでに1人思い当たる人物がいるのです。

この推理に最も戸惑っているのはキエルです。

キエル「まさか…あのお方が?」

\ 全話更新中! /

できるメイド様のネタバレ一覧

できるメイド様【第25話】の感想

ラエルとオルンが来ただけでもかなりのプレッシャーだったのに、さらにヨハネフ3世まで登場するという最悪の展開になりました。

しかもラエルとヨハネフ3世を一緒にすると、もう本当に良いことがないですね!

いつ戦争になってもおかしくないような、バチバチした空気感が凄すぎます。

もう少し冷静になってほしいものですが、あの2人があれほどまでに仲が悪い理由は何かあるのかもしれませんね。

もう2人の空気を見ていられなくなったマリは、隠しておこうかと悩んだ犯人像にまで踏み込む形となりました。

あのお方だった場合、わざとではなかったにしても何かしらの処分が下されるはずです。

キエルも、今以上に不利な立場になることも考えられますが果たしてどうなるのでしょう。

みんなが変わりなく生活していけますように…

まとめ

以上、ピッコマで配信中のできるメイド様【第25話】のネタバレをご紹介しました。

できるメイド様はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク