ピッコマ|できるメイド様【第11話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画できるメイド様は、Sanho・yuin先生の作品です。

特技が一つもない冴えない侍女マリ。

いつもいじめられるばかりだった彼女に、ある日信じられないことが起きた。

「君のために最後にお祈りをしてあげよう、君の願いは何だい?」

死んでいった囚人を看病していたマリに訪れた奇跡。

\ 全話更新中! /

できるメイド様のネタバレ一覧

スポンサードリンク

できるメイド様【第11話】のあらすじ・ネタバレ

白鳥庭園で再会したラエルとキエル。

二人の間には重たい空気が流れています。

ラエル「ここ最近毎日のように白鳥庭園に来ているようだが、主君を守れなかった犬がどうして今もまだ主の墓の周りをウロチョロしているんだ?」

キエル「…申し訳ありません」

ラエル「はぁ…もういい天国の妹もお前のせいにはしたくないだろう」

「それより俺が提案した例の件について意見を聞かせてもらおう」

キエル「……」

ラエル「今答えろ。考える時間は十分与えたつもりだが?」

キエル「申し訳ございません。殿下のご提案はお断りさせていただきます」

ラエル「それは本当にお前の意思か?」

「どうしたんだ答えろ」

キエル「すみません…」

ラエル「はぁ…キエルハーン。いや…俺の親友だったキエルよ」

俯いてただ謝るばかりのキエルの態度に、ラエルはため息をこぼします。

トーロン2世が目を覚ますとは信じていないにも関わらず、無意味な忠誠を尽くしているキエルの態度も気に食わないのです。

キエルはただ”いかなる理由があってもただただ皇帝を守らなければならない”というセイトン家の掟に従っているだけだと分かっているラエル。

しかし次期皇帝でありながら、トーロン2世がラエルを皇太子として認めなかったという理由だけで、対立することになるのも納得がいきません。

 

そもそも家門に所属する兵団だけでも3万人。

さらに皇室を除いて帝国内では、最も強い軍事力を持つ最強の軍閥であるセイトン家門。

建国当初から皇帝の守護を担当し、皇帝が直々に任命した正当な後継者のみを帝国の皇太子として認めて来ました。

現在、このセイトン家門の頂点に立つのが、皇室親衛隊騎士団長であるキエルなのです。

男の友情

セイトン家門の頂点に立つキエルにとって、忠誠を誓った皇帝はトーロン2世であり、ラエルは皇太子の座を奪った略奪者に過ぎないのです。

ラエルは脇に咲いていたバラを一輪抜き取ると、その花びらを自らの手で握り潰していまいました。

ラエル「俺がどうしてお前にあんな提案をしたか分かるか?」

「膨大な軍事力が必要だから?」

「いや。俺はいつでもトーロン2世の王冠を奪い、王位に就くことができる」

「それにもかかわらず俺がお前にあんな提案をした理由はただ一つ」

「かつての親友であるお前を俺の手で殺したくないからだ」

「俺にお前が殺せないとでも?」

キエル「…いいえ。あなたはいつでも望みどおりになさるお方でした」

ラエル「最後にもう一度だけ聞く。キエルハーン侯爵、考え直す気はないのか?」

キエル「…すみません」

ラエル「そうかお前とお前の家門の掟を尊重しよう」

そう言い残して、ラエルはその場を去っていってしまいました。

スポンサードリンク

マリのお菓子が二人を繋ぐ?

ラエルの去っていた道をじっと見つめるキエル。

かつてラエルと第7皇女であったラエルの妹と、この白鳥庭園へよく足を運んでいた頃のことを思い出していました。

自分が付いていながら不審者の存在に気づかず、あの日、ラエルと共にお茶を飲んでいた第7皇女がその場に倒れてしまったこと…

その時にラエルの涙…

ドーロン2世たちから向けられた冷ややかな目…

妹の棺に向かうラエルの悲しげな背中…

それからのお互いのこと…

 

辛い過去を思い出していたキエルは、不意にマリからもらったお菓子の存在を思い出します。

同時に「何か悩みがあるなら元気出してください!私はキエルさんに元気になってほしいんです」と恥ずかしそうに話す、マリの表情も…ーー。

そして一人になったラエルもまた、お菓子を手渡す時のあのムッとしたマリの顔が思い出されて、楽しかった3人で過ごした日のことが蘇るのでした。

 

\ 全話更新中! /

できるメイド様のネタバレ一覧

できるメイド様【第11話】の感想

なんだかいつにも増して重みのある回でした。

幼い頃から苦楽を共にした仲であるラエルとキエル。

二人の仲を引き裂いたのは、ラエルの妹である第7皇女の暗殺事件でした。

もちろん護衛をしていて、不審者に気づかなかったキエルに責任はあるのですが、それをずっと責め続けることはキエルにもラエルにも辛いことでしょう。

キエルのことを大切に思っているからこそ、ラエルは彼に対して何かしらの提案をしたものの、それも断られてしまいました。

最終的に二人が第7皇女とマリのことを想って、第11話は終わりとなってしまったのですが、マリの存在が二人をまた少しでも元の関係に戻してくれるのではと期待してしまいます。

妹の死でただでさえ心に傷を負っているラエルですから、キエルにはぜひ彼を支えるそんな存在でいて欲しいです。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のできるメイド様【第11話】のネタバレをご紹介しました。

できるメイド様はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク