ピッコマ|ダメ貴族になりたい公爵令嬢【第6話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画ダメ貴族になりたい公爵令嬢は、TIANJIN DXD ANIMATION CULTURE先生の作品です。

交通事故に遭い愛読していた小説の世界に少女が入り込んでしまった!

イケメン王子に守られながら公爵令嬢として豪華な暮らしをしていたら、様々なハプニングが発生…!

でも持ち前の明るさと素直さでなぜかみんなをハッピーにしてしまう、ちょっと天然なアドリーヌのお話…!

\ 全話更新中! /

ダメ貴族になりたい公爵令嬢のネタバレ一覧

スポンサードリンク

ダメ貴族になりたい公爵令嬢【第6話】のあらすじ・ネタバレ

神妙な面持ちでアドリーヌに何か言いたげなグリッツ。

正直、猫たちと遊びたいアドリーヌは、大した用事じゃないのなら早く下がって欲しいと思えてなりません。

グリッツ「お嬢様が獣人の人権改善に対して興味がおありとは感激いたしました。あの悪名高いペルラ獣人市場の獣人たちの解放にご尽力くださるとは」

アドリーヌ(解放…?ご尽力…?)

(……獣人が世界を滅ぼす運命を変えようとしてるって言っても誰も信じてくれるはずないわよね…)

グリッツ「……」

グリッツ(獣人の人権に関心があると悟られないよう今まで頭が悪いふりをしてこられたのだろう)

(ご自身は虚弱な体質でありながら獣人を救うため勇気ある行動をされてきたとは!)

(こんなにも素晴らしいお方だとは思いもよらなかった)

グリッツ「ご立派なお考えに気がつかずすみませんでした…!!」

「実のところ私は獣人人権協会の会員なのですが、お嬢様と違って何も行動をしてきませんでした」

「不束者ながらこのグリッツ、お嬢様に忠誠を誓いお仕えしてまいります!」

勘違いにもかかわらずどんどん話が進んでいき戸惑うアドリーヌ。

しかし獣人人権協会という、おそらく動物愛護団体みたいなものに所属していると知って、抱き方が上手だったことにも納得がいきます。

結果として、忠実な下僕を手に入れてしまうという少々面倒なことになってしまった感があります。

念願の猫ちゃんタイム♪

やっとグリッツを下がらせることができたアドリーヌは、念願の猫と遊ぶ時間に突入します!

あまりにグイグイやってくるので、猫たちはあからさまに引いています。

どうしてこんなに可愛いのかだとか、可愛すぎて心臓が止まりそうだとか言っているので、ペトルスは頭がおかしいのではないかとぞっとしています。

しかしアドリーヌはそんなことお構いなし!

名前をどうしようかと悩んだり、猫ちゃんグッズもたくさん買おうと張り切っています。

ペトルス(俺は龍だからあの獣人市場にしたってこのボロ屋敷にしたって逃げようと思えば簡単に逃げられたけど…)

(どうしてこいつの懐は魔法みたいに温かいんだ)

(まさか俺がかけられた呪いと何か関係が…?)

スポンサードリンク

ペトルスの過去

龍であるペトルスが猫になってしまったのは、とある呪いをかけられたためでした。

この世界に飽き飽きして滅亡させようとしている時、世界の樹にかけられた呪いによって、大部分の力を封印されてしまった上に、猫の姿に変えられてしまったのです。

アドリーヌの懐の温かさはまるで魔法のようですが、呪いと関係しているとは到底思えません。

正直今はあれこれ考えても無駄だろうと判断して、少し様子をみることに決めるのです。

 

そんなことを考えてじっと見つめていたせいで、アドリーヌにつかまってしまいました。

ペトルスのことを猫たんと呼び、名前は何が良いかと笑っています。

アドリーヌ「お名前は何にしましょうね?ポポちゃん?ピッピちゃん?何がいいかな〜。やっぱりポポちゃんが可愛いかな?」

ペトルス(調子に乗るのもいい加減にしろ!威厳ある龍の俺にそんな名前をつけるとは!)

ペトルス「この人間目!黙れ!」

アドリーヌ「まぁ!」

「すごいわ。あなた人間と話ができるの?やだ!すごーい!さすが私のポポちゃんね」

ペトルス「……」

「俺の名前はポポじゃない!変な名前で呼ぶな!」

アドリーヌ「それじゃああなたの名前を教えてくれる?」

ペトルス「お前に教える義理はない」

アドリーヌ「それじゃあポポちゃんで決まりね!」

ペトルス「俺の名前はペトルスだ!」

「俺はペトルスでこいつはクラウス」

アドリーヌ「ペトルスにクラウス…」

「合ってた!」

ペトルス・クラウス(??)

\ 全話更新中! /

ダメ貴族になりたい公爵令嬢のネタバレ一覧

ダメ貴族になりたい公爵令嬢【第6話】の感想

アドリーヌの暴走を止められるのはグリッツだけだと思ったものの、彼もまた随分な変わり者でした。

猫の抱き方に慣れていたのも、獣人協会の会員だったからだということが判明…

結果として味方が1人増えはしましたが、アドリーヌは忠誠心の強い下僕を求めていないため、凄まじき温度差となりました。

ただ私個人として、周りに味方を作っておくのは今後のためになるのでは?と思います。

おそらくサデーロ侯爵も何か仕掛けてくるので、周りをしっかりと固めておいて損はないでしょう。

それにしてもアドリーヌ、猫好きすぎませんか!?笑

完全にメロメロで、猫たちもかなり引いていました。

あまりの鬱陶しさに、ペトルスが力を使って直接会話することとなりました。

その能力に驚いていたアドリーヌですが、もしかすると本当は喋れるのを知っていて、名前を聞き出すために仕掛けたのかもしれませんね。

ペトルスは呪いをかけられた龍だと明らかになりましたが、クラウスの正体はいかに…

アドリーヌが名前を知っていたということは、クラウスも世界滅亡に絡んでくるのかもしれないです。

何が起こるのか、まだまだ予想するのが難しく、次を読むのが楽しみですね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のダメ貴族になりたい公爵令嬢【第6話】のネタバレをご紹介しました。

ダメ貴族になりたい公爵令嬢はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク